ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】タケ。が“鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦 2019を制覇”【TGS2019】

2019年9月12日~15日にかけて開催中の東京ゲームショウ2019。14日には『鉄拳7』の大型イベント“鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦 2019”が実施。同作のプロライセンス選手11名が争い、タケ。が頂点に立った。

鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦 2019 概要・結果

■会場:幕張メッセ 国際会議場(予選)/e-Sports Xステージ(本選)
■大会形式:スイスドロー(予選)/2~3試合先取制ダブルイリミネーショントーナメント(本選)
■大会動画:twitch(予選) twitch(本選)
※大会公式サイト

順位 プレイヤー
優勝 タケ。(一美)
準優勝 ノビ(ドラグノフ)
3位 加齢(ラッキークロエ/レイ/一美)
4位 ダブル(ロウ)
5位タイ ノロマ(ジャック)
5位タイ チクリン(ギース)

※()内は本選での使用キャラ

鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦 2019とは

本イベントはバンダイナムコエンターテインメントとJeSUが主催する、『鉄拳7』の大型大会。優勝した選手は、12月開催の国際大会“eスポーツ ワールドチャンピオンシップ”に日本代表選手としての派遣が内定する、日本最強決定戦だ。出場したのは同作のプロライセンスを持つ下記の11名。

「ストロング猛虎スタイル」破壊王
「スピードスター」ダブル
「†漆黒の堕天使†」ペコス
「神の右脚」ユウ
「孤高の鉄拳守護神」タケ。
「神速のアサルト」ノビ
「ミスターカステラマン」ノロマ
「努力のラストサムライ」チクリン
「冷酷な浪速のピクシー」加齢
「鉄壁のプリンス」AO
「セレブ界の異端児」じょうたろう。

予選は国際会議場の一室にて実施。レギュレーションは、ラウンドごとに順位が近い選手どうしが試合を行いランキングを決定する“スイス式トーナメント(スイスドロー)”が採用された。11名は約4時間をかけて対戦を繰り返し、本選に進出する上位6名を決定。

よせん1

よせん2

よせん3

よせん4

よせん5

本選はe-Sports Xステージで実施

本選は国際会議場から会場を移し、幕張メッセホール内の特設ステージで披露された。レギュレーションは2~3試合先取制のダブルイリミネーショントーナメント。予選上位のタケ。と加齢の2名がウィナーズ、他4名がルーザーズでスタートする組み合わせだ。
ウィナーズではタケ。が予選を通して無敗のままグランドファイナルへ進出。もう一方のルーザーズはタケ。と同じTeam YAMASAに所属するノビが勝ち上がった。グランドファイナルの序盤はノビの攻めが上回りリセットに成功。リセット後はタケ。の防御力、ノビの攻撃力が拮抗して最終試合までもつれるが、最後はタケ。がノビの攻めを凌ぎ、確定反撃を叩き込んで決着。
鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦 2019はタケ。が優勝し、日本最強の座を勝ち取った。

ほんせん2

ほんせん1

ほんせん3

ほんせん4

ほんせん5

ほんせん6

けっしょう1

けっしょう2

けっしょう3

ゆうしょう

▲優勝のタケ。には賞金150万円が贈呈された。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る