ファミ通AppVS イベントリポート

【ハースストーン】ドラゴン年・スペシャルインタビュー シングルプレイヤーモードは1年を通して3つの拡張版で物語を発展させていく

現地時間2019年2月25日~26日に、アメリカ・カリフォルニア州アーバインにて、Blizzard Entertainmentよりサービス中のオンラインカードゲーム『ハースストーン』の新拡張版サミットが開催。

新拡張版サミットのプレゼンテーションで登壇していた、クリエイティブディレクターのベン・トンプソン氏、リードゲームデザイナーのマイク・デネイ氏に、『ハースストーン』ドラゴン年の気になる点を直撃した。

A_R

新拡張版サミットで発表された内容についてはこちら▼

01_R
ベン・トンプソン氏(写真左、文中はベン)
Blizzard Entertainmentでは長く『ハースストーン』チームに席を置き、現在10年目。リードディレクターを経て、現在ではクリエイティブディレクターを務める。
マイク・デネイ氏(写真右、文中はマイク)
リードゲームデザイナー。約20年ものあいだ、多くのカードゲーム開発に携わる。『ハースストーン』チームに加わったのは約5年前。

――もうじき終わりを迎えるワタリガラス年ですが、どういった年になりましたか?

ベン ダークな雰囲気を持つ『妖の森ウィッチウッド』、爆発やサイエンスをテーマとし、賑やかな雰囲気が個人的にも気に入っている『博士のメカメカ大作戦』、念願だったトロルたちの活躍を描けた『天下一ヴドゥ祭』など、それぞれのストーリー性が際立っていた印象が強いです。

また、ドラゴン年で導入される拡張版では、ダンジョン攻略をベースにしており、ワタリガラス年までの素晴らしい産物を使ってさらに新しいものを作りあげています。そういった意味では、ワタリガラス年は学びの場、学びの年でもあったと言えますね。

――ドラゴン年はどういった環境になると思いますか?

マイク かなり大きな変化が生まれると思います。ドラゴン年になると、デスナイトを始めとしたパワフルなカードがスタンダード環境からいなくなります。もちろん、『ドゥームガード』、『自然への回帰』などのクラシックカードの殿堂入りの影響も大きいでしょう。いままで使われていなかった多くのカードが使われると思いますし、まったく予想がつかないエキサイティングな環境になりそうです。

――クラシックカードを調整、殿堂入りさせることは、長期間環境から離れていたプレイヤーが復帰した際の障害になりかねませんが、この問題についてはどういった対応をする予定ですか?

マイク クラシックカードの調整をする際は、各クラスのアイデンティティを重視しています。今回の『自然への回帰』を例にすると、確定のミニオン除去手段があるというのは、ドルイドというクラスにはマッチしていないということが、殿堂入りさせる決め手になっています。

現在の環境では、デッキに占めるクラシックカードの割合の平均は40~45%程度です。クラシックカードへの調整は、その割合を20%ほどに抑えたいという目的もあります

――では、新たなクラシックカードの導入の予定は?

ベン いまはあまり使われていませんが、これまでにもクラシックカードを追加ことはありますし、今後も新しいクラシックカードを導入する予定はあります。

――また、2年の経過を待たず、『月を食らうものバク』や『ゲン・グレイメイン』が殿堂入りになるという発表には驚きました。今後も、1年で殿堂入りになるカードが出てくる、ということでしょうか?

マイク いえ、今回はかなり特殊なパターンで、拡張版は2年間使われるというスタンダード環境に変更はありません。2018年で多くの偶数、奇数デッキが活躍したことを受け、ドラゴン年での新鮮なプレイフィールを確保したかった、ということで「月を食らうものバク」や「ゲン・グレイメイン」を殿堂入りさせることにしました。

baku-the-mooneater
genn-greymane

――殿堂入りカード発表の祭、メディア席からも歓声があがる場面もありました。

ベン ドラゴン年に変わり、殿堂入りだけでなく、いろいろな変化がとりいれられるということでエキサイトしてらっしゃったんじゃないかなと思います。

今回の措置は本当に特別なもので、チームとしてはこういった変更を前提に開発をしている、ということはありません。コミュニティの声にも耳を傾けつつ、多くのプレイヤーが満足できるように努めています。

03_R

――今後も、「月を食らうものバク」や「ゲン・グレイメイン」のようなパワフルなカードが導入されることはありますか?

