ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【CoD: BO4】世界の舞台‟プロリーグ”を目指す新生‟SCARZ”にインタビュー【CWL ロンドン】

ソニー・インタラクティブエンタテインメントよりプレイステーション4版が発売中のミリタリーFPS『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』

5月3日~5日にかけて行われたトーナメント‟Call of Duty World League London”(以下、CWLロンドン)にて、新体制になったプロゲーミングチーム‟SCARZ”、CoD部門がお披露目された。

現地で代表を務める友利洋一氏、チームのキャプテン‟Cruze”にインタビューを敢行。日本に拠点を置きながら、海外選手をリクルーティングした経緯、今後の目標などを聞いた。

CoD部門復活、新体制でプロリーグを目指す

SCARZのCoD部門は、2015年に設立され約4年間活動を続けたものの、2019年1月に解散し、CWL日本代表決定戦など日本のesportsシーンから姿を消したかのように思われた。

しかし、CWLロンドンが開催された5月3日に、新メンバーでの活動再開を発表。公開されたメンバーは、全員がオーストラリアとニュージーランドの選手であり、独自の道を歩み始めたことを示唆するかのような体制である。

日本ではなく、オーストラリアを中心としたAPACから‟プロリーグ”を目指すことを表明しており、チームとして次のステージへと進むことを感じ取れる。

そこで、CWLロンドンの現地にて、SCARZ代表の友利洋一氏、チームキャプテンであるCruzeにインタビューを敢行。リクルーティングの背景や新たなメンバーで挑んだオープントーナメントの印象を語ってもらった。

友利洋一氏インタビュー

IMGP3236_compressedSCARZ代表 友利洋一氏(右)、CoD部門キャプテン‟Cruze”選手

――SCARZさんは、日本を拠点にしているチームですよね。海外選手をリクルーティングされた経緯をお伺いできますでしょうか?

友利氏 彼らから連絡をいただいたのが始まりですね。以前から、海外選手からチームに入りたいというオファーも貰ってはいたんですが、今回の部門再結成に踏み切ったのは、チームとして海外を目指していたこと、成績の良い選手が集まったというのが要因ですね。

新メンバーの発表は5月3日に行いましたが、実際にいまの選手が集まったのは、2・3週間前なんですよ。そして、ファーストステップとして、新体制でCWLロンドン出場に至りました。

――日本を飛び出し、チームとして海外へのステップを踏み出された訳ですね。海外選手獲得には、どのような目的があるのでしょうか?

友利氏 現段階では、今後の進展はチーム情報のため詳しくはお答え出来ないのですが、チームとして展開を広げていく計画です。また、彼らのマインドは日本人の私からしても非常に刺激的です。

――OpTic GamingのCrimsix選手にインタビューをした際、日本を含むアジアにおけるチーム数の少なさ、選手層の問題を指摘されました。そう考えると、海外の選手を持つSCARZさんと日本チームが練習できるのは、日本のCoDにとって、プラス要素になるのではないでしょうか?

友利氏 SCARZに海外選手がいることで、コミュニケーションの懸け橋としての役割も果たせるのかなと。いまあるチームと切磋琢磨することで、全体レベルの向上にも貢献できたら嬉しいですね。

――新体制になって間もないとのことですが、直近の目標とチームのゴールをお聞かせください。

友利氏 日本にいながら海外選手をリクルーティングした試みは初ではないですが、チームのメイン部門の拠点を海外へ移すことは、かなり珍しいケースではないかと考えています。

それに、新たなメンバーとなり初めて出場したCWLロンドンでベスト17位という、素晴らしい成績を残してくれましたし、次のアナハイムでは、より上位を目指していきます。

そして、最終的には‟プロリーグ”への参戦をゴールにして、これから活動していきたいですね。

SCARZ Cruze選手インタビュー

IMGP3230_compressedSCARZ CoD部門キャプテン‟Cruze”選手

――新生SCARZとして、チームに加入した印象はいかがでしょうか?

Cruze とても温かく歓迎してくれたし、リージョンの違う選手たちとひとつのチームになれたのは、すごくプラスなことだと感じているよ。
それに、SCARZ CoD部門の代表になれたのも嬉しいことだし、これからもっといいプレイが出来るようにしたいね。

――SCARZとして初のトーナメントを終えられましたが、次なる目標をお伺いさせてください。

Cruze 常に上昇志向を持って、いいプレイをすること、より上の順位を目指すことはもちろん、チームとしても個人としても最善を尽す。そして、チャンピオンシップに到達することが目標だね。

――現地でRush Gaming、Libalent Vetexのプレイを見て、どう思われているのか教えてください。また、ライバルになると思った選手はどなたでしょうか?

Cruze 去年のCWLでもプレイしているのを見ていたんだけど、イベントごとにレベルが上がっているんじゃないかな。これからも挑戦を繰り返せば、より上位にいくことも不可能じゃないと思うな。

ライバルか……。Rush Winred選手、Libalent Alicewonderland選手かな。

――オープントーナメントは、グランドファイナルまでに10連勝近くする必要がありますよね。勝ち続けるためには、どんなことを意識されていますか?

Cruze 本当に厳しいトーナメント環境だと思うよ。だけど、どんな時も落ち着いて、チームとしてプレイすることを心掛けているね。

トーナメント期間中は何試合もするけど、シリーズごとに振り返りをして、どんなミスをしていたのかを考えているし、ミスを減らすための改善策を練ったりしているかな。自分達よりも強い相手を戦う場合は、小さなミスが勝負の命運を分けることもあるからね。

――ありがとうございました。今後も新たなメンバーとなったSCARZの活躍が見られることを楽しみにしています。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る