ファミ通AppVS イベントリポート

【サムライスピリッツ】エムジマが“NESiCAxLive CUP 2019”を制覇し、“SWC JAPAN TOUR FINAL”出場権を獲得

2019年11月4日、神奈川県溝口にて、NESiCAxLive2で配信中のアーケード格闘ゲーム4タイトルを種目とする大型大会“NESiCAxLive CUP 2019”が実施。その競技タイトルのひとつ『サムライスピリッツ』部門にて、エムジマ(閑丸)が優勝し、世界大会“SNK WORLD CHAMPIONSHIP”の日本予選“SWC JAPAN TOUR FINAL”への出場を決めた。

NESiCAxLive CUP 2019 『サムライスピリッツ』部門 概要・結果

■会場 神奈川県溝口、タイトーステーション溝の口店3F“MEGARAGE”
■大会形式 シングル戦、1試合先取制シングルイリミネーショントーナメント
■大会動画 twitch
※大会公式サイト

順位 プレイヤー(キャラ)
優勝 エムジマ(閑丸)
準優勝 渡辺社長(閑丸)
3位タイ ラギア(シャルロット)
3位タイ はるミー(閑丸)

NESiCAxLive CUP 2019 とは

本イベントは、NESiCAxLive2で配信されている『THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.』、『FIGHTING EX LAYER』、『ミリオンアーサー アルカナブラッド』、『サムライスピリッツ』の4タイトルの最強プレイヤーを決定する大型大会だ。その中の『サムライスピリッツ』部門は、優勝者に世界大会“SNK WORLD CHAMPIONSHIP”の日本予選“SWC JAPAN TOUR FINAL”の出場権が授与される、予選大会として実施された。

大会会場となったのはタイトーステーション溝の口店3Fにあるアーケードライブバー“MEGARAGE”。場内にはアーケード筐体が設置され、当日エントリーした選手たちによる1DAYトーナメントが争われた。

会場01

会場02

会場03

会場04

会場05

緋雨閑丸が大活躍

本大会で特に目を引いたのは閑丸を使う選手が数多く見られた点。閑丸は今年9月に登場したばかりのキャラクターだが、TOP8には忍ism所属女性プロゲーマー・はるミーをはじめとする4人の閑丸使いが進出する活躍を見せていた。
また、今回の大会形式は1試合先取制を採用。昨今のトーナメントで採用されることの多い2試合先取制とは異なる、緊張感のある真剣勝負がくり広げられた。

TOP4には3人の閑丸と、優勝候補と目された強豪シャルロット使いのラギアが進出。準決勝第1試合のラギアvs.エムジマは、最終ラウンドのお互い体力僅少状態までもつれる接戦となったが、最後は閑丸がシャルロットに空中必殺技をガードさせて削りでKO。正確な状況判断を活かしたエムジマがラギアを撃破した。

決勝戦のエムジマvs.渡辺社長は閑丸の同キャラ戦。対戦中はエムジマが極力リスクを抑えるように立ち回り、打撃のみで勝負する慎重なスタイルを徹底。最終ラウンドでは渡辺社長の防御崩しを避けて狂落斬で大ダメージを与える反撃が決定打となり、エムジマが勝利。本大会はエムジマの優勝となった。

とっぷ02
▲決勝戦前の渡辺社長(左)とエムジマ(右)。

とっぷ03

とっぷ04

とっぷ05

とっぷ06

優勝02▲優勝のエムジマには賞状とSWC JAPAN TOUR出場権が贈呈された。

関連記事

 

 

 

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る