ファミ通AppVS イベントリポート

【PUBG】“V3 FOX”が圧巻の攻撃力で急浮上!“PJS Season2 Phase1 Grade1”Day2リポート

Phase1折り返し地点に突入!

2019年3月2日、PCゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下『PUBG』)のDMM GAMES公式大会“PUBG JAPAN SERIES Season2 Phase1 Grade1”Day2が開催された。

画像1

【タイムシフト視聴】

“PUBG JAPAN SERIES(以下、PJS)”は、PUBG Corp.承認のもと日本における公式リーグとして設立された大会。

“PJS Season1 Grade1”は3日間で12ラウンドが実施され、ラウンド12終了時のランキングに基づき下位4チームがGrade2に降格、Grade2の上位4チームがGrade1に昇格となる。

Day1では、ラウンド5からラウンド8までが実施された。

画像2

【開催日】
2019年3月2日

【試合形式】
全4試合:FPPモード、SQUAD
ラウンド5:Miramar
ラウンド6:Miramar
ラウンド7:Erangel
ラウンド8:Erangel

画像3

【出場チーム】
・V3 FOX
・SunSister Suicider’s
・PENTAGRAM Revive
・Crest Gaming Xanadu
・ISG Albatross
・DetonatioN Gaming White
・DetonatioN Gaming Black
・Team RAYZE
・野良連合Grim Reaper
・Lag Gaming
・SCARZ
・BLUE BEES
・Rascal Jester
・JUPITER NOVA
・USG Blanc
・Lag HighVoltage

Grade1常連勢が意地を見せるか!?

前回、“JUPITER NOVA”のドン勝で幕を開けた“PJS Season2 Phase1 Grade1”。

総合ランキングでは1度もドン勝がないにも関わらず“SunSister Suicider’s”が1位に躍り出た一方、Grade1常連チームが順位に伸び悩むなど波乱の展開が続いている。

Grade2からの昇格組が勢いに乗る中、Grade1常連勢が復調できるのかという点には注目していきたい。

実況はOooDa氏、解説はSHAKA氏が務めた。

画像4
▲左から、実況のOooDa氏、解説はSHAKA氏。

ラウンド5

【ドン勝チーム】
V3 FOX

画像5

“PJS Season1 Phase2”優勝チームの“V3 FOX”が、Day2初戦で大爆発!

中盤にpoly選手が鮮やかなロングスナイプを披露して勢いに乗ると、その後“SunSister Suicider’s”を壊滅に追い込む。

終盤は一時2ダウンを奪われるも、Manju選手が崖上の敵にすばやく反応するスーパーショットを決めて持ち直し、“Crest Gaming Xanadu”との一騎打ちに競り勝ってドン勝をつかんだ。

画像6
▲“Crest Gaming Xanadu”を一掃する“V3 FOX”のManju選手。つねに残りチームからの射線を意識したポジショニングが功を奏した。

試合結果

画像7

“V3 FOX”ドン勝インタビュー

――劇的なドン勝でした! 先ほどのラウンドを振り返っていかがですか?

Manju選手 途中ひとりキルされてしまったんですが、全体的に自分たちの思い通りのムーブができてよかったです。

――終盤に見せたスーパーショットは、どのようにして生まれたプレイだったのでしょうか?

Manju選手 自分が味方を蘇生しようかなと考えているときに、味方がキルログを報告してくれていたので。残り人数を把握できていたからこそのキルでしたね。

ラウンド6

【ドン勝チーム】
USG Blanc

画像8

安全地帯が航路から離れてしまったことで、多数のチームが大移動を迫られた2試合目。

中盤には“V3 FOX”が“SunSister Suicider’s”によって一掃されるが、その“SunSister Suicider’s”も事故によって全滅してしまい、終盤の勢力図は一変する。

結果、早い段階から安全地帯内の家屋を確保していた“USG Blanc”が終盤戦を有利に進め、見事勝利した。

画像9
▲草原に潜む敵チームを囲い込む、“USG Blanc”の選手たち。

試合結果

画像10

“USG Blanc”ドン勝インタビュー

――ドン勝おめでとうございます! 盤石の立ち回りでしたが、振り返っていかがですか?

m4sh_選手 安全地帯の中へ中へというムーブがこれまでうまくできなかったんですが、動き出しが遅かった部分を改善できたのがドン勝にもつながったかなと思います。

――つぎのラウンドへの意気込みをお願いします。

m4sh_選手 つぎもバシバシとキルを取ってドン勝を目指しますので、応援よろしくお願いします!

