ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【鉄プロチャンピオンシップ 日韓戦選手インタビュー】日本選抜チームD ユウ、加齢、ノロマ

2019年3月2日、LFS池袋 esports Arenaにて開催される招待制賞金付き公式大会“鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦”。日本国内某所で行われた同イベントの選手撮影会にて、出場選手たちにインタビューを敢行した。本稿では、日本チームDのユウ、加齢、ノロマの意気込みをお届けする。

ユウ

■ユウ
使用キャラクター:フェン
TWT 2018ランキング:44位

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについてどう思いますか?

ユウ プロライセンス保持者の中で最年長ということもあり、『鉄拳』における日韓戦の歴史はすごく思うところがあります。僕より上の世代から続く因縁なんですけど、現在にいたるまで日本が韓国に快勝したことはないと思うんです。いまの日本のトッププレイヤーは間違いなくプロライセンス選手に凝縮されているし、韓国もこれ以上ない布陣で来るわけですし、これに勝つと歴史的な勝利と言っても過言ではないと思います。そんな世紀の対決が今回の鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦ではないでしょうか。

――『鉄拳』の長い歴史の中でもかなり重要な対決ということですね。

ユウ はい。エキシビション的な雰囲気を出している選手もいますが、これだけのメンツがそろって行う対抗戦であれば実際にはプライドをかけた戦いだと思います。しかも、ルールが3on3をやったあとに勝ち抜き戦を行う形式ですので、1発勝負よりも実力が反映されやすく、より強い方が勝つ仕組みになっていますからね。

――そんなすごい布陣の中で戦いたい相手はいますか?

ユウ すごいメンバーなので、どの選手とも戦いたいですね。CHANEL選手やRangchu選手には戦績が悪く、JeonDDing選手との相性はいいかな。フェンはものすごく強いキャラクターではありませんが、出場選手が使うキャラクターには相性がいいと思うので、わりと誰が来ても自信はあります。

――ユウさんが見てみたい組み合わせはありますか?

ユウ やっぱり毎回おもしろくなるのは、ノビ対JDCR選手。ほかには最近プロライセンスを獲得したチクリン、じょうたろう。が対韓国でどれだけ活躍できるのか注目したいですね。チクリンはよく韓国勢とやっているので、安定した戦いを見せてくれることはわかっていますが、じょうたろう。くんはノクトではなくジャック7ですし、どういう風に戦うか本当に楽しみです。ほかにも、タケ。が一美、AOはアリサ、ノロマはジャック7と、彼らはキャラクター性能があまりよくないほうのキャラクターを選択していて、おそらく自信のある方を選んだのだと思うから、個人的には興味がありますね。

――少し話が変わりまわして、韓国はDimeback、Kkokkoma、Breadman、Ulsanといった若い新世代の選手が台頭しています。逆に日本は昔から強い選手がいまも強いという感じですが、長年『鉄拳』シーンを見てきたユウさんから見て、この現状についてはどういう印象をお持ちですか?

ユウ じょうたろう。やノロマが伸びてきましたが、おっしゃる通り前世代から強いプレイヤーがそのまま活躍していて、若くていきのいい選手がなかなか出てきていないと思います。やっぱり、韓国ではプロゲーマーが若い子たちの憧れの存在になっていますし、プロゲーマーを取り巻く環境も日本より整っています。そういうこともあり、日本のほうがゲームに本気で取り組むという人がなかなか出てこないんじゃないでしょうか。

――ちなみに、ユウさん一押しの若手プレイヤーはいらっしゃいますか?

ユウ じつはプレイヤーの年齢をあまり把握していなくて(笑)。本人には言っていませんが、つぶみの試合はいつも見ていますよ。学生ながら自腹でTWTに参加していたり、すごく気にかけていたし応援しています。

――では最後に、日韓戦への意気込みをお願いします。

ユウ 日本はいまでもチーム戦が盛り上がるし、すごく強いと思うんですよ。だから、我々は個人技ではなく、一体となってチーム力で勝ちたいですね。自分はベテランだから司令塔だなんて思っていません。勝ち抜き戦では、ひとりで3、4人倒してやりますよ。

 

加齢

■加齢
使用キャラクター:一美
TWT 2018ランキング:――

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについてどう思いますか?

