ファミ通AppVS イベントリポート

【サムライスピリッツ】Infiltrationが復活劇の優勝。日本選手の最高戦績はかずのこの2位【EVO2019】

アメリカ・ラスベガスにて、2019年8月2日~4日(現地時間)、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO2019”が実施。世界中から集った格ゲーファンたちによる巨大トーナメントが争われている。そのメイン競技種目のひとつ『サムライスピリッツ』部門は、8月3日のDAY2にトーナメントが決着。韓国のInfiltrationが優勝し、日本選手はかずのこが2位の結果を残した。

EVO2019 サムライスピリッツ部門結果

順位 プレイヤー 負けた相手
優勝 Infiltration(幻十郎)[韓国] Reynald
準優勝 かずのこ(覇王丸)[日本] Infiltration ×2
3位 ジャスティン・ウォン(タムタム)[アメリカ] かずのこ、Infiltration
4位 Reynald(幻十郎)[アメリカ] かずのこ、Infiltration
5位タイ CaliPower(ガルフォード)[アメリカ] RB、Reynald
5位タイ RB(幻十郎)[台湾] ジャスティン・ウォン、Infiltration
7位タイ Didimokof(幻十郎)[ブラジル] CaliPower ×2
7位タイ ZJZ(シャルロット)[台湾] 小路KOG、Infiltration

TOP8にはレジェンドプレイヤーが揃い踏み

DAY2の『サムライスピリッツ』部門は、前日のトーナメント前半戦を勝ち上がった選手たちによる後半戦が実施された。格闘ゲーム界のあらゆるジャンルから強豪が集った本部門では、格ゲー界に名を馳せるスタープレイヤーがぶつかる豪華な対戦が多数繰り広げられた。

日本勢が頭ひとつ抜けているという前評判通り、DAY1に引き続き日本勢が順当に勝ち進んでいた。しかし、トーナメント後半で日本勢同士の潰し合いや海外トッププレイヤーとの対決に競り負け、最終的にトップ8に残った日本勢はかずのこのみという結果に。

IMG_1319
IMG_1299
IMG_1302
IMG_1307
IMG_1315
IMG_1326
IMG_1329
IMG_1333
IMG_1337
IMG_1343
IMG_1346
IMG_1351
IMG_1355
IMG_1366
IMG_1371
IMG_1377

“ラストサムライ”かずのこが2位の健闘

TOP8には格ゲー界の“レジェンド”が揃う顔ぶれとなる。アメリカからは、1998年に『ストリートファイターZERO3』でウメハラと世界一決定戦を戦ったCaliPower(アレックス・バイエ)を筆頭に、『KOF XIII』のEVO覇者・Reynald、現在も『ストリートファイターV』で活躍中のジャスティンが進出。日本からは同大会の『ドラゴンボールファイターズ』部門で7位に入賞したかずのこ、韓国からはしばらく競技シーンから離れていたInfiltrationが勝ち上がるなど、決勝トーナメントはどの試合も目が離せない超豪華な対決が繰り広げられた。

IMG_1387
『ストリートファイターV』を辞退してまで
このトップ8に力を注いだジャスティン(奥)。手前は台湾のRB
IMG_1447
アメリカの超レジェンドプレイヤー・CaliPower(アレックス・バイエ)。
彼がラウンドを取得するたびに大きな声援が飛んでいた。
IMG_1478
Reynaldはトップ8では敗れてしまったものの、
一度インフィルを倒すほどの実力持っていた。
IMG_1460
決勝トーナメントは多くの観客が見持っていた。

本部門に出場した日本勢の多くはDAY1を突破したものの、DAY2では苦戦を強いられる。そんな中、日本勢でただひとり、ウィナーズでTOP8に勝ち上がったかずのこには大きな期待がかけられることとなった。

IMG_1419
ラストサムライとなったかずのこ

かずのこはウィナーズ1回戦でReynaldと対決。積極的に攻めるReynaldの幻十郎に対し、かずのこは慎重に対応。攻撃の空振りに差し返しを狙い、投げをジャンプで避けて武器飛ばしで反撃するなどの要所の読み合いも制して勝利する。続くウィナーズファイナルのジャスティン戦では、長い牽制が強力なタムタムに対し、弾きからの秘奥義や一閃といった中間距離のかけひきをうまく活かして勝利。グランドファイナルに駒を進める。

IMG_1403

グランドファイナルの相手はルーザーズを勝ち上がってきたInfiltrationだ。この対戦ではInfiltrationがほぼ一方的に3試合を連取してリセットに成功。リセット後はかずのこがダッシュ→パンチを噛み合わせつつペースを取り戻したものの、主導権を譲らないInfiltrationが優勢を継続。結果、試合カウント3-1で決着し、本部門はInfiltrationが優勝。日本勢の最高順位はかずのこの2位という結果となった。

S__28622892
IMG_1503
S__28622889

IMG_1554
レジェンドの健在ぶりを見せたCaliPower(アレックス・バイエ)
IMG_1569
惜しくも2位のかずのこ
S__28622891
S__28622890
有言実行を遂げたInfiltration

 

関連記事は随時更新!

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る