ファミ通AppVS 新着記事

【サムスピ】EVO2019直前! キャラ情勢など「より観戦が面白くなる」事前情報をお届け!!

アメリカ・ラスベガスにて、2019年8月2日〜4日(現地時間)に世界最大級の対戦格闘ゲーム大会である“EVO 2019”が開催される。例年行われている本イベントであるが、本編集部ではメイン種目のひとつである『サムライスピリッツ』にフォーカスして取材する予定だ。

本項では開催直前ということと、2019年6月に発売した新しいタイトルということで、プレイヤーはもちろんのこと他タイトルをメインとするプレイヤーにも観戦が楽しめるように、ゲーム内での読み合いポイントや直近の大会結果から見るキャラクター情勢といった「試合の見どころ」を紹介する。

『サムライスピリッツ』部門 大会概要

「SAMURAI SPIRITS」部門はメインタイトルの中で4番目に多い参加人数となる1719人がエントリー。EVO自体の賞金に加え、SNKからトーナメント賞金として$30,000が上乗せされる。

※参加人数(Joey Cuellar氏Twitter)
https://twitter.com/MrWiz/status/1150604819779874816

賞金上乗せ記事(ファミ通.com)
https://www.famitsu.com/news/201907/09179326.html

配信チャンネル(Twitch)
https://www.twitch.tv/evo4

トーナメント表(Smash.gg)
https://smash.gg/tournament/evo-2019/events/samurai-shodown/overview

 

スケジュール(全て日本時間表記)

1日目
予選プール(Round1):8月3日(土)02:00〜
予選プール(Round2):8月3日(土)12:00〜

2日目
予選プール(Round2続き):8月4日(日) 02:00〜
セミファイナル:8月4日(日)06:00〜
決勝:8月4日(日)08:00〜

※参考(EVO公式Twitter)

ゲーム性から見る「サムライスピリッツ」の見どころ

ここからはEVO 2019でサムスピを観戦するにあたって、より楽しくなるポイントをご紹介する。“EVO 2019”のサムスピの見どころを要点にすると、

1.「武器飛ばし」と「怒り爆発」の読み合いを筆頭とした大胆かつ戦略的なゲーム性。
2.「幻十郎vs他キャラ」という近年稀に見る極端なキャラクター情勢。
3.いろいろなタイトルで活躍する強豪プレイヤーが一堂に会する「最強決定戦」

といったところだ。

まずはゲーム内システムから見る「試合の見どころ」について紹介しよう。

2019年6月に発売となった「SAMURAI SPIRITS」であるが、その魅力を一言でまとめると、「古き良き格闘ゲームのシンプルさ&現代格ゲーとしての奥深い読み合いの融合」である。

シンプルさに代表されるのは「武器飛ばし必殺技」や「一閃」、「秘奥義」といった一回の読み合いがラウンドや試合の勝利を決めかねない共通システムだろう。

武器飛ばし必殺技

「武器飛ばし必殺技」はいわゆる「超必殺技」であり、サムスピ特有のゲージシステムである「怒り」ゲージが満タンになると自動的に発動する「怒り頂点」時と任意で発動することのできる「怒り爆発」時に使えるようになる。

武器飛ばし必殺技はその威力もさることながら文字通り相手の「武器を飛ばして」しまう。これにより、相手キャラクターは武器を使った通常技や必殺技が使えなくなり、ほとんどの場合で大きく弱体化してしまう。また、武器が飛んでいく方向はランダムであるため、拾いづらい位置に飛んでしまうことで、「武器飛ばし必殺技を決める=そのラウンドの勝利がほぼ確定する」といった状況になることも少なくない。

サムスピ1 武器飛ばし
武器が飛ばされる位置によっては
勝敗が決定づけられてしまう。

一閃

「一閃」は「ボタン3つ同時押し」、「発生が早い」、「初動に無敵時間がある」、「ダメージが非常に大きい」といった破格の性能を持つ技である。しかし一閃には条件があり、