マイク メタにインパクトがある、というのが『ハースストーン』の特徴でもあるので、またパワフルなカードが導入される可能性はあります。プレイヤーのことを第一に考え、今後もどういったメタが構築されていくかを注視し、判断していきます。

――奇数デッキ、偶数デッキ※に関わる形で調整が入れられたカードについて、殿堂入り後に性能をもとに戻すような措置は考えていますか?

※「月を食らうものバク」、「ゲン・グレイメイン」を中心としたデッキのこと。「月を食らうものバク」なら奇数マナのカード、「ゲン・グレイメイン」なら偶数マナのカードのみでデッキを構築すると、ヒーローパワーが変化した。

マイク 殿堂入りを決める前には、そういったことを考えたこともありました。しかし、ほとんどのカードは、デッキのタイプに関係なく調整を行っているので、もとに戻すことはありません。

――では、デッキ自動完成ツールとはどういったものですか?

マイク 現在も導入されている、デッキ作成補助機能を発展させたものです。ランク5以上の高い技量を持つプレイヤーの使うデッキを参考に、毎日内容を更新していきます。

この機能は、ドラゴン年スタートの約1ヵ月前から導入される予定なので、つぎの拡張版が実装されるころには機能は安定しているはずです。当然、カードが追加されてからの数日は、多くのプレイヤーがデッキを模索するのでデータが不安定になりますが、毎日の更新ですぐに有効なデッキが導き出せるようになると思います。

――毎日更新されるというのは驚きです。

マイク 毎日ですね。ちなみに、カード裏面デザインのランダマイザーもデッキ自動完成ツールと同じタイミングで導入される予定になっています。

――今回公開になったシングルプレイヤーモードは、ひとつの物語が1年間続いていくということですか?

ベン そうです。3つの拡張版で物語を発展させていき、365日遊んでいただけるようなコンテンツにしていく予定です。

1年を通し、カードの追加とシングルプレイヤーモードで大きな物語を追っていく、ストーリードリブンの展開が続くことになります。また、3部作それぞれで独立したユニークなストーリーでありつつも、通して見たときに新たな発見がある、というサプライズ満点の内容に仕上げたいです。サプライズというのは、『ハースストーン』の原点でもありますから。

――シングルプレイヤーモードでは、「ボス戦がないステージがある」とおっしゃっていましたが、これはどういったものですか?

マイク ボスに3回勝利すると、デッキを調整できるステージに行けるので、自身のデッキのカスタマイズができます。一度ピックしたものをずっと使い続けるのではなく、カスタマイズの余地があるというのは、実際にプレイしてみるとかなりおもしろいですよ。

02_R

ベン 私はレジェンドランクに行けるようなプレイヤーではなく、そもそも自分のピックに自信はないんですが、プレイしていると「もっといいデッキにできたかも」と思うことが多かったんです。ステージでデッキを再構築し、スマートな選択ができたときはかなり気持ちよかったですね。この機能は、プレイヤーとしてとくに気に入っている部分です。

――ほかにも、今回の拡張で多くの要素が追加されますが、とくに気に入っている部分や注目してほしい部分はどこですか?

ベン 具体的な内容はまだ言えませんが、つぎの拡張版からスタートしていくストーリーですね。私が子供のころからもっていた、憧れのようなものを盛り込むことができたので、うれしく思っています。

マイク 私は、前述のデッキカスタマイズ機能の進捗状況のトラッキング機能など、たくさんの新要素が盛り込まれたシングルプレイヤーモードはとくに気に入っていますね。

――『Heroes of the Storm』のesports撤退やアクティビジョン・ブリザードのレイオフのニュースなどもありましたが、『ハースストーン』の開発への影響はありましたか?

ベン 懸念されているファンの方もいるかもしれませんが、『Heroes of the Storm』と『ハースストーン』は違うものですので、本作にはまったく影響はありません。esportsとしても今年は大幅なルールの見直しも行いましたし、『ハースストーン』というゲーム自体も、遊ぶだけでなく観戦も楽めるものにしようと努力しています。それが、全体にいい影響を及ぼすんじゃないかと思っています。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る