ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【鉄プロチャンピオンシップ 日韓戦選手インタビュー】韓国チームC JDCR、Rangchu、LowHigh

2019年3月2日、LFS池袋 esports Arenaにて開催される招待制賞金付き公式大会“鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦”。日本国内某所で行われた同イベントの選手撮影会にて、出場選手たちにインタビューを敢行した。本稿では、韓国チームCのJDCR、Rangchu、LowHighの意気込みをお届けする。

 

JDCR

■JDCR
使用キャラクター:アーマーキング
TWT 2018ランキング:6位(TWT Finals 13位タイ)

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについて、どう思いますか?

JDCR 日韓戦が公式イベントとして開かれることに、意味があると思っています。過去の『鉄拳』シリーズでも日韓戦はあったのですが、そのときの日韓戦は“国家VS国家”の競争的な感じが強くて、バチバチの関係だったんですよ。最近はTWTなどのイベントで日本のプレイヤーと対戦することはありますが、日本と韓国の交流戦みたいなものがないですよね。勝負という意味より、交流を深めようという気持ちが伝わってきて、個人的にはそこが嬉しかったです。

――日本チームの選手で対戦したい人はいますか?

JDCR 自分がいちばんよくプレイしているキャラクターが平八やドラグノフですので、以前まではノビ選手と戦ってみたいと思っていました。ただ、最近ノビ選手がスティーブに浮気していると聞いたので、いまは対戦したいとは思いません(笑)。

――JDCR選手はもともと平八がメインキャラクターで、去年はドラグノフに切り換えて1年間やってきて、過去に使っていたアーマーキングも追加されました。今年のメインキャラクターは決めていますか?

JDCR 現時点ではその3人以外は練習していません。また、とくに惹かれるキャラクターがないこともありますが、その3人以外だと僕は深いプレイができないと思っています。ただ、僕が使うアーマーキングを見たいという声も多く聞きますし……どれを使うのかは、今後次第ですね。

――今回のアーマーキングの手応えはどうですか?

JDCR 最初に登場したときは「これはいけるな、強いな」と思っていましたが、実際プレイしてみるとそこまで強いとは思いませんでした。ただ、すごい欠陥があるキャラクターでもないと考えています。やはり登場したばかりの新キャラクターなので、まだまだ研究する余地はあると思います。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

JDCR 今回の日韓戦は、以前TWTの上位ランキングの選手が集まって参加するイベントとなり、お互いの実力を確認できるきっかけとなると思います。今年のTWTにも影響があるほど、TWT前の重要なイベントなんじゃないでしょうか。

 

rancyu

■Rangchu
使用キャラクター:パンダ
TWT 2018ランキング:13位(TWT Finals 優勝)

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについて、どう思いますか?

Rangchu 世界でいちばん強い『鉄拳』を魅せるとなったら、結果的に韓国と日本が戦うことになりますよね。だって、いちばん強いふたつの国が戦うわけですから。非常に注目度の高いイベントなので、ぜひ勝ちたいです。交流的な目的よりも、プライド的には日本に勝ちに行きたいです。

――選手からは交流を楽しみたいという答えもありました。

Rangchu 嘘だと思います(笑)。みんなプライドが高いので、内心は勝つ気マンマンでしょう。

――韓国チームの勝率はどれくらいだと思っていますか?

Rangchu 正直に言うと、70~80%ぐらいで勝てると思っています。これは僕が調子に乗っているわけではなく、あくまで客観的に見た結果です。ワンチャン負ける可能性もあるのですが、これだけのメンツがいれば大丈夫じゃないかと。もちろん、油断はしません。

――日本チームのどの選手と対戦したいですか?

Rangchu 対戦自体は全員とやったことがあるので、対戦したいと思っている相手はとくにいないです。ただ、大会ではノロマ選手に負け越しているので、彼には勝ちたいですね。個人的にはライバルだと思っています。

――Rangchu選手が見てみたい、対戦の組み合わせはありますか?

Rangchu JDCR選手対チクリン選手が見てみたいです。最近、チクリンがすごく強くなっていて、活躍もすごいです。そんな中、JDCR選手はギース戦が苦手なこともあり、いい試合になるんじゃないかなと思いますし、ふたりの対戦はおそらくこれまでないんじゃないですか。しかも海外では、チクリン選手のことを認めている人ってまだ少ないんです。だからこそ、そこでチクリン選手が勝って、ぜひ世界にチクリン選手の存在感をアピールしてほしいです。……敵チームですけど(笑)。

――日本選手の中で誰がいちばん強いかという話になったときに、どの選手の名前が上がるのでしょうか?