・怒りゲージと引き換えに使える「怒り爆発」状態であること。
・武器を持っていること。

が必要だ。特に怒り爆発状態が終わってしまうと、以降その試合で「怒り」ゲージはなくなってしまい、一閃はおろか武器飛ばし必殺技も使えなくなり、攻撃力アップの恩恵もなくなってしまうといったデメリットもあるため、「試合に勝つタイミング」で使う必要がある。

サムスピ2 一閃
一閃は、当てればそのラウンドはほぼ勝ちとなる減り具合。

 

秘奥義

「秘奥義」も一閃と同じく一試合に一度しか使えないが、発動に条件を必要としない。軒並み発生が遅いため、使いどころが難しいがヒット時は7割ものダメージを奪うため、隙の大きい必殺技をガードした時や、相手の地上の上段攻撃を読み切った時に使う「弾き返し」が成功した際に決めていく。

これらは一瞬で多くの体力を奪うため、観ている側からしても迫力があるだろう。しかし、本作の魅力はそれだけではなく、むしろそれらの行動を起点とした読み合いが折り重なっていくところが見どころの一つだ。

サムスピ3 秘奥義
決めるチャンスは少ないが、当たれば超大ダメージ。

 

本作の試合展開

本作の試合展開の大まかな流れは

・立ち回りでダメージを奪い合う。
→ダメージが蓄積し怒り頂点に。
→怒り頂点側は武器飛ばし必殺技を狙い攻める。
→もう一方は「武器飛ばし必殺技を食らって武器が拾えなくなる」リスクを考慮して守る。
→上手く凌げれば立ち回りに戻り、そのうち守り側が怒り頂点時に入り攻守交代。

といった流れだ。

これに加えて、一試合に一度しか使うことのできない「秘奥義」や「怒り爆発」、「一閃」が絡んで戦略的になっていく。

「怒り爆発」は攻撃を食らっているのけぞり状態でも使えるため、コンボで武器飛ばし必殺技を食らってしまう状況の回避手段として使われる。そして武器飛ばし必殺技や一閃が使える状態になるため、攻守交代となることが多い。しかし、先述の通り一試合に一度しか使えないため「いつ使うか」に悩まされる。

サムスピ4 怒り爆発
一度しか使えない怒り爆発。
どこで使うかが勝敗をわけるポイントになる。

勝敗に直結する3ラウンド目であれば良いのだが、それ以外の状況だと

・武器飛ばし必殺技を食らったら大幅不利だから怒り爆発を使いたい。
→でも1ラウンド目だから残りのラウンドで怒りゲージが無くなるのは痛い。

・武器飛ばしを食らっても体力的に有利だから甘んじて食らう。
→武器が運悪く拾えない位置に飛ばされてそのラウンドで勝つ見込みが無くなる。

といった判断の葛藤が産まれるのだ。この辺りの判断はプレイスタイルや使用キャラクターなどの違いも影響するため、「プレイヤーの個性」が出やすいため、観ている側も気にしながら見るとより楽しめるポイントだろう。

 

結局「幻十郎」が最強なのか、それとも他キャラクターがその座を奪うのか

続いてはゲーム外情報による見どころを紹介しよう。本作は2019年6月27日に発売され、EVO 2019の時点でも一ヶ月程度しか経っていない。多くのタイトルの場合稼働直後では情報が十分に出回らず、色々なキャラクターの強みが見出されていくため大会の結果が安定しづらい。しかし、現状でのプレイヤーたちにおけるEVO 2019への関心は

「幻十郎が優勝するのかどうか」に尽きる。

この発信の発端は発売から約2週間で行われた公式ファンイベントであり、イベント内で行われた大会のベスト4が全員幻十郎ということで話題になった。

続くEVO直前に行われたSNK主催の公式大会でもベスト8に残ったのは、

「幻十郎:6名、覇王丸:1名、慶寅:1名」

と非常に極端であり、優勝者も幻十郎使いであった。

海外大会においてもその傾向は顕著であり、ここまで「一強」なのは昨今珍しい。その様は完全に「ヒール」の状態であり、「誰が幻十郎を倒すのか」という視点で見るだけで今大会の面白さを共有できるだろう。

