ファミ通AppVS イベントリポート

【サムライスピリッツ】順当に勝ち上がるスタープレイヤーたちとそこに潜む「刺客」たち【EVO2019】

アメリカ・ラスベガスにて、2019年8月2日〜4日(現地時間)に世界最大級の対戦格闘ゲーム大会である“EVO 2019”が開催中。例年行われている本イベントであるが、本編集部ではメイン種目のひとつである『サムライスピリッツ』にフォーカスして取材する。現地の様子は、ファミ通AppVSや編集部の豊泉のTwitterで随時お伝えするので、ぜひTwitterをフォローしてほしい。

本稿では、初日のトーナメント結果とDAY2以降の注目の組み合わせを紹介する。

順当に勝ち上がる日本勢

※トーナメント表(Smash.gg)
https://smash.gg/tournament/evo-2019/events/samurai-shodown/overview

初日予選(Round1〜Round2途中まで)終了後のトーナメント表を確認していくと、やはり他タイトルで活躍しているプレイヤーが多く並んでいる。

国内プレイヤーでは編集部がインタビューをした「かずのこ」、「ぷげら」、「コイチ」、「ケンちゃん」はいずれもウィナーズで通過。

それ以外にも公式大会ベスト8の「せなる」、「はるミー」、「えだ」やイギリスの格闘ゲーム大会“VSFighting 2019”で準優勝をした「ペコス」なども順当に勝ち上がっている。

IMG_1202
IMG_1241

海外プレイヤーでは韓国のストV強豪プレイヤーの「INFILTRATION」や「POONGKO」、KOFやストVで活躍する中国の「Xiaohai」や台湾の「ZJZ」などが勝ち残っており、予想通りの「格ゲー大戦」状態となっている。

初日の試合を見ていると、その参加者の多さからか予想以上にバリエーション豊かなキャラクター、プレイングが見られた。トーナメントが進むにつれて大方の予想通り“幻十郎”や“覇王丸”を見る機会が多くなるものの、他キャラクターを使う強豪プレイヤーも多くが勝ち抜いており、2日目の展開を期待させてくれる。

そんな「優勝候補筆頭キャラクター以外」で個人的に印象に残ったプレイヤーはふたり。

国内プレイヤーの「K2」は最強クラスの右京使いとして知られており、名古屋で行われたサムスピ大会「アメ横杯」でも優勝している。初日の試合では非常に盤石な立ち回りで他と一線を画す仕上がりを見せて初日を通過している。

スクリーンショット-2019-08-03-16.43.15
スクリーンショット-2019-08-03-17.42.24
慶寅の近強斬りの空振りに難しいながらも、きちんと高火力の反撃を決めていたのが印象的。

 

また台湾のKOFシリーズ強豪プレイヤーとして有名な「E.T.」もタムタムを使い予選Round2を通過。
持ち前の反応速度を活かした対空精度とタムタムの強みであるリーチを巧みに活用し相手を寄せ付けない立ち回りで勝ち上がっていた。

IMG_1248
スクリーンショット-2019-08-03-17.40.42
飛び道具の「ムーラ・ムーラ」と地上対空、空対空を使い分けて戦況を支配していた。

 

短期間では全てのキャラクターの対策を準備することは非常に難しいため、幻十郎や覇王丸といった「評価が高く勝ち上がりが予想されるキャラクター」の対策で手一杯なプレイヤーがほとんどであろう。そういった点で今回ピックアップした「K2」や「E.T.」は他のプレイヤーにとって間違いなく脅威であるため、試合展開や結果が気になるところだ。

2日目は強豪同士のぶつかり合い。「基礎力」と「練度」の差が勝負を分ける

2日目は予選Round2の後半から始まり、優勝決定戦まで行われる。ここからはより熾烈な戦いとなり、注目度の高い試合が続く。初日の試合内容を見た印象としては、プレイヤー達によって「攻略の方向性」が違っていると感じた。「ぷげら」や「E.T.」、「INFILTRATION」などは他タイトルで培ってきた「格闘ゲームとしての基礎力」をしっかり活用し、対空精度や地上戦といった「フィジカルの強さ」を発揮している。

IMG_1179

 

一方で「コイチ」や「K2」はその攻略レベルの高さによる仕上がりが素晴らしく、要所での対応の的確さが目立つ。重ねた表現であるが、発売から間もない短期間では多くの取り組みはできず、「完璧」なプレイングは難しい。しかしだからこそプレイヤーとしての総合的な「実力」が試されているのであり、2日目はそういった視点から観戦するのもおもしろいだろう。

サムライスピリッツ2日目 ライター陣注目マッチアップ!!