Rangchu 長期戦と短期戦は全然違っていて、2~3本先取の短期戦なら、ノロマ選手やノビ選手がいちばん強く、長期戦になるとチクリン選手がいちばん強いと思います。

――今回はパンダで参戦しますが、クマ/パンダを使っている理由は?

Rangchu もともと横移動や“山ステ”(『鉄拳』の移動テクニックのひとつ)が得意ではなくて。クマ/パンダは身体が大きく、横移動が弱いからほとんど使わないですよね。もちろん使ったほうがいいのは分かりますが、昔から身体の大きいキャラクターを選んだり、横移動がさほど要らないクロエを使ってきました。もちろん横移動が強い、一美もメインキャラとして使ったことがあるんですけど、個人的にはあんまり楽しくなくて。楽しくなければ、そのキャラクターは触りません。

――そういった思い切りの良さが、“TWT Finals”での優勝につながったのでしょうか。

Rangchu そうかもしれませんね。クマ/パンダのデビル仁戦(Qundans)ってめちゃくちゃキツいですよ。ほかのキャラクターでやろうとも思いましたが、いまさらほかのキャラクターで頑張っても、10年近くそういうスタイルでやってきたから、Qundans選手に勝てるわけないと思って。だったらもう、クマ/パンダで死のうと思いました(笑)。

――世界大会優勝直後は実感がないと仰っていましたが、現在は優勝した実感はありますか?

Rangchu 実感がなかったというのも、僕はそもそもTWTにガチで挑んでいたわけじゃなかったんですよ。去年たまたま4月の大会に出たら成績が良くて、そこから1回だけ大会に遠征したら、それもたまたま成績が良くて。これでやめるのはもったいない、ということで始まったTWTなんです。だから、本当に優勝狙いではありませんでした。ただ、自腹で遠征していたらどうでもよかったのですが、じつはチームには属していませんが、とある会社から遠征費を支援してもらっていたんです。そうなると、責任が出てくるじゃないですか。そこが勝利の要因のひとつだったと思っています。

――今年のTWTはどうですか?

Rangchu 正直スポンサード次第ですので、まだ分かりません。僕は本業の仕事もありますし、いい条件じゃないと、ここで辞めようかなという気持ちもあります。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

Rangchu 去年の“MASTER CUP”では残念ながら優勝を逃したので、個人的にはリベンジしたい気持ちです。また、僕は日本語が話せるので、韓国勢と日本勢の懸け橋になれるんじゃないかと思っています。そういう意味でも、日韓戦は自分にとってはいいタイミングです。ぜひ皆さんに、注目してもらえるよう頑張ります。

 

lowhigh

■LowHigh
使用キャラクター:シャヒーン
TWT 2018ランキング:8位(TWT Finals 9位タイ)

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについて、どう思いますか?

LowHigh ずっと以前から、今回のような日韓戦イベントがあったらいいなと思っていました。2017年から『鉄拳』の海外大会が増えてきて、いよいよ僕も日韓戦に参加できることになり嬉しい限りです。韓国チームの優勝を目指します。

――日韓戦を望んでいたのはなぜですか?

LowHigh うーん、大会のバリエーションのひとつとして、あったら嬉しいなと。日本だから、というより『鉄拳』の大会が多くなればなるほど、僕は嬉しいです。

――日本チームの選手で対戦したい選手はいらっしゃいますか?

LowHigh ノロマ選手と戦ってみたいです。ノロマ選手とは普段から仲が良くて、いっしょに遊んだり対戦したりもするんです。だからこそ、ほかの大会ではあまり戦いたくないですよ(笑)。今回は日韓戦という形式ですので、ぜひ戦ってみたいです。

――昨年は“EVO 2018”で優勝されて、韓国を代表する有名選手になったと思います。強豪選手のひとりとして見られ、プレッシャーなどは感じていますか?

LowHigh 優勝したときはとても信じられなくて、いろいろな方から「おめでとう!」と言って貰えました。もちろん応援には感謝しているのですが、そのぶん僕への期待も高いので、負けたらどうしようと、プレッシャーは感じていますね。

――LowHigh選手は今回シャヒーンで出場しますが、以前からスティーブやロウも使用していますよね。

LowHigh なんというか、プロ的な立場でメインはシャヒーンと言ってはいるんですけども、じつはあんまり使いたくないんですよ(苦笑)。ただ、シャヒーンを使うと皆さんすごく喜んでくださるので、シャヒーンを選んでいるんです。自分自身で、心からメインだと思っているキャラクターは考え中です。ちなみに、シャヒーンの練習はほとんどしていません!(笑)

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

LowHigh 大会ではありますが、エンターテインメント的なイベントでもあります。勝利への執着よりは、チームのひとりとして、観客の皆さんとに楽しく戦いたいですね。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る