そんな最強と言われる幻十郎とそれに次いでチャンスがあると言われているキャラクターの特徴をピックアップしたので、試合を見る際の参考にしてほしい。

 

牙神幻十郎
・リーチが長く、弾き返しが出来ない「しゃがみ中斬り」や信頼度の高い無敵対空技「桐覇 光翼刃」を筆頭にハイスペックな技が揃うオールラウンダー。
・立ち回りが強いだけでなく、2段飛び道具の「裏桜華 菖蒲」や相手の裏に回ることもできる突進技「三連殺」、コマンド投げの「雫刃」と崩しにも事欠かない。
・比較的怒りゲージが溜まりやすく、武器飛ばし必殺技も防御崩し(=通常投げ)から決めることができる。

サムスピ5 幻十郎
最強キャラ筆頭の幻十郎。使用者数もナンバーワン。

 

覇王丸
幻十郎と並び最強キャラに挙げる人が多く、幻十郎に対する対抗馬の筆頭。

・幻十郎と同じく無敵対空技「奥義 孤月斬」を持ち、隙の少ない飛び道具「奥義 旋風裂斬」もあるため安定した立ち回りが可能。
・踏み込み(=ダッシュ)弱斬りが判定の強いストレートパンチで弾き返しが不能。踏み込み弱斬りと踏み込み防御崩しによる攻めが強い。
・「天覇凄煌斬」は全キャラ中最強の武器飛ばし必殺技。判定、発生、ダメージ全てに優れ
「怒り頂点時」のプレッシャーは随一。

サムスピ6 覇王丸
幻十郎の対抗馬筆頭である覇王丸。
凄まじい火力に注目だ。

 

徳川慶寅
ハイスペックな技が揃っており上記2名と並んで最強キャラの一角。対空が弱いキャラには特に安定しやすい。

・ジャンプ強斬りがとにかく強力。側から見る以上に対処が難しい。
・突進技「壱の太刀 撫子」や無敵対空技「弍の太刀 白百合」など多くの必殺技を持ち、それぞれが十分な性能を持っている。
・六つの必殺技をヒットさせることで使用が可能になる「七の太刀 遊蝶華」は非常に強力な必殺技。この必殺技を狙った立ち回りをするかどうかプレイヤーの個性が出るポイント。

サムスピ7 慶寅
わかっていても迎撃しにくいジャンプ強斬り。

 

ガルフォード
お供の忍犬「パピィ」を駆使し、優秀な飛び道具で立ち回りを制圧する。幻十郎のカウンターとして挙げる人が多い。

・パピィを使った各種必殺技と飛び道具「プラズマブレード」で相手を寄せ付けない戦い方が強力。
・攻撃を食らっている最中にも使える身代わりの術「イミテイトレプリカ」により、画面上ではわからない特有の読み合いが発生する。
・武器飛ばし必殺技「メガプラズマファクター」はコンボ以外にも対空としても有用。もちろんダメージも十分。

サムスピ8 ガルフォード
トリッキーな動きで相手を翻弄できるガルフォード。
対策ができていないと厄介な技を持つ。

 

 

記者の目

『サムスピ』は発売前から“EVO 2019”のメインタイトルが決まっており注目度が高かった。実際に発売してみると決してキャラクターバランスが取れたものではないものの、サムスピを愛する人と新しく参入する人の両方にとって楽しめるものになっていた。

その評価はエントリー数にも表れており、世界最大級の格闘ゲームイベントのメインタイトルとして十分な盛り上がりを見せている。

本項でも紹介した通り、どのキャラクターが優勝するかが注目のポイントではあるが個人的には決勝戦が幻十郎同キャラ戦でも楽しめると予想している。それは真に平等な競い合いであり、十分に強さが評価されているキャラクターだからこそプレイヤーとして本来的な「最強」を決めることになるからだ。

一撃に驚くエンターテイメント性とプレイしているからこそわかる戦略性、そしてプレイヤーとしての競い合いと魅力が十分に詰まった「サムライスピリッツ」部門をぜひみんなもリアルタイムでチェックしていってほしい。

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る