加齢 日韓戦を公式の場で実施するのは『タッグ2』以来だと思うんですよ。『鉄拳7』では韓国のほうが絶対的に強いといわれていて、でも最近は日本のプレイヤーもレベルが上がってきているので、「ようやくこのときが来たな」と思っています。僕は韓国勢の『鉄拳』に対する姿勢をリスペクトしているので、そういう意味ではチャレンジャーのつもりでぶつかっていこうと。

――韓国チームの選手でいちばん対戦したい相手はいますか?

加齢 僕はLowHigh選手ですね。いままで6回対戦して3勝3敗。しかも同い年ということもあって、勝手にライバルと思っています。

――シーズン2でレイを使い始め、直近の大会では一美で大活躍していました。実際にいまはどちらがメインなのでしょうか?

加齢 レイですね。圧倒的にレイです。でも、大会の安定感という話になると、レイは苦手キャラが多くてきびしいのですが、レイが苦手なキャラは一美でカバーできるので、結構いい感じになっていますよ。

――なるほど。レイはあまり評価の高くないキャラクターですし、大会で安定を求めるときびしいかとも思うのですがいかがでしょうか?

加齢 自分のキャラ選び自体が、まず第一にキャラクターの強さよりも小技の充実性なんです。レイは小技が強いから自分の戦いかたに合っているんですよね。そういう意味で一美よりレイという感じです。

――レイにするってことはかなりの決断だと思うのですが?

加齢 メッチャやり込みましたからね。でも勝たれへん(笑)。

――加齢さんが日韓対抗戦で見てみたい対決はありますか?

加齢 じょうたろう。対KNEE選手。僕の中でじょうたろう。の評価はすごく高いから、彼がどう戦うのかを見てみたい。彼はしっかり『鉄拳』をやりこんでいて、最近はやり込んで人がしっかり結果を出しているから、そういう意味でもじょうたろう。の活躍が見てみたい。

――話は変わって、2019年はプロとしてどういう活動をしていきたいですか?

加齢 僕としては大阪を盛り上げていきたい。大阪の若い子たちを強くしてあげたいというのがあります。だから大阪のプレイヤーのモチベーションを上げるためにも、大阪にイベントを持ってきてあげたいですね。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

加齢 今回は自分が成長できるいい機会だと思っているのと、日本が弱いと言われていた『7』でようやく強くなってきて、その力を韓国に見せられる機会が来たなと。あとは、自分たちの実力がどのくらいなのかを確認する場になると思っています。

 

ノロマ

■ノロマ
使用キャラクター:ジャック7
TWT 2018ランキング:18位

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについてどう思いますか?

ノロマ 韓国勢を目標にして、向こうのいいところを取り入れてみたりしてきたので、今回の対抗戦はすごくいい機会をいただけたと思っています。

――韓国勢のどういったところがすごいのでしょうか?

ノロマ やっぱり試合中にプレイを変えられるところがすごいなと。TWTだったら2試合先取なんですけど、その中で変えられる力があるのがすごいし、マネしたい部分ですね。

――韓国チームの中で対戦したい選手はいますか?

ノロマ とくにこの人というのはいなくて、誰とでも対戦してみたいですね。

――日本チームのキーマンになる選手は誰だと思いますか?

ノロマ どう考えてもノビさんですね。とにかく強い人ですから、日本のプレイヤーはいつも少なからずノビさんに頼っているところはあると思います。

どう考えてもノビさんじゃないですかね。それはやっぱりキャラクターもだし、人も強いですし。みんな強いですけど、そこに頼っている部分は日本人は少なからずあると思います。

――ノロマ選手が見てみたい組み合わせはありますか?

ノロマ JDCR選手対ノビさんは見たいですね。ドラグノフ対決が見たいというわけではなく、JDCRとノビという“人”の部分ですね。矛と盾みたいに対照的なので、ふたりの対決であればキャラクターは関係ないです。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

ノロマ 最近あまりがんばれていませんが、チームメイトに迷惑をかけないようにがんばりたいと思います。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る