ファミ通AppVS イベントリポート

ときどがメインキャラクターを務めるeスポーツ生まれの新ドリンク“BRAIN SPORTS DRINK 『e3』が”登場!

2019年9月12日、大塚食品が新ドリンク“e3”の発表会を開催した。その模様をお届けする。

01

eスポーツ業界とともに開発

大塚食品がこのほど、eスポーツ生まれの新カテゴリードリンク“BRAIN SPORTS DRINK 『e3 240ml 缶』”の発売を決定。東京ゲームショウ期間中の2019年9月12日に、その発表会を開催した。その模様をお届けする。

発表会ではまず、大塚食品 執行役員 飲料事業部長である金子忠晴氏が挨拶し、商品開発のいきさつなどを以下のように語った。
「この新製品は、eスポーツが活況を見せるなか、ゲーマーのための飲料として、eスポーツ業界の方々にアイデアをいただきながら開発しました。eスポーツプレイヤー、そして頭脳を駆使する多くの方々に召し上がっていただきたいという思いを込め、“BRAIN SPORTS DRINK”というカテゴリーを創造していきたいと思っています」(金子氏)。

02
▲挨拶とともに開発コンセプトを語った金子氏。

続いては、飲料事業部 副部長の小林一志氏が、新製品について説明。小林氏はまず開発の背景として、日本のeスポーツが急成長している点と、そのなかでeスポーツ業界関係者とともに、新たなカテゴリー創造に挑む旨を語った。

03
04
05
▲小林氏が開発の背景を説明した。

開発にあたってのキーワードは、“速攻×持続”で、それを実現するために、3つの成分に注目したという。それは“カフェイン”、“ブドウ糖”、“パラチノース(R)”(PH参照)で、この主軸となる3成分が名前の由来ともなっている。

06
07
▲3つの成分を大々的にアピール。

なお、この新製品は9月30日より、Amazon.co.jp にて先行発売開始となる。予約受付は、9月12日夕刻よりすでにスタート。商品内容はクラスターパック(6本)もしくはケース(24本)で、1本当たりのメーカー希望小売価格は185円(税抜)だ。

さらに新発売を記念して、キャンペーンも実施される。これは公式Twitter(@bsd_e3)をフォローしリツイートすることで、抽選で1名様にゲーミングゾーンをプレゼントするという内容だ。ゲーミングゾーンとは、PC、モニター、ヘッドセット、デスク、ゲーミングチェアがそろったゲーム環境。応募期間は2019年9月12日~9月25日23時59分までとなっている。

08
09
10
▲先行発売とともにキャンペーンも開始。

メインキャラクターはときど

ここでスペシャルゲストとして、東大卒eスポーツプレイヤーのときど選手が登場。大塚食品では“e3”に関してときどとスポンサー契約を締結し、今後はときどがメインキャラクターとして同商品をアピールしていくことになる。

11
12
13
▲プロゲーマーとして実績も知名度も十分のときど。
14
▲商品をイメージしたポスター。

「大役を任せていただき、非常に光栄に思っています。ゲーマーの本業もさることながら、こちらの宣伝も気合を入れてやらせていただきますので、よろしくお願いします」と、意気込みを語ったときど選手。なお起用の理由について小林氏は、「“BRAIN SPORTS DRINK”ということで、頭脳的なときど選手はピッタリ。この人しかいないと思いました」とコメント。初対面の印象については「勝負の際はするどい眼光なので、怖い方かと思っていましたが、実際に会ってみると紳士的で、いい意味でギャップを感じました」(小林氏)とのこと。

ここでときどが、実際に“e3”を試飲するコーナーに。ときど選手は「おいしいです」と味に触れたのち、「集中力が持続するような成分が含まれているとのことで、そこが新しいかなと思います。長時間戦う際に、効くんじゃないでしょうか」と感想を語った。

15
▲ときどが“e3”を飲んで感想をコメント。

ちなみにときどは、CMにも出演しているとのことで、ここでその映像が公開された。ボクシングを舞台としたコミカルな内容で、撮影に当たっては「体を鍛えて臨んだ」そうだ。ふだんの生活でもジム通いなどで、トレーニングを積んでいるとのこと。
「豪鬼使いなので、あそこまでなれたらと思ってますけど(笑)」(ときど)。

16
17
▲CMはウエブページで放送予定。

↑ときど出演のCM

盛り上がった発表会もここで終了。最後に小林氏とときど選手がメッセージを語った。

「ときど選手はじめeスポーツプレイヤーの方々ももちろんですが、ハイレベルな頭脳戦をくり広げる幅広い方々のサポート飲料になればと思っています」(小林氏)。
「僕らだけじゃなく、いまのビジネスマンの方々って、長時間踏ん張らないといけない状況が、多々あると思うんですよ。そういうときにこの“e3”は本当に支えになってくれますので、ぜひ皆さんお試しになってください。よろしくお願いします」(ときど)。

18

※BRAIN SPORTS DRINK e3公式サイト

※e3公式Twitterアカウント

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る