ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】Kneeが“Wellplayed Challenger”を制覇。ノロマは2位、チクリンは4位、ダブルは5位の結果に【TWT2019】

2019年7月7日、大阪府大阪市のちゃやまちプラザにて、『鉄拳7』の大型大会“Wellplayed Challenger”のDAY2が実施。前日のDAY1を勝ち上がったTOP8のトーナメントが争われ、韓国のKneeが優勝。日本選手は3名が出場し、ノロマは2位、チクリンは4位、ダブルは5位の結果となった。

Wellplayed Challenger DAY2 概要

■会場:ちゃやまちプラザ
■大会形式:シングル戦、2~3試合先取制のダブルイリミネーション方式
■大会動画:twitch 
■トーナメント表:smash.gg
※大会公式サイトはこちら

試合結果

順位 プレイヤー名 負けた相手
優勝  Knee(スティーブ、ポール)[韓国]
準優勝  ノロマ(スティーブ、ジャック、ドラグノフ)[日本]  CHANEL、Knee
3位  kkokkoma(一美、ドラグノフ)[韓国]  Knee、ノロマ
4位 チクリン(ギース)[日本] kkokkoma、ノロマ
5位タイ LowHigh(ロウ、シャヒーン)[韓国] Knee、ノロマ
5位タイ ダブル(ロウ)[日本] kkokkoma、チクリン
7位タイ Super Akouma(豪鬼)[フランス] kkokkoma、ノロマ
7位タイ CHANEL(アリサ)[韓国]  Knee、ダブル

※()内はDAY2当日の使用キャラ

日本選手の最高順位はノロマの2位

IMG_0801
TOP8の面々。日本勢はチクリン、ダブル、ノロマが残った。
IMG_0804
IMG_0809

TOP8のウィナーズ1回戦ではチクリンがkkokkomaに接戦の末に惜敗。その後のウィナーズ側は、優勝候補筆頭と見られたKneeが下馬評通りの強さでグランドファイナルへ進出する。

この時点で日本選手3名が全員ルーザーズとなるが、ルーザーズ1回戦ではダブルがCHANELを撃破し、ノロマはSuper Akoumaに完封勝利。ノロマは続いて韓国のLowHighも破るなど、日本選手が多くの国際対決を制する活躍を見せた。

IMG_0825
IMG_0828
チクリンがkkokkomaに敗れて日本勢がすべてルーザーズへ。
IMG_0848
ダブルがCHANELを撃破
IMG_0853
ノロマはSuper Akoumaに完封勝利
IMG_0868
ノロマは続いて韓国のLowHighも破る
IMG_0858
ダブル対チクリンの日本人対決はチクリンが制した。

 

そしてルーザーズセミファイナルは、ダブルとの日本人対決を制したチクリンとノロマが激突。長崎をホームとするふたりの対決は、ギースがメインのチクリンに対し、ノロマがこれまであまり使用する姿を見せたことのないスティーブを起用。試合は3試合目の最終ラウンドまでもつれたが、ノロマがアグレッシブな姿勢を貫いて勝利。みごとにキャラ選択を成功させてルーザーズファイナルへ進出する。

IMG_0861
TOP8直前に行われた3on3大会で優勝したゼウガルが実況解説を務めるシーンも
IMG_0878
IMG_0879

 

ルーザーズファイナルの組み合わせはノロマvs.kkokkoma。ノロマは引き続きスティーブを選択し、kkokkomaの一美に常にプレッシャーをかけるスタイルで2試合を先取。kkokkomaはここで長考の末に一美に変えてドラグノフを選び、1試合を取り返すものの、大きく崩れることのなかったノロマが4試合目を押し切って勝利する。

IMG_0888
司会進行はコーリー氏が担当。
IMG_0907
IMG_0920
IMG_0924
スティーブの動きが冴えてkkokkomaに勝利。

 

そして迎えたグランドファイナルはウィナーズのKnee vs. ルーザーズのノロマの対決。この試合ではまず、Kneeはスティーブ、ノロマはドラグノフを選択。対戦ではスティーブの防御が固く、Kneeが主導権を常に握る流れで2試合を連取。ノロマはジャックを起用して1試合を奪うものの、続いて出てきたKneeのポールに的確に攻めを捌かれて敗退し、試合カウント3-1でKneeの勝利で決着。本イベントはKneeが優勝し、日本選手最高順位はノロマの2位という結果となった。

IMG_0928
IMG_0936
IMG_0939
IMG_0981
優勝は韓国のknee!
IMG_0999
山佐のケロットキャップも贈呈。
IMG_1025
TOP4のメンバー、左からチクリン、kkokkoma、ノロマ、knee

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る