ファミ通AppVS 新着記事

【サムライスピリッツ】東映太秦映画村でesports大会が初開催! 初代王者は「伝説のオタク」!!

2019年11月16日、東映太秦映画村の“太秦上洛まつり”にて、世界大会へ通じるSWCJapan Tour『サムライスピリッツ』部門の大会が開催された。プロゲーマーなど強豪プレイヤーが集まったなか、激戦を制した伝説のオタクが優勝した。本稿では、大会の模様を振り返る。

S__40460297
決勝トーナメントに残った8名とNOモーション。のふたり
中央が優勝の伝説のオタク

太秦上洛まつりとは?

太秦上洛まつりは、太秦地区を中心としたクロスメディア型のイベントで、今年は侍がテーマ。日本最大級の和装・歴史創作系ジャンルのコスプレイベントとしても知られており、映画村ならではのフォトポイントを求めて多くのコスプレイヤーが集まる。

IMG_8773
太秦映画村の入口となる大きな門。
すでにそれっぽさ感じますね。
S__40460503
S__40460501
侍のいた時代を再現。まさに『サムライスピリッツ』とイメージがピッタリ。

 

そんな“太秦上洛まつり”は、和風テイストの剣戟格闘ゲーム『サムライスピリッツ』とイメージがピッタリ。というわけで、太秦上洛まつりに出展されたSNK特設ブース並びに“芝居小屋”で『サムライスピリッツ』の大会が実施。大会には約40名のプレイヤーが出場。予選は、江戸時代の薬問屋を再現した“山城屋”で行われ、決勝トーナメントに参加できる8名が選出された。ちなみに、太秦上洛まつりでesports大会が開かれるのは今回が初とのこと。

S__40460517
SNK特設ブースには『サムスピ』ののぼりが!
IMG_8786
会場前にはフォトスポットも
IMG_8784
大会の会場には入りきらないほどの人だかりが!
S__40460514
会場内はこんな感じ。
人が入りきらないので、前半後半にわけてまわしていました。
IMG_8791
IMG_8789
参加選手もこんなにリアルな和風会場で試合をするのは初めてなのでは?

 

決勝トーナメント

トップ8の試合が行われる決勝トーナメントの会場は、江戸時代の芝居小屋を再現した“中村座”。『サムライスピリッツ』にも芝居小屋というステージがあり、選手たちにはなじみ深い場所での戦いとなった。ちなみに、ふだんは忍者ショーなどが披露されている場所のようだ。

IMG_8780
ここが中村座!
IMG_8797
ふだんは忍者ショーが開催されている芝居小屋。
サムスピでは狂死郎のステージでおなじみ。
S__40460360
夜はこんな感じで提灯がともり、さらにいい感じの雰囲気に。
S__40460355
忍者ショーをやる芝居小屋がesports仕様に!
IMG_8825
司会進行や試合の実況はNOモーション。が担当。
合間に挟むSNKゲームのネタがとにかくおもしろい。

 

強豪プレイヤーばかりの決勝トーナメントだが、その中でももっとも会場を沸かせたのは伝説のオタクのアースクエイクだろう。アースクエイクは、ゲーム中でもっとも巨体で動きの遅い重量級のキャラクターだが、伝説のオタクの操るアースクエイクは、ダッシュやファットチェーンソー、ファットバウンドなどを組み込みながら戦うスタイルで、重量級とは思えないトリッキーな動きを見せていた。

また、伝説のオタクのアースクエイクはトリッキーな動きだけではなく、不用意なジャンプに対して武器飛ばし技を合わせるなど、相手の一瞬の隙を見逃さない集中力も持ち合わせており、緩急のある素晴らしい動きにギャラリーは多いに沸いていた。

決勝トーナメント1回戦結果

Sho(右京) 0-2 SCORE(覇王丸)

Katsuji(十兵衛) 0-2 abao(閑丸)

お米ぽん(リムルル) 0-2 Hishow(シャルロット)
hoge(閑丸) 0-2 伝説のオタク(アースクエイク)

IMG_8822
決勝トーナメント開始時に、なんと不知火幻庵が乱入。
NOモーション。とのやり取りに会場は大爆笑。
俺もサムスピに出せってことかな?(笑)
IMG_8831
大会に出れば優勝するというくらい連戦連勝のSCORE
IMG_8850
IMG_8856
あば男とkatsujiの強豪対決はあば男に軍配。
IMG_8860
Hishowのシャルロットは立ち回りでお米ぽんを圧倒。
IMG_8880
hogeをくだした伝説のオタクは思わずガッツポーズ

 

