ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【鉄プロチャンピオンシップ 日韓戦選手インタビュー】日本選抜チームC じょうたろう。、ペコス、ノビ

2019年3月2日、LFS池袋 esports Arenaにて開催される招待制賞金付き公式大会“鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦”。日本国内某所で行われた同イベントの選手撮影会にて、出場選手たちにインタビューを敢行した。本稿では、日本チームCのじょうたろう、ペコス、ノビの意気込みをお届けする。

 

じょうたろう

■じょうたろう。
使用キャラクター:ジャック7
TWT 2018ランキング:――

――今回、日本対韓国による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについていかがですか?

じょうたろう。 日本と韓国は『鉄拳』に限らずスポーツなどでもライバルですし、僕の中ではサッカーで言うレアル対バルセロナのようなイメージがあります。だからみんな絶対に見たいコンテンツでしょうし、それが大きい規模での開催というのはすごく楽しみです。

――両チームのメンバーを見ていかがですか?

じょうたろう。 マスターカップで韓国勢チームが出てきますが、それは仲のいい5人が集まったというもので、必ずしも最強チームというわけではないと思っていたんですよ。だから、韓国のトップランカーがそろうというのは新鮮ですし、いままで僕は戦ったことがないので圧がすごいですよね

――じょうたろう。さんは、今回来日する韓国勢とはほとんど対戦経験がない?

じょうたろう。 ほとんど対戦経験がなく、どんな雰囲気になるのかもわからないので、それを肌で感じるのが楽しみです。

――そんな中、とくに対戦してみたい相手はいらっしゃいますか?

じょうたろう。 僕は彼のアーマーキングに憧れていたので、JDCRさんと対戦してみたいです。あとはやっぱりKNEEさん。KNEEさんの動画はかなり見ていて、初見の相手と対戦するときの癖はつかんでいるので初対戦の1発勝負だったら自信があります。逆にいちばん対戦したくないのは、Dimeback選手の飛鳥です。ノクトだったらいいんですけど、今回ジャック7なので難しいかなと。

――対韓国で自信があるのはすごいですね。

じょうたろう。 じつは韓国勢の『鉄拳』はけっこう得意なんですよ。自分が考えている『鉄拳』の考え方に近いというか、「強いというよりうまい」という印象なので、自分は相手が丁寧でうまいほどやりやすいんです。それもあって、KNEEさんと対戦してみたいなと。もし、KNEEさんが出てきてノビさんに「じょうたろう。ここでいける?」と言われたら「いきます」と答える自信があります。

――今回はなぜノクトではなくジャック7を選んだのでしょうか?

じょうたろう。 じつはノビさんに「ジャック7とノクトどっちがいいですか?」と相談したんですよ。そしたら「好きなほうでいい」と言われたんですよ。ノクトはエディに対して有利だから、チームのことを考えてJeonDDing選手を倒すためだけにノクトを使うのもありかなと思ったんです。だけどその代わり勝てない相手も増える。すごく悩んだんですけど、今回は自分の我を通してジャック7でいくことに決めました。キャラクター選択で自分の我を通させてもらったので、僕が出る場面は逆にチームのみんなに任せたいと思っています。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

じょうたろう。 自分は海外選手との対戦経験がなくまったく知らない世界なので、「何人も倒すぞ」みたいには思っていません。そこは大きく言わずになんとかひとりは倒すという気持ちで挑みます。

 

TAK_6501

■ペコス
使用キャラクター:ギース
TWT 2018ランキング:――(最終予選5位)

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについてどう思いますか?

ペコス 韓国選手とはTWTで当たりましたけど、どれも勝ち越してるイメージがなくてきびしい戦いになりそうですね。ただ、自分がライフ獲得戦で当たるJDCR、LowHigh、Rangchuは、そんなに苦手意識がないのでやりやすいほうだと思っています。

――苦手意識のある選手、得意な選手はそれぞれいらっしゃいますか?

ペコス 韓国勢でいちばん苦手なのはSaint選手ですね。でも今回いないのでよかったです(笑)。相性がいいと思ったのはUlsan選手です。シンガポールの大会で当たった時に、ウィナーズとルーザーズで2回当たったんですけど、2回とも勝ててしまったので、勝ち負けだけで言うなら相性はいいんだろうなと。

――ペコスさんが見てみたい組み合わせはありますか?

ペコス JDCR選手対ノロマの対決がまず見たいのと、KNEE選手対チクリンも見たいですね。あとは、自分とDimebackのリベンジマッチ(笑)。

――その組み合わせの見たい理由はなんでしょう?

