ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】板橋ザンギエフ/もっちゃん/木村圭汰のチーム【ITAZAN OCEAN】がカプコン「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」を制覇

2019年3月21日、東京都秋葉原にて、『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下、『ストV AE』)の大型大会“カプコン「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」”の決勝大会が実施。
10節に渡るリーグ戦の上位3チームが登場して準決勝と決勝戦を争い、チーム【ITAZAN OCEAN】(板橋ザンギエフ/もっちゃん/木村圭汰)が優勝。大会模様とともに優勝チームのインタビューをお届けしよう。

カプコン「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」 概要・結果

会場:秋葉原UDX アキバ・スクエア
大会形式:両チームの同クラスが対決。ビギナークラス1点、ハイクラス2点、エクストリームクラス3点とし、10点に達したチームが勝利。
賞金総額:500万円
大会動画:AbemaTVOPENREC
※公式サイト

順位 チーム メンバー
1位 ITAZAN OCEAN 板橋ザンギエフ(ザンギエフ)、もっちゃん(ファン)、木村圭汰(ケン)
2位 NEMO AURORA ネモ(ユリアン)、あんまん(ユリアン)、奥村茉実(ブランカ)
3位 MAGO SCARLET マゴ(キャミィ)、さかがみ(バイソン)、国定涼介(エド)

 

本大会はカプコン初となる『ストV AE』の公式チームリーグだ。1チームのメンバーは、本作に取り組み始めたばかりの“ビギナークラス”、ある程度の実績を持つ22歳以下の“ハイクラス”、JeSUプロライセンスを持つ“エクストリームクラス”で構成。3vs3のチーム戦を4ヶ月間に渡って争う、長期大会だ。

全10節行われたリーグ戦を勝ち抜いたのは1位【ITAZAN OCEAN】、2位【NEMO AURORA】、3位【MAGO SCARLET】。決勝大会にはこの3チームが登場し、準決勝と決勝戦を披露した。
準決勝では【NEMO AURORA】が【MAGO SCARLET】に圧勝し、決勝戦は【ITAZAN OCEAN】対【NEMO AURORA】の組み合わせとなる。決勝戦では【ITAZAN OCEAN】の全メンバーが活躍して【NEMO AURORA】を下し、板橋ザンギエフ(ザンギエフ)、もっちゃん(ファン)、木村圭汰(ケン)の3名が頂点に立った。

sdr
sdr
dig
dig
sdr
dig
dig
優勝の【ITAZAN OCEAN】
左から木村圭汰、板橋ザンギエフ、もっちゃん

【ITAZAN OCEAN】インタビュー

――リーグ戦を振り返った感想を一言づつお願いします。

木村 約4ヶ月間『ストV AE』をやってきて辛かった反面、楽しかったという気持ちが一番強いです。ありがとうございました!

もっちゃん まずは板ザンさんと木村さんにありがとうという気持ちです。リーグ戦は自分を成長させてくれた一番の要因だと思っています。

板橋ザンギエフ リーグ戦が始まる前はビギナークラスを心配していました。ビギナーの人はゲームを続けられるのか、しっかりやってくれるのかという思いがありましたが、結果的にその心配を払拭してくれました。それが大きな見どころのひとつになったと思います。自分としては、勝ったり負けたりした中でちゃんとプレイの良い部分を出して優勝できて、次につながる期間になったと思います。

――長期間一緒に戦ったチームメイトにそれぞれに一言づつ頂けますでしょうか。

木村 ドラフト会議で板橋ザンギエフさんにアプローチをしたのですが、あそこで選ばれていなかったら今この場に立っていません。もっちゃんさんは俺よりキャラが立っていてすごく羨ましいです。俺も見習いたいと思います(笑)。

もっちゃん 木村さんは、一緒のチームになったときに「この人大丈夫か?」と思いました(笑)。ちゃんとゲームをやってくるのか心配でしたが、回を追うごとにしっかり成長していて、真面目にゲームをやっていることが伝わってきました。ザンギさんとはドラフト前に何回か会っていて、ドラフトで選んでくれたら嬉しいなと思っていた人が選んでくれて感謝しています。ザンギさんがここまで連れてきてくれました。

