ファミ通AppVS 業界ニュース

【PUBG】イギリス・ロンドンにて世界大会が4月16日より開催!日本からは1チームが参加

日本チームの活躍を見逃すな!

2019年3月5日、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、『PUBG』)の大規模な世界大会“PUBG Classic”の第一弾である、“FACEIT Global Summit:PUBG Classic”の詳細が発表された。

画像1

“PUBG Classic”は、PUBG Corp.主催とはべつに開催される、トップレベルのesportsトーナメント。

第一弾として4月16日より開催される“FACEIT Global Summit:PUBG Classic”を皮切りに、世界中のチームが大規模な賞金プールのために競争するライブイベントを、数回にわたり主要都市で開催する予定だ。

本大会では、北米、ヨーロッパ、中国、韓国、の各4チーム、日本からは1チームを含む、世界各地のハイレベルな24チームが集結し、ロンドンで開催される。400万ドル(日本円で約4億4000万円)の賞金が用意されたこのトーナメントでは、PJS season2の総合順位表などを使用して参加チームを決定するようだ。

【各国の参加枠数】
ヨーロッパ、中東、およびアフリカ:4
北アメリカ:4
中国:4
韓国:4
日本:1
東南アジア:3
チャイニーズタイペイ、香港&マカオ:2
オセアニア:1
ラテンアメリカ:1

※日本からはPJS season2 Phase1/2 Grade1の総合優勝チームが代表チームとして招待される。

大会に参加する24チームは最初に8つのチームと3つのグループに分けられ、3日間のグループステージで予選を実施。

各グループのトップ8チームは自動的にグランドファイナルへ、残りの16チームが再度試合を行い、上位8チームが決勝に進出できる仕組みになっている。

グランドファイナルでは、予選を勝ち抜いた16チームが合計12試合で決着をつける形になるようだ。

今後の世界大会について

2019年後半にも、PJS season3の締めくくりとして世界大会が予定されている。

中国、韓国、東南アジア、中華台北のチーム/香港/マカオ、日本が参加可能なアジアの“PUBG Classic”が企画されており、こちらの続報も近日公開されるとのこと。

画像2

また、“FACEIT Global Summit:PUBG Classic”のトップ3にランクインしたチームの出場地域には、今後開催される“PUBGグローバルチャンピオンシップ”で追加枠も確保されるようだ。

まずは4月16日にイギリス・ロンドンで開催される“FACEIT Global Summit:PUBG Classic”に注目していきたい。

⇒チケットの購入はこちらから

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る