ファミ通AppVS 業界ニュース

【CoD: MW】キャンペーンに登場する一部のキャラクターが判明 懐かしの‟キャプテンプライス”などを確認

2019年10月25日に発売になる、人気ミリタリーFPSシリーズ最新作『Call of Duty Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)』(以下、『CoD: MW』)。

開発を担当するInfinity Wardが、6月12日~14日(日本時間)にアメリカ・ロサンゼルスで行われる、‟Electronic Entertainment Expo(E3)”にてパネルディスカッション‟E3 Coliseum”に登壇。

▼ パネルディスカッションの様子(英語のみ)

『CoD: MW』のキャンペーンは、ふたつのサイドでプレイすることになる。1つは、‟Tier 1 Operators”(ティア1オペレーター)で、もう一方は‟Rebel Fighters”(反乱軍)だ。ティア1オペレーターには、2007年発売の『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』に登場した懐かしのキャラクターが顔を揃えている。

以下は、今回のパネルディスカッションでお披露目されたキャラクターのイメージと設定。

Captain Price(ジョン・プライス)

cap

『モダン・ウォーフェア』と言えば、やはりこの人‟キャプテンプライス”。声優は当時とは異なるが、キャンペーン中はプレイヤーが所属する部隊の司令官として先導してくれる頼もしい存在。

Kyle Gerrick(カイル ジェリック)

kyle

元イギリス陸軍士官のKyle Gerrickは、テロ対策班に属しており、キャプテンプライスとともに数々の戦場を渡り歩く。

Alex(アレックス)

alex

キャンペーン後半でプレイヤーが操作することになるAlex。CIAから中東に送り込まれ、派遣先の反乱軍と行動をともにしている。

Farrah(ファラー)

farrah

こちらもキャンペーン後半におけるキャラクター。反乱軍の指揮官を務めている女性で、プレイヤーはファラーの下で戦闘に加わる。元々戦う意思のなかった彼女だが、戦渦に巻き込まれ銃を手に取ることを余儀なくされた。

 

同パネルディスカッションでは、マルチプレイヤーのゲーム内イメージも公開になっている。詳細は、以下の記事を確認してほしい。

※記事で使用している画像は、配信画面からキャプチャーしたものになります。

『CoD』関連記事

▼『CoD: MW』情報まとめ

▼ ‟CWL”レポート記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る