準決勝第1試合 SCORE 対 abao

空中に浮遊する“緋刀流 小雨”を使って緩急のあるジャンプで翻弄するabaoと前ダッシュからの攻めで崩そうとするSCOREの対決。試合はSCOREが優勢に進める試合が多かったが、体力を大幅にリードしながら対空ミスや武器飛ばし技の確認ミスの隙に大技を叩き込まれ、試合を落とすシーンが見られた。直近の大会で高勝率を誇るSCOREといえど、ハイレベルなトーナメントではワンミスが命取りとなる。このミスを見逃さなかったabaoが勝ち上がった。

IMG_8892
IMG_8894
積極的に前に出るSCOREが試合を優勢に進めていたが、
隙を逃さないabaoの集中力もさすがだった。

 

準決勝第2試合 伝説のオタク 対 Hishow

シャルロットでここまで勝ち上がってきたHishowが、なんとダーリィを選択。アースクエイクが苦手とするキャラクターで勝負しようという作戦だが、伝説のオタクはふだんから相当対策を詰めていたようで、これを撃破。たまらずふだんから使用しているシャルロットに戻すが、ここもしっかり伝説のオタクが勝利し、決勝へ勝ち上がった。

IMG_8902
IMG_8914
ダーリィとシャルロットで挑んだHishowだが、
伝説のオタクが勝利。

 

決勝戦 abao 対 伝説のオタク

abaoは空中戦に強い閑丸の特徴を活かしてジャンプ攻撃主体で攻め込む。これに対して伝説のオタクは、ジャンプ中斬りの空対空、高めのジャンプ攻撃には着地に反撃、不用意なバックジャンプには武器飛ばし必殺技を叩き込むというように、相手のジャンプに対してしっかりリスクを負わせてペースをつかんだ。最後は攻め手を欠いたabaoを抑え込み、伝説のオタクが優勝を果たした。

IMG_8927
IMG_8930
『サムライスピリッツ』では初対決となったふたり。
試合後abaoは「初めての対戦ですごく楽しかった。
またつぎの機会があれば対戦したい」とコメントしていた。

 

IMG_8942
試合に全力を尽くして消耗した伝説のオタク。
IMG_8946
立ち上がることすらできない伝説のオタク。
S__40460319
世紀末覇者のごとく拳を突き上げる伝説のオタク。
S__40460322
ここで体力の限界を迎え、足がつってしまうハプニング。
S__40460302
表彰式では全身を使って喜びを表現。

 

イベントを盛り上げたお笑い芸人コンビ「NOモーション。」

格闘ゲームキャラクターのモノマネでおなじみのお笑い芸人コンビNOモーション。が、大会MCとして出演。試合ではゲームの知識を挟んだマジメな実況で試合を演出し、ステージ転換時はSNKキャラクターのモノマネでギャラリーを飽きさせることなく大会の盛り上げに大いに貢献していた。

esportsとうたわれて以降、ゲーム大会ではゲームの専門家が実況・解説を行うことが多い。今回のNOモーション。はゲームの技術的な知識はそこそこだったが、とにかく場を盛り上げるのがうまく、一般のギャラリーとしては難しい単語を並べた実況・解説よりも楽しく観戦することができたように思う。大会のコンセプトによっては、こういったゲームキャスター以外の人が実況を務めるのもおもしろそうだ。

そんなNOモーション。のおふたりと、予選と決勝トーナメントの合間に太秦映画村のフォトスポットを回ってきたので、そちらで撮影した写真や動画をお届けする。時代劇風の撮影に適したスポットなので、気になるコスプレイヤーの皆さんは、ぜひ次回の太秦上洛まつりへ!

 

↑『サムライスピリッツ』ファンが集まっているだけに、細かいモノマネもわかる人が多く、会場は大爆笑。ステージ転換の時間を飽きさせることがなかった。

S__40460375
まずは予選が行われたSNK特設ブースの前から
S__40460450
いざフォトスポットへ!
S__40460445
橋の上でたそがれるふたり
S__40460386
新選組屯所に殴り込み!?
S__40460427
わしも一緒に……
S__40460426
アースクエイクじゃねーか!!
S__40460434
風呂上がりの一杯を……
S__40460433
て、ここにもアースクエイク!
S__40460440
盗んだ魚にかぶりつくアースクエイク。
もしかして幻十郎のだったのか? 〇されるぞ(笑)
S__40460411
橋の上での決闘。いざ尋常に勝負!

快く撮影に応じていただいたNOモーション。さんでした。YouTubeチャンネルでいろいろなネタが披露されているので、気になる方はぜひ!

※NOモーション。YouTubeチャンネルはこちら

 

取材:豊泉

関連記事

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る