■予選Round2(後半)

・えいた(幻十郎)vs Fubarduck

条件:予選Round2(G209)ウィナーズ一回戦でマッチアップ。

反応速度の速さに定評のあるえいたとカプコンゲームを主にプレイするマルチゲーマーのFubarduckが激突する。最近は格ゲーから離れ気味のえいたであったが、ストVも2日目に残りその実力は健在。さらにここで勝つとその先ではChris Gと当たる可能性が濃厚だが……!?

・ポンザマン(幻十郎)vs 伝説のオタク(ガルフォード)

条件:予選Round2のウィナーズ2回戦

『ストV』などで活躍するポンザマンと、公式大会ではるミーと好勝負を演じた古豪伝説のオタクの一戦。伝説のオタクは幻十郎対策をかなり高いレベルで仕上げてきたと思われるので、非常に注目度の高い試合となりそうだ。

■予選Round3
・K2(右京) vs Kubo(慶寅)
条件:予選Round2(G201)を両者ウィナーズで通過。予選Round3(H202)1回戦でマッチアップ。

仕上がりの良さを見せるK2と格ゲースタートダッシュ最強クラスのKubo。プレイスタイル的にも慶寅が押し付ける展開になりそうだが、それを右京がどう捌くのか期待したい。

・キャベツ(慶寅)vs スコア(覇王丸)

条件:予選Round2(G205)を両者ウィナーズで通過。予選Round3(H212)一回戦でマッチアップ。

KOF強豪同士のマッチアップ。SNKのゲームということもあり、お互いにプライドを掛けた戦いになるのでは……!?

・せなる(慶寅)vs ほーちゃん(幻十郎)

条件:予選Round2(G206)を両者ウィナーズで通過。予選Round3(H208)一回戦でマッチアップ。

アンダーナイトインバース強豪にしてサムスピ道場ベスト8のせなるとDBFZやアークゲーで活躍するほーちゃんのマッチアップ

・あばお(幻十郎)vs Xiaohai(覇王丸)

条件:予選Round2(G213)を両者ウィナーズで通過。予選Round3(H212)一回戦でマッチアップ。

日本のKOF強豪プレイヤーと中国のKOF強豪プレイヤーのマッチアップ。避けては通れぬ幻十郎戦をXiaohaiがどれだけ詰めてきているのか気になるところ。

・渡辺社長(ガルフォード)vs INFILTRATION(幻十郎)

条件:予選Round3(H202)を両者ウィナーズで通過。トップ32でマッチアップ。

サムスピ勢筆頭の渡辺社長と海外最強の黒船インフィルのマッチアップ。キャラクターのマッチアップとしても不足なしだが果たしてどちらが上回るのか!?

・コイチ(慶寅)vs Didimokof(半蔵?)

条件:予選Round3(H206)ウィナーズ1回戦でマッチアップ。

Didimokofは発売から2週間ほどバトルポイントランキングで1位であったブラジルのプレイヤー。かなり謎に包まれている相手だが、コイチの攻略レベルと対応力で倒すことができるか!? なお、『ストリートファイターV』の世界大会出場経験があるだけに、格闘ゲームの基礎力は高そうだ。

・ダメ人間(?)vs 栗田親方(ダーリィ)

条件:予選Round3(H208)ルーザーズ2回戦でマッチアップ。

『サムスピ』や『ペルソナ』で活躍したマルチプレイヤーのダメ人間と『バーチャファイター』のレジェンドや電撃四天王として知られる栗田親方のマッチアップ。ダーリィがレアキャラなこともあり、 どこまで対策できているのかが気になるところ。

・ZJZ(幻十郎)vs 小路KOG(?)

条件:予選Round3(H212)ウィナーズ1回戦でマッチアップ。

台湾のKOF強豪プレイヤーとアークゲーや『ストIV』シリーズで有名な小路KOGのマッチアップ。

関連記事は随時更新!

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る