ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】「Good Game GRAPHT CUP」準優勝りゅうきち&解説のMOVインタビュー

2019年6月22日、東京秋葉原のソフマップAKIBA2号店 パソコン総合館内「eSports Studio AKIBA」にて、『ストリートファイターV アーケードエディション』を使用した「Good Game GRAPHT CUP」が開催。優勝者には8月の世界大会EVO2019への出場サポートが行われる。本稿では、同大会準優勝のりゅうきちと解説を務めたプロゲーマーのMOVのインタビューをお届けする。

準優勝・りゅうきちインタビュー

S__23961613
準優勝のりゅうきち
まだ22歳ながら小さいころから格闘ゲームをやり込んでおり
プレイ歴はベテランの域に達する。

 

――大会は惜しくも準優勝でした。いまの心境はいかがですか?

りゅうきち 1年間『ストVAE』に本気で取り組んできて、今回は「絶対に勝ちたい」大会だったので、事前に対戦相手がわかることもあって、しっかり準備をしてきました。ルーザーズを勝ち上がっていい状態だったのですが、グランドファイナルでリセットして、リードを取ったときに「勝てるかも」という期待が試合中に思い浮かんでしまったんです。本来なら気を抜かずに相手の心境や試合の状況を考えなければならなかったのですが……その結果、逆転されてしまいました。そこがぷげらさんにペースを取り返されてしまった要因だったので、悔しいです。

――しっかり準備をされてきたとのことでしたが、具体的にはどんな取り組みを行ったのでしょうか?

りゅうきち ニシキンさんのブランカやイツキさんのダルシムなど、使用人口の少ないキャラクターの対策を中心に練りました。対戦する機会がほとんどなかったので、自分でデータやポイントとなる部分を調べつつ、じっくり対戦動画を見てプレイヤーの癖も研究してきました。

――初戦でぷげらさんに負けてしまったにもかかわらず、ルーザーズを勝ち上がってグランドファイナルまでたどり着きました。そこまで残れる自信はあったのでしょうか?

りゅうきち そもそも今回のメンバーであれば優勝が狙えると思っていました。初戦のぷげらさんにはストレートで負けてしまいましたけど、それは緊張からくる動きの硬さが原因だったので、気持ちの切り替えはできました。

――初戦を落としたあとは、徐々に調子を伸ばしていました。それは何かきっかけがあったのでしょうか?

りゅうきち ルーザーズに落ちてからは、出さなくてもいいような危険な場面でも“豪昇龍拳”をあえて撃っていったんですけど、あれは勝ちに行く気持ちを前に出すために、自分を鼓舞するために取った行動なんです。本来なら危険だからやる必要のない行動なんですけど、自分の調子を取り戻すためにあえてやりました。

――それがいい方向に働いていましたよね。

りゅうきち 「危ない! 切り返そう!」ではなく「当ててやる!」という気持ちで撃っていました。あとは、『ストV AE』ってゲーム性がシンプルだからプレイングに個性が出にくいじゃないですか。僕は、見ている人も楽しめるような試合を目指しているので、自分らしさを演出するうえでもこういうのが必要かなと。

――その個性というのは、危険な行動だとしても自分を信じてビビらず突き進んでいくというところですか?

りゅうきち そうですね。そういうプレイスタイルだと、自分も、対戦相手も、見てる人もハラハラしますよね(笑)。『ストV AE』シーンでは、プロゲーマーと言われる人たちでも、相手の心を揺さぶるような選択肢よりも状況ごとの最適な行動を取る、いわゆる“マジメなプレイスタイル”の人が多い印象があります。それはつまらないと思っていて、だからこそ僕は自分の気持ちや個性だったり、“人間らしさ”を画面の中で表現して、なおかつきちんと勝てるようなプレイヤーになりたいと思っています。

――なるほど。気持ちや心境を重視しているんですね。

りゅうきち はい。僕自身が試合中の“気持ちの持ち方”を大事にしてプレイしているので、相手の心理を読むのが得意なところもあります。「いっぱいガードで耐えたから、そろそろ投げに来たいでしょ?」と、相手が前に出たところに技を置いたり。

――相手の心理を把握して試合をコントロールするところが、まだ若いながらも小さいころから格闘ゲームを続けているだけあって、年季を感じさせてくれました。今回は惜しい結果となりましたが、ぜひこれからの活躍も期待しています。

IMG_0258
なおーん戦にて、勝負の分かれ目で祈るりゅうきち
IMG_0259
勝負が決まり喜びが爆発
IMG_0263
IMG_0278
惜しくもやぶれたぷげらとのグランドファイナル

 

TeamGRAPHT・MOVインタビュー

S__23961612
大会を主催するTeamGRAPHT所属のプロゲーマーMOV

――大会をご覧になっていかがでしたか?

MOV 予選大会の優勝者8人を集めるのと、1回のトーナメントでベスト8を決めるのとはまったく違って、本当に濃いメンバーが集まるんだなと。そんな中でもぷげらが頭ひとつ抜けていると思っていたので、そうなると彼の鬼門になるザンギエフを使うキチパームがポイントになると予想していました。今回はぷげらがうまく勝っていましたけど、もしかしたらキチパームがぷげらを倒してビクトリーロードを歩んだ可能性もあったのかと思うと、いろんな結果が想定できる紙一重のトーナメントでしたね。

――解説ではMOV節といいますか、独特な表現を使っていて、他のキャスターとひと味違う印象を受けました。

MOV 今日は偉い方々もいらっしゃっていたので、「こいつふざけてるのか?」みたいに見られたら困るなあと思いながらやっていました(笑)。

――これでEVOではぷげらさんと同じユニフォームを着ることになりました。それについてはいかがですか?

MOV ぷげらは僕らが住むときわ荘にも何か月か住んでいたこともあり、同じユニフォームを着るならこの人がいいと予選の時点から考えていた人のひとりなので、うれしいですね。

TeamGRAPHT関連記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る