ペコス JDCR選手対ノロマは、以前ノロマが韓国の大会で優勝したときは、ルーザーズから這い上がってその勢いのままに勝ってしまったと思うんですけど、それがいまはどうなっているのか気になります。KNEE選手対チクリンは、単純にギース使いとして見てみたいです。チクリンのギースはすごく強くて、それをいまのKNEE選手がどう迎え撃つのか。

――ペコスさんはTWTを通じて海外勢の強さを肌で感じたとおっしゃっていましたが、現在の世界情勢はどういう感じになっているのでしょうか?

ペコス EVOJapanで優勝したAsh選手のパキスタンは、未知数なところが多すぎるのでおいておくとして、おそらくいちばん強いのは韓国。そのつぎはもう抜けているところはなくて、いい感じに競い合っている状態かと思います。去年1年戦ってみて、アメリカもヨーロッパもすごく強い選手が増えたという実感があります。

――各地域のレベルアップの要因は、やはり家庭用の登場でしょうか?

ペコス 当然アーケードがない地域にとっては家庭用の登場が大きいですよね。あとは、海外はネット環境が整っていないところも多く、そのせいでオフラインで集まって対戦するのが主流になっていたりするので、濃密な対戦をくり返してる気がします。日本は、自分も含めて戦略を隠したがったり、オフでガチで練習する人も少ないのかなと。

――パキスタンのAshの登場で、さらに鉄拳シーンはグローバルになっていきそうですね。

ペコス Ash周辺のプレイヤーが世界に出てきたらどうなるんだろうというのは、すごくおもしろそう。グローバルになってきて、国別対抗戦なんかやったらそれこそどこが勝つかわからないですよね。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

ペコス 12対12の勝ち抜き戦での僕に期待してほしいです。もう何年前か忘れましたけど、いつぞやのマスターカップで起こした奇跡をもう一度!

 

ノビ

■ノビ
使用キャラクター:ドラグノフ
TWT 2018ランキング:10位(TWT Finals 2018 7位タイ)

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについてどう思いますか?

ノビ 12対12という大規模な戦いは初めてですし、残念ながらSaint選手は来ていませんが、韓国史上最強と言えるメンバーがそろっていると思います。どういう結果になるか楽しみです。

――韓国チームの中で戦いたい相手はいますか?

ノビ 強い人しかいないので全員と戦いたいですが、自分としてはKNEE選手と決着がついてないので、やるならKNEE選手とやりたいです。

――チームのキーマンは誰になると思いますか?

ノビ 対韓国勢ということにおいては僕がいちばん経験値があるとは思いますが、チーム戦なのでキーマンとかないですよ。みんなの力を合わせて勝ちたいと思います。ただ、僕は人に教えるのが得意なので、試合のアドバイスは積極的に送りたいですね。アドバイスを聞いてくれる人はけっこう勝ってくれるので、僕を信じてほしい。

――当日枠では誰が抜けそうですか?

ノビ 1先なのでその日いちばん運がいい奴が勝つと思っています。その運を本戦でもうまく発揮してほしいですね。あと、いっしょに戦う仲間としては、当日予選に出てくれるということ事態がすごくうれしいです。

――大事な試合のまえに、自分を追い込むような練習などはしないのでしょうか?

ノビ じつは、いままでのスタイルではもう大会で勝てないという考えにたどりついたんです。いまの僕は『タッグ2』時代から取り組んできた考え方や経験で成り立っているんですけど、それはもう通用しないから変えていかないといけない。だから最近は、「どうすれば大会で安定して勝てるのか?」をずっと考えていたんですけど、これだというものをちゃんと見つけました。日韓戦も大会と同じ気持ちで挑みます。

――最近、Twitter上で動体視力を鍛えたいとおっしゃっていましたが、そんなに動体視力が悪いんですか?

ノビ マジで見えないですね。僕がガードしたり、“スカ確”や“確定反撃”を決めているのは全部意識の問題。相手の行動が5~6通り頭に入っていて、それに対応しているだけだから、純粋な完全2択の場面はかなりキツイ。僕の唯一の弱点ですよ。でも、先日ツイッターで動体視力を鍛える方法を教えてもらっていろいろ試してるんですけど、フラッシュ暗算みたいなのがすごくよかったです。がんばって克服したいですね。

――それでは最後に、日韓戦への意気込みをお願いします。

ノビ 韓国勢は全員知っているし、戦ったことある人なので、純粋にすごく楽しみです。1対1の勝負というよりもチームとして勝ちたいです。また、日本と韓国がいまどれだけレベルの差があるのか明確になる戦いでもあると思っていて、しっかり結果を出して勝てればいいですし、もし負けてしまったらその結果をしっかり受け止めたうえでTWTに向けて取り組みを変えなければいけない。そういった意味でもいい腕試しの場じゃないかなと。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る