ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】弦、ちりちり、用心BΩYが“MASTERCUP TRY TOKYO 2019”にてプロライセンスを取得

2019年9月22日、東京都お台場のTFTホールにて、バンダイナムコエンターテインメント公認の『鉄拳7』プロライセンス発行大会“MASTERCUP TRY TOKYO 2019”が実施。291名が出場するトーナメントが争われ、上位3名の弦(Gen)、ちりちり(chirichiri)、用心BΩY(youjin_boy)が新たにプロライセンスを獲得した。

MASTERCUP TRY TOKYO 2019 概要・結果

■会場:東京都お台場 TFTホール
■大会形式:シングル戦、2~3試合先取制ダブルイリミネーショントーナメント
■トーナメント表:smash.gg
■大会動画:twitch.tv
※公式サイト

順位 プレイヤー TOP8使用キャラ 負けた相手
優勝 Gen  シャヒーン furumizu
準優勝 chirichiri  シャヒーン Gen
3位 youjin_boy  ギガス、マードック chirichiri、Gen
4位 KOUKI  ジュリア chirichiri、Gen
5位タイ kagemaru  ジョシ- youjin_boy、KOUKI
5位タイ furumizu  レイ、ポール youjin_boy、Gen
7位タイ TaiHeiYo  キング れいら、Gen
7位タイ AOYAMA  ラース、 furumizu、kagemaru

MASTERCUP TRY TOKYO 2019とは

MASTERCUP TRY TOKYO 2019は、ユニバーサルグラビティ―・MASTERCUPが主催となり、バンダイナムコエンターテインメントとJeSUの協力のもとに開催したプロライセンス発行大会。トーナメントには291名のプレイヤーがエントリーし、上位3名のプロライセンス発行枠を争った。
試合台にはSTEAM®版『鉄拳7』が採用。TFTホールに設置された巨大モニターや赤絨毯などの豪華なセットのもと、新たなプロを目指す熱戦が繰り広げられた。

かいじょう0

かいじょう3

かいじょう2

かいじょう1

かいじょう4

Genが優勝。2位chirichiri、3位youjin_boyの結果に

大会形式はシングル戦のダブルイリミネーショントーナメントとなっており、TOP3に進出した時点でプロライセンス取得が決定。即ち、ウィナーズセミファイナル×2とルーザーズセミファイナルの3試合が決定戦となった。
TOP8の試合は全てステージ上で行われ、まずウィナーズでchirichiriがKOUKIに勝利、youjin_boyがfurumizuに勝利して2名が決定。KOUKIはルーザーズセミファイナルまで勝ち上がるが、GenがKOUKIを破って最後の枠を勝ち取った。

そしてTOP3が決定した後もトーナメントは最後まで進行し、グランドファイナルはchirichiri(シャヒーン) vs. Gen(シャヒーン)の組み合わせに。この同キャラ対決は、ルーザーズをはるばる勝ち上がってきたGenが読み合いの多い試合展開を制してリセットに成功。リセット後はchirichiriが持ち直して最終戦へもつれこむ接戦となったが、最終戦ではGenが神殿ステージを利用した大ダメージコンボを数多く決め、3ラウンド連取で決着。
本大会はGenの優勝となった。

とっぷ0
▲291名の中から勝ち上がったTOP8
とっぷ1

とっぷ2

とっぷ6

とっぷ7

チリチリ
▲ウィナーズセミファイナルの決定戦を制したchirichiri
ようじん
▲同じくウィナーズセミファイナルを制したyoujin_boy
げん
▲最後の1枠を勝ち取ったGen
集合
▲TOP3にはプロライセンスとともに、賞状や副賞が贈呈された

※3人のコメントは後日掲載予定

取材:ライター H.H

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る