ファミ通AppVS 新着記事

【EVO2019】メインタイトル以外にもドラマがある!サイドトーナメント『餓狼 MARK OF THE WOLVES』部門リポート

アメリカ・ラスベガスにて、2019年8月2日〜4日(現地時間)に世界最大級の対戦格闘ゲーム大会である“EVO 2019”が開催。『サムライスピリッツ』や『ストリートファイターV』などのメインタイトルで多くの白熱した試合がくり広げられたのはご存じかと思う。しかし、EVOの魅力はメインタイトルだけではない。会場内ではサイドトーナメントとして有志によるトーナメントが数多くのタイトルで行われており、当時やり込んでいたプレイヤーやいまだ研鑽を続けるプレイヤーが集まった。

プレイヤーによってはメインタイトル以上に思い入れのある作品群の中、本項ではSNKの格闘ゲーム『餓狼 MARK OF THE WOLVES』の大会リポートをお送りする。

 

『餓狼 MARK OF THE WOLVES』大会結果

『餓狼 MARK OF THE WOLVES』(以下、餓狼MOW)は1999年にSNKから発売された「餓狼伝説」シリーズのひとつ。相手の攻撃を直前ガードすることにより発生する「ジャストディフェンス」や特定の必殺技のモーションがコンパクトになる「ブレーキング」、キャンセルで使用することで連係やコンボの幅が広がる「フェイント」などテクニカルな要素が多く、いまでもファンにやり込まれている作品だ。

EVO2019のサイドトーナメントでは45人がエントリー。トップ4には日本人が3人が残り、グランドファイナルでは現地アメリカ勢のNOXTURNALを倒した「アール」が優勝した。

スクリーンショット-2019-08-04-6.44
最強クラス評価のカイン、グラントを使いこなすNOCTURNALを北斗丸で撃破
順位 プレイヤー
優勝 アール(日本):北斗丸
準優勝 NOCTURNAL(アメリカ):カイン、グラント
3位 田村(日本):マルコ、グラント
4位 ぐれん(日本):グリフォンマスク

※アーカイブ(TOP4~)
Twitch:https://www.twitch.tv/videos/462159767

優勝者「アール」インタビュー

EBE9praUYAIIu24
NEOGEOパーカーから強いSNK愛を感じさせるアール(中央)

ーー優勝おめでとうございます。今のお気持ちを聞かせてください。

アール 現役で『餓狼MOW』をプレイしていて、今年もこのトーナメントのためにEVOに来たので優勝できて本当にうれしいですね。

ーートーナメントを通して印象に残った試合はどこでしょうか?

アール ウィナーズファイナルの田村さんとの試合ですね。フルセットフルラウンドでドットの状態まで追い込まれた時は流石に負けたと思っていましたが、逆転できたのが自分でも驚きでした。

スクリーンショット-2019-08-04-22.30
あと1回の削りも許されない状態からの強気な攻めが功を奏す。

ーー私も『餓狼MOW』は発売当時プレイしていたんですが、北斗丸というキャラはそれほど評価が高くなかったと記憶しています。最新の攻略では違うのでしょうか?

アール 強いキャラということだとやはりカインやグラント、牙刀といったキャラが強いですよ。今回のEVOには私を含めて『餓狼MOW』勢が4人で来ていて、そのうち3人がベスト4に残りました。メンツも北斗丸、マルコ、グリフォンマスクと強いキャラではなかったのですが、対戦経験が多かったので人読みなところもありましたね。

ーー『餓狼MOW』プレイヤーとして今後の意気込みなどを聞かせてください。

アール 私と今回いっしょに来ているコロッサスはいままでにも『餓狼MOW』を使った「距離餓狼」などのイベントを行ってきました。そして今年は『餓狼MOW』が発売されてから20周年ということで、11月に秋葉原で記念大会を行う予定です。現役プレイヤーはもちろんのこと、当時遊んでいた人たちなど興味がある人はぜひ参加してほしいので、ぜひチェックしてみてください!!

※餓狼MOW20周年記念大会公式サイト
※餓狼MOW20周年記念大会@wild_wolves_warcry

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る