ファミ通AppVS 業界ニュース

【CoD: MW】Activisionが‟Call of Duty League”のロゴ、賞金総額を発表

reheber
‟Call of Duty League”のロゴ

2019年10月9日、Activisionがシリーズ最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』(以下、『CoD: MW』)のesportsリーグ‟Call of Duty League”のロゴ、賞金などを発表した。

2020年にローンチされる‟Call of Duty League”(CDL)は、フランチャイズ化された11都市を拠点とする12個のプロチームで競うこととなる。それぞれの都市をオーナーとなる企業が購入しているが、Activisionが譲渡した際の価格は1都市あたり2500万ドル、日本円で約26億円にも上るようだ。

CDLのウェブサイトを見てみると、5人対5人の対戦形式、プレイステーション4を用いて行うこと、フランチャイズ化した都市で年間賞金総額6億円のトーナメントを開くことが記載されている。年間シリーズの終盤に行われる‟CDL Championship”(チャンピオンシップ)では、高額の賞金を用意するとのこと。

▼ 都市についてはこちら

▼ 2020年のリーグの詳細はこちら

『CoD』関連記事

▼ 最新作『CoD: MW』まとめ

▼ ‟CWL”レポート記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る