ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【鉄プロチャンピオンシップ 日韓戦選手インタビュー】日本選抜チームB 破壊王、ダブル

2019年3月2日、LFS池袋 esports Arenaにて開催される招待制賞金付き公式大会“鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦”。日本国内某所で行われた同イベントの選手撮影会にて、出場選手たちにインタビューを敢行した。本稿では、日本チームBの破壊王、ダブルの意気込みをお届けする。

破壊王

■破壊王
使用キャラクター:キング
TWT 2018ランキング:――

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについてどう思いますか?

破壊王 僕が知る限り、これだけ大規模な日韓戦は初めてだと思うんです。ですから、もちろん経験したことがありませんし、僕としてはおもしろい企画だなと。ただ、相手のチームメンバーを見ると絶望感がありますよね(笑)。とはいえ日本もプロライセンス選手が集まっていますし、みんな日々練習して実力をつけているはずなので、戦う順番だとかチーム力を駆使していい勝負ができるんじゃないかなとは思っています。

――韓国チームはものすごいメンバーですよね。

破壊王 韓国はラスボスがずっと並んでいるみたいな感じですよ。KNEEさんひとり倒すのにも何人使うんやろうと。KNEEを倒したとしてもまだたくさん強いプレイヤーが残っている……絶望を感じますよ。日本のプレイヤーがすごく弱いというわけではないんですけど、世界で活躍している韓国の選手がそろうとそう感じてしまいます。

――では、その中でとくに対戦してみたいという相手はいますか?

破壊王 いちばん対戦したいのはJDCR選手ですね。じつは1回も対戦したことがないので、どんなものかその実力を実際に味わってみたいです。

――JDCR選手は対戦したくなる魅力を持った選手なんでしょうか?

破壊王 そうですね。『鉄拳6BR』のときによくJDCR選手の動画を見ていたんですよ。アーマーキングがものすごくうまくて。そういった人に、自分がこれまで積み上げてきたものがどれだけ通用するのかを確かめてみたいという好奇心があります。

――破壊王選手が見てみたい組み合わせはありますか?

破壊王 チクリンさん対JDCR選手が見てみたいですね。僕としてはチクリンさんてメチャクチャ強いと思っていて、同じくものすごく強いと思っているJDCRとの対決は絶対おもしろくなるはずです。もし、チクリンさんがJDCR選手が勝つのであれば、どうやって勝つのかを参考にしたいですね。

――日韓戦に備えて特別な練習はしていますか?

破壊王 ひたすらオンラインでいろいろな人と対戦しているのですが、対韓国を詰めるだけの時間を取れていません。一応、空いた時間に韓国選手の動画のチェックはしていますが。

――以前、拳王戦で大敗して鉄拳王に上げてしまったKkokkomaの印象を教えていただけないでしょうか?

破壊王 正直あのときはドラグノフがメチャメチャ嫌いだったんですよ。ノビさんにドラグノフの恐怖を植え付けられていて……。1年半くらいまえでしたけど、当時は何ひとつ通用しませんでした。勝機を見出すことがまったくできず、途中で心が折れてしまっていました。でも、それがあったからドラグノフ戦を見直して、ノビさんとは少しずつ戦えるようになったので、いまKkokkomaのドラグノフとやったらいい勝負ができる自信はあります。

――プロゲーマーは子どもが生まれて強さに磨きがかかる場合がありますが、破壊王さんの場合はいかがでしょうか?

破壊王 子どもが生まれるというときから大会での調子が上がってきましたね。以前は負けたらどうしようと考えて緊張していたのですが、いまはよく集中できる感じで緊張するので、精神的に強くなった気がします。

――日本のキーマンを上げるとしたら誰だと思いますか?

破壊王 やっぱりノビさん。それからノロマ、チクリンさん、ダブルの4人ですね。彼らは世界大会でも当たっているでしょうし、その4人なら韓国の誰が来ても勝つ確率が高いんじゃないかなと思っています。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

破壊王 相手は強豪韓国なので、生半可な努力では勝てないと思っています。僕自身は勝ち星を上げられるかどうかわからない立場ですが、当日まで隙間を見つけてできるだけ練習して、絶対ひとりは倒して0勝で終わりたくないです。

 

ダブル

■ダブル
使用キャラクター:ロウ
TWT 2018ランキング:――(最終予選2位)

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについてどう思いますか?

ダブル 韓国勢のメンツを見てしまうと、正直日本勢はきついなというイメージですが、「俺ひとりで全員倒してやるわい」という気持ちで挑むつもりです。

――対戦したいっていう人はいますか?

ダブル まだ対戦したことがないJDCR、JeonDDing、Qudansの3選手ですかね。韓国勢は間合いの管理が本当に独特で、こちらの得意な間合いに入らせてもらえないので、それを実際に味わってみたいですね。短期戦ならいけるんじゃないかなという気持ちはあります。

――見てみたい組み合わせはありますか?

ダブル ノビさん対JDCR選手ですね。いまのJDCRがどういう感じなのかが気になります。

――対韓国の特別な練習はしていますか?

ダブル 特別な練習はしていませんが、とにかく数をやるようにはしています。相手の雰囲気に飲まれたり、間合い管理でついていけないことがないように、できる限り『鉄拳』をプレイするようにしています。

――試合で気持ちよく動けるように数をこなしておくということですか?

ダブル 自分の得意な近~中距離で戦うことができれば勝機はあると思っているので、その間合いを維持して戦えるようにですね。

――韓国戦でゾーン(極めて集中した状態)に入れますか? それとも緊張が勝ってしまう?

ダブル 集中はできると思います。ただ、動画で見るのと実際に対戦するのはまったく違うので、もしも自分の想像している強さを超えていた場合は、ひよって何もできなくなってしまうかもしれません。少し自信のないコメントですが、可能性としてはあると思います。

――TWT Finals 2018の最終予選でもあと一歩のところで逆転負けを喫してしまいました。やはりメンタル面に不安を持っているのでしょうか?

ダブル じつはウィナーズで勝ち上がっていっても、あまり自分に自信を持てない場面が多くて、その心の弱さでやられてしまったという思いがあります。強い人は自信があるものだと思っていて、だから僕はまだまだメンタルは2流、3流。それで最近はメンタル強化の参考に、メンタリストDaiGoの本を読んでいます。

――それはプロになったことが大きいの?

ダブル せっかくプロライセンスを持っているし、趣味の範囲でやるわけにはいかんなという心構えを持ってからは結果も少しずつ上がってきた気がします。UYUに入りたてで、こういう活動をしていこうというのがまだ定まっていませんが、まずは自分の個性を出して人に応援されるような人になろうと思っています。そのために、『鉄拳』こういう風にしていきたいという目標があって、そこへ向かうストーリーだとかプロとしての行動が伴ってくれば、応援してもらえるのかなと。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

ダブル とりあえず僕が12人抜きして、「ダブルやっぱりイカちくね?」みたいな言わしたいです。「こいつやっぱイカちいな」みたいな(笑)。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る