ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【鉄プロチャンピオンシップ 日韓戦選手インタビュー】韓国チームD Mulgold、Dimeback、JeonDDing

2019年3月2日、LFS池袋 esports Arenaにて開催される招待制賞金付き公式大会“鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦”。日本国内某所で行われた同イベントの選手撮影会にて、出場選手たちにインタビューを敢行した。本稿では、韓国チームDのJeonDDingの意気込みをお届けする。
※MulgoldとDimebackはスケジュールの都合で撮影会を欠席。

jondein

■JeonDDing
使用キャラクター:エディ
TWT 2018ランキング:2位(TWT Finals 5位タイ)

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについてどう思いますか?

JeonDDing 招待されて大会に参加するのは初めてです。こんなに多くのトッププレイヤーを集めて、イベントが開催されるのが素直にうれしいですね。また、今年のTWTが開催される前に、こういったイベントが開催されるおかげで、『鉄拳』に注目が集まると思うとワクワクします。

――日本チームの選手で対戦したい人はいますか?

JeonDDing この前まではずっとタケ選手とやってみたいと答えてきました。ですが、TWTを終えて対戦をふり返ってみると、自分はノロマ選手にいちばん負けていることに気づいたんです。ですので、ぜひノロマ選手と戦ってみたいです。

――JeonDDing選手はすごいマッチョですよね。身体を鍛えているのは、『鉄拳』のためですか?

JeonDDing とくに深い関係性はありません(笑)。以前の職業が身体を使った仕事だったこともあり、いまとなっては習慣となっているんです。運動をしていないと身体がなまってしまうとか、1日が上手くいかないような。そういう意味では、『鉄拳』に活きる部分はあるかもしれません。

――実際にその運動が『鉄拳』に活きたと実感していることはありますか?

JeonDDing トーナメントイベントでは、10時間くらい待機したり、長時間練習することもあるので、体力があったほうが有利だと思いますね。ちなみに、海外遠征のときでも、ジムに行ったりしていますよ。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

JeonDDing 韓国もそうですし、日本もそうだと思うのですが、日韓戦ということだけでも『鉄拳』に興味がある方、ない方、両方にすごく興味を沸かせるようなイベントだと思っています。目標は、もちろん韓国チームの勝利です。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る