ファミ通AppVS イベントリポート

【R6S】‟父ノ背中”へオンライン予選勝者‟LBX”が挑戦!60FPS杯 road to ニコニコ超会議2019リポート

“ニコニコ超会議2019”の2日目、事前のオンライン予選で優勝した“LBX”と、父ノ背中が対戦する“父ノ背中×60FPS杯 road to ニコニコ超会議2019”行われた。その模様をリポートする。

写真1オープニング

■概要
■開催日:2019年4月28日
■開催場所:千葉・幕張メッセ
■配信:ニコニコYouTube
■出場チーム
◆父ノ背中
けんき
Apple
Kakki
KINCHI
◆DetonatioN Gaming
DustelBox
◆LBX
Rosaliyboya
No2.
Coffin
kozakura
M4sh

【実況】
◆GODSGARDEN
ふり~だ

【解説】
◆父ノ背中
BEESUN
◆FAV gaming
OdeNMiso

 

父ノ背中、安定のプレイで先制の4ラウンド連取

父ノ背中はプロリーグシーズン9において3位。いま現在日本において“野良連合、“CAGに次いで強豪チームでもある。どっしりと父のように構えた安定感ある作戦を主体にするチームで、初めての参戦のなったプロリーグシーズン9でも次々と勝利を重ねた。今回はそれに加えてFPS界では抜群のAIMで知名度を誇るDetonatioN Gaming 所属DustelBoxが参戦となった。

写真2父ノ背中集合
左からApple、KINCHI、Kakki、DustelBox、けんき

対するLBXは、若さのあふれる相手の隙をついたアクティブな動きが特徴である。

写真3LBX
左からRosaliyboya、Coffin、No2.、M4sh、kozakura

序盤、LBXは父ノ背中を翻弄させ勢いのある先制のキルを重ねるが、父ノ背中のお手本のような王道の攻防に4ラウンドを先制される苦しい展開となる。

しかしながら父ノ背中の防衛の弱点を見つけこの防衛を突破、5ラウンド目、6ラウンド目をLBXが取り返す。6ラウンドが終了し、攻守交替。後半戦(4-2)へと折り返す。

写真4_4-2

父ノ背中はチームワークと連携を重視したゆっくりとした攻めを見せる。対してLBXは前衛守備で積極的に人数を削りに行く試合展開。LBXは序盤から人数的有利を取ることが多かったが、時間をたっぷりと使った父ノ背中の攻撃にジワジワと追い詰められ2ラウンド父ノ背中が取得しマッチポイント(6-2)となってしまう。

父ノ背中のマッチポイントだが粘り強さを見せるLBXはスタイルを変えずに、ラウンド序盤から積極的なピークにより人数有利を作り出し日本有数の強豪である父ノ背中からラウンドをもぎとっていく。
迎える11ラウンド目(6-4)フッカービリヤードのポイント守りでLBXはVIPルームやベッドルーム等相手のエントリーを咎める動きで積極的に前に出る。

写真5_6-4
写真66-4ダステル

しかしながら父ノ背中はLBXの積極的な前衛守備に対してしっかりと対応、エントリー前から警戒を怠らずに次々とロック・カバーで撃ち合いを制した。
7-4で父ノ背中の勝利となったが、オフラインという慣れない環境でLBXは日本3位の実力を持つ父ノ背中に善戦したと言えよう。今後のLBXの展望に期待が高まるエキシビションマッチとなった。

写真7_実況席
左からOdeNMiso(FAV gaming)、BEESUN(父ノ背中)、ふり~だ
写真8_プレイ席父ノ背中
写真9_プレイ席LBX
写真10_ステージから

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る