ファミ通AppVS 業界ニュース

【CoD: MW】‟東京ゲームショウ2019”にて新作ブース出展 オープンベータ直前に体験してみた

9月12日~15日にかけて幕張メッセにて開催中の‟東京ゲームショウ2019”のプレイステーションブースで、シリーズ最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』(以下、『CoD: MW』)の試遊ブースが出展。その模様をお届けする。

6v6のベーシックなゲームモード

東京ゲームショウ2019のビジネスデー初日にあたる9月12日は、『CoD: MW』のオープンベータ開始直前となっていた。国内ではいち早くマルチプレイヤーを体験できる機会になっており、一人のファンとしても興奮気味にプレイステーションブースへ向かった。

IMGP3993_compressed
初日の午前中ということもあり、既に多くの人が列をなしていた
手前の大きなスタンドバナーがフォトスポットになっている

ブース入口にはフォトスポット、その奥に合計12台の試遊台が並んでいる。ちなみに、フォトスポットでは、防弾チョッキやヘルメットを装着して写真を撮影することが可能。

今回プレイできたのは、6人対6人のベーシックなゲームモード。来場者同士で即席のチームを作って‟チームデスマッチ”、‟ドミネーション”を計3試合プレイした。一番の収穫は、今作の注目ポイントである‟ガンスミス”を体験できたことだ。従来の『CoD』で一般的だった、武器・パーク等をカスタムする‟ピック10”を廃止し、武器ごとにアタッチメントを選ぶ‟ガンスミス”が登場。これを用いることで、より深い武器カスタムが可能になっている。

また、『CoD:BO4』が他のシリーズ作品に比べて少し体力が多く設定されているせいか、『CoD: MW』では相手を‟溶かす”ように倒せる感覚があった。ヘッドショット判定の詳細な倍率は不明だが、これまで以上にヘッドショットの重要性が高まっていると感じた。

全体的にファストペースな試合展開なのだが、HUD上の‟ミニマップ”がなくなったのも特筆すべき変化だ。銃声や味方の位置から敵がいる場所を把握しなければならないので、クリアリングやゲーム音を聞くことも必要とされるだろう。

IMGP4000_compressed
勝利チームに送られるTシャツ
『CoD: MW』のロゴがプリントされている

一般公開日の9月14日、15日の試遊には事前予約または当日整理券が必要となるが、すでに『CoD: MW』の事前予約は満員となっている。当日整理券はプレイステーションブースにて配布されるので、事前予約がまだの方は、幕張メッセ・ホール5のプレイステーションブースで受け取ろう。

※プレイステーションブースの詳細はこちら:PS.Blog

▼ 最新作『CoD: MW』まとめ

『CoD』関連記事

▼ ‟CWL”レポート記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る