ラウンド7

【ドン勝チーム】
V3 FOX

画像11

3試合目は、終盤まで“V3 FOX”、“ISG Albatross”、“DetonatioN Gaming White”、“Lag Gaming”の4チームが無傷で生き残る大混戦に。

この内、“V3 FOX”はポジション状況から4チーム中でもっとも不利かに思われたが、poly選手のロングショットで流れをつかんで“ISG Albatross”を撃破する。

これにより、安全地帯の南西側を掌握した“V3 FOX”が一転して有利に立ち、本日2度目のドン勝を手にすることとなった。

画像12
▲Day2通して猛威を振るった、poly選手のMini14。

試合結果

画像13

“V3 FOX”ドン勝インタビュー

――またもドン勝おめでとうございます! Season2から“V3 FOX”に移籍したpoly選手ですが、チームの印象はいかがですか?

poly選手 私はチームの雰囲気を重視しているのですが、“V3 FOX”はすごくまとまりがあって仲の良いチームなので、完全にフィットしていますね。

――逆に、チームの皆さんから見てpoly選手の印象はいかがですか?

Manju選手 彼は役割を理解してしっかり動いてくれるので、すごく助かっています。

SHEVA選手 高いプレイヤースキルを持っていますし、すでにチームにとって必要不可欠な存在ですね。

whitejack選手 ピンチをチャンスに変えてしまうところがすごい(笑)。自分も助かっています。

ラウンド8

【ドン勝チーム】
Crest Gaming Xanadu

画像14

本日の最終ラウンドは、4名生存の“Crest Gaming Xanadu”と3名生存の“SunSister Suicider’s”の全面対決となった。

高所から撃ち下ろす形を作った“SunSister Suicider’s”だったが、“Crest Gaming Xanadu”は遮蔽物が少ない中でスモークを使い広く展開。

“PJS Season1”の総合1位対2位の激戦は、“Crest Gaming Xanadu”に軍配が上がった。

画像15
▲意地と意地のぶつかり合いを制した、“Crest Gaming Xanadu”。

試合結果

画像16

“Crest Gaming Xanadu”ドン勝インタビュー

――Day2ラストでのドン勝おめでとうございます! 先ほどのラウンドを振り返っていかがですか?

Rio01選手 一度安全地帯が大きく離れてしまったのですが、落ち着いたムーブができたんじゃないかなと。

――最終日に向けて、意気込みをお願いします。

Rio01選手 Day3もドン勝を取れるように、がんばりたいと思います!

Day2総合結果

画像17

【Day2モストキル】 Rio01選手ミニインタビュー

画像18
▲本日4戦で合計11キルの活躍を見せた、“Crest Gaming Xanadu”所属のRio01選手。

――モストキルおめでとうございます! とくにラウンド8で大量にキルを獲得していましたが、理由はなんだったのでしょうか?

Rio01選手 山が安全地帯になり、自分たちは安全地帯際になってしまったのですが、そのぶん安全地帯の中に入ろうとする敵をキルできたのがよかったですね。

――ラストでは、あえて高所を捨てて低所から“SunSister Suicider’s”を迎撃していましたが、どんな意図があったのでしょうか?

Rio01選手 高所よりも、遮蔽物が多い地帯を取りにいくことを優先しました。結果として、一旦下山する形になりましたね。

記者の目

“PJS Season2 Phase1”も折り返し地点を過ぎたところで、“V3 FOX”や“Crest Gaming Xanadu”らGrade1の常連チームが相次ぐドン勝により急浮上。

一方、“BLUE BEES”や“JUPITER NOVA”といったGrade2からの刺客も、いまだ上位に食らいつく奮闘を見せている。

総合1位は依然“SunSister Suicider’s”がキープしているのはさすがといったところだが、2位以下とのポイント差はわずかと言っていいだろう。

まだまだ予断を許さない展開が続くGrade1。最終日に巻き起こるであろう激戦を、ぜひ見逃さないようにしたい。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る