板橋ザンギエフ ドラフト形式でのチーム決めでは、まずハイクラスでいろいろ悩んだ結果もっちゃんを選択しました。ふ~どと指名が被ったのですが2分の1を引いてチームメイトになり、期待通りに勝ってくれましたね。もっちゃんを採ったあとは、ひとりややこしい奴がいるなと(笑)。「もっちゃんごめん、賭けになるけど木村採るわ」という流れでした。ドラフトではそんな感じでしたが、木村にポテンシャルがあることは見抜けて、自分が思った以上に戦ってくれたので嬉しかったですね。

――もっちゃんさんへの質問です。試合後の表情からこの大会への思い入れが伝わってきました。ご自身のプレイを振り返って、満足のいくプレイはできましたか?

もっちゃん 満足は全然できないですね。対戦中のコンボミスはもちろん、ゲージが見えていなかったりとか、プレイ内容はまだまだでした。家に帰って反省会です。ですが今日の動画を見たらひとりでニヤニヤしちゃいそうです(笑)。

――次の目標はありますか?

もっちゃん 海外大会のどれかだったり、EVOに行っていい結果を残したいと思います。

――板橋ザンギエフさんへ質問です。トップレベル以外のプレイヤーとチームを組んでみて、リーグ中にチームメンバーの成長を感じましたか?

板橋ザンギエフ 木村くんに対しては、ゲームをどう教えるか、どう取り組んでもらうか、というところが難しかったですが、少しづつ木村くんがどういうタイプなのかがわかってきました。それを踏まえて“こう強くなれば本人が喜ぶだろうな”という点を意識して教えていたんですよね。ゲームを楽しんで続けてもらえた部分が成長に繋がったと思います。もっちゃんはもうめちゃくちゃ上手いんですよ。そうなると使用キャラの深い話ができないため、どう強くするかをすごい考えました。

――リーグ中にもっちゃんが連敗しているときには、どのようなアドバイスをしたのでしょうか?

板橋ザンギエフ 連敗中のもっちゃんは、緊張でいつもの動きじゃなかったんですよ。これはもうゲームの話じゃないなと。どうしても緊張してしまうなら、それにどう対処するか、という話ですよね。もっちゃんはその問題意識をもって向き合い、後半は本来の持ち味が出せるようになりました。この点が一番成長した部分だと思います。

――今後の抱負を教えてください

木村 自分はまだゲームがうまくないですが、2020年の東京オリンピックにむけて、芸能界でesportsを盛り上げる活動をいっぱいしたいと思います。

もっちゃん まず大会で勝つことが第一です。それと、自分の地元の名古屋では『ストV』のコミュニティが小さいんですよね。『ストV』があまり盛り上がっていないため、対戦する場所ができるように行動できたらいいな、とは思っています。

板橋ザンギエフ 今回は『ストV』に爪痕を残せたと思います。これをきっかけに仕事の幅というか、活動の幅というのを広げられたら嬉しいと思います。

 

歌広場淳インタビュー

写真1

――決勝大会で一番震えたシーンはどこでしたか?

歌広場 【NEMO AURORA】のビギナークラスは奥村さんという女性でした。男性ばかりの出場者の中にひとり女性で、しかもリーグ戦に参戦するまで格ゲーをやったことがない方だったんですよ。リーグ戦の4ヶ月間を通して大変だった思うのですが、最後まで戦い抜いて、決勝大会ではラウンドをとって会場を沸かせたんです。【ITAZAN OCEAN】の優勝がすごいのは当然として、心に残ったのは奥村さんの戦いが一番ですね。

――MVPを挙げるとしたらどなたでしょうか?

歌広場 奥村さんと言いたいところですが、プロではなく素人として優勝したもっちゃんをMVPに挙げます。最強の素人が最強のプロになっていく姿を見たいので、これからももっちゃんを応援していきたいと思います!

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る