ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【鉄プロチャンピオンシップ 選手インタビュー】韓国選抜チームA Qudans、Breadman、Kkokkoma

2019年3月2日、LFS池袋 esports Arenaにて開催される招待制賞金付き公式大会“鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦”。日本国内某所で行われた同イベントの選手撮影会にて、出場選手たちにインタビューを敢行した。本稿では、韓国チームAのQudans、Breadman、Kkokkomaの意気込みをお届けする。

クダンス

■Qudans
所属チーム:UYU
おもな使用キャラクター:デビル仁
TWT 2018ランキング:3位(TWT Finals2018 準優勝)

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大規模な対決が実現したことについてどう思いますか?

Qudans 2018年は、格闘技イベント“RIZIN”にて、3対3のチーム戦が行われましたよね。今回は、さらに12対12と、より大規模な大会となりました。“RIZIN”も白熱の試合となりましたが、今回はさらに観客の皆さんに楽しんで貰えるんじゃないでしょうか。僕個人としても、素晴らしい戦いができるように頑張ります。

――対する日本チームの選手で、いちばん対戦したい選手は誰ですか?

Qudans 加齢選手ですね。過去の対戦でも、大阪のプレイヤーたちは『鉄拳5』のときから強い人が多かった印象がありましたので。

――鉄拳ワールドツアーでは2017年に優勝し、2018年は準優勝と、優秀な成績を収めていますよね。しかも、使用キャラクターはデビル仁のみ。このような好成績を出すために、意識していることはありますか?

Qudans デビル仁をもう、かれこれ15年ぐらいは使っています。しかし長いあいだ使い込めば、僕がデビル仁を使ってくることも分かっていますし、当然対策も相手は調べてくるわけです。それに合わせて、これまでとは異なるタイミングで仕掛けたり、立ち回りに変化を付けるなどという工夫をしています。

――“TWT TOKYO MASTERS”では、KNEEがデビル仁対策にリリをぶつけてきて、6連勝を許してしまうということもありました。ですが、TWT FinalsではKNEEのリリに勝利し、リベンジしていましたよね。深い対策などは考えていましたか?

Qudans 以前から、リリがデビル仁に有利なことは分かっていました。ですが、“TWT TOKYO MASTERS”では、対策を考えていないうちから、いきなりリリと戦ってみることになってしまい、正直うろたえましたね。そこからリリを相手にする練習を続けていたことが、リベンジできた要因だと思っています。

――韓国チームで、自分はどのくらいの強さだと思いますか?

Qudans いちばん下です(笑)。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

Qudans 国境を越えて、このようなイベントマッチに参加できることが光栄です。それに実力で応えるために、努力していきます。

 

bredman

■Breadman
使用キャラクター:クラウディオ
TWT 2018ランキング:46位(TWT Korea Masters 2018 4位)

――最初にお名前についてですが、日本のプレイヤーのあいだで“ブレッドマン”なのか、“ブレードマン”なのか、という議論がありまして。ぜひ正しい発音を教えてください。

Breadman あぁ、“ブレッドマン”ですよ。ぶっちゃけ、どっちでもいいんですけど(笑)。

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大人数での対決が実現したことについて、どう思いますか?

Breadman 『鉄拳』を始めてから、自分もこのような大きな大会に出たいと思っていました。それがようやく実現したので、とてもうれしいです。

――日本の選手たちと戦うことについてはいかがですか?

Breadman まさか、自分が『鉄拳』を始めたときから知っているような選手たちと、イベントで対戦することになるとは。いまから対戦できるのが楽しみです。

――ちなみに、『鉄拳』はいつごろから始められたのですか?

Breadman 『鉄拳タッグトーナメント2』からです。

――『鉄拳タッグトーナメント2』からスタートということは、そこそこ最近からのプレイヤーということですよね。その強さの秘訣を教えてください。

Breadman 自分のまわりには強いプレイヤーが多かったんですよ。たとえば、LowHigh選手やCHANEL選手にもよく教えてもらっていました。(兵役で)軍隊に居たときも、かなり『鉄拳』の勉強と練習をしましたよ。

――日本の選手で、とくに対戦したい選手はいますか?

Breadman いちばん戦ってみたい選手はAO選手です。日本チームのメンバーの中で、僕はAO選手をよく知っているんですよ。help me選手とのお付き合いもありますし、『鉄拳タッグトーナメント2』のときには韓国の大会に参加しているのも見たことがあって、それで興味があったんです。当時は足元にも及ばなかったので、僕に戦う資格はないと思っていました。ですが、僕も強くなったので、いまでは戦ってみたい。AO選手の強さを超えたいと思うようになったんです。

――Breadman選手が日本で有名になったきっかけは、“TWT Korea Masters 2018”プールや、ウィナーズファイナルでノビ選手を倒したときだったと思うのですが、そのときはどういった気持ちで挑んでいたのでしょうか?

Breadman 僕それまでは国内大会のみに参加していて、大きな大会に参加したことがありませんでした。しかも、TWTも初出場でしたし、僕の試合が配信に乗るのも初めてで、すごく緊張していました。ですが、逆転して勝ったときは、そのときはもう優勝したような気分でしたね。

――今回のイベントではクラウディオでの参加ですが、シーズン2でもクラウディオをメインで使用されるのでしょうか?

Breadman いまでもクラウディオはメインです。ですが、今後はキャラクターセレクトの幅は広げていきたいなと考えています。TWTだけではなく、国内大会を含めて、クラウディオでは勝てないキャラクターを意識しています。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

Breadman 12対12ですからね。最低でもひとりは絶対倒す!

 

kokkoma

■Kkokkoma
使用キャラクター:一美
TWT 2018ランキング:5位(TWT Finals2018 13位タイ)

――今回、日本勢VS韓国勢による12人VS12人と、大人数での日韓対決が実現したことについて、どう思いますか?

Kkokkoma このようなイベントが成立したのが、とても不思議です(笑)。だって、こんな大規模のチーム戦なんて滅多にないですよ。しかも日韓対抗ですからね。

――TWTは個人戦ですが、チーム戦についてはどう思いますか?

Kkokkoma チーム戦ほど、おもしろいものはありません。親しみのある韓国のプレイヤーたちとチームを組み、そして良きライバルである日本のプレイヤーたちと戦うのが、今からとても楽しみです。

――日本チームの選手で対戦したい選手はいらっしゃいますか?

Kkokkoma 以前、オーストラリアで戦ったノビ選手と「つぎはドラグノフ対ドラグノフで戦ってみよう」と約束したんですよ。だからノビ選手と戦いたいです。……ただ、今回僕は一美で出てしまうので、ドラグノフ対決はつぎの機会ですね(苦笑)。

――去年のTWTでは、スポンサードされていないのにTWTに精力的に参加して、しかも上位成績を残しました。その努力の源を教えてください。

Kkokkoma 正直、金銭面は苦労しました。『鉄拳』に、すごくお金を費やしました。それとは別に、やりたいことをとことんやってみようという感情や、Qudans選手といっしょに練習し続けて、戦略の工夫に幅が生まれたりと、自分のプレイ環境が整ってきたんですね。だからこそ、『鉄拳』を続けられるし、TWTにも参加したいと思えるんだと思います。でも、次回はどうなのかな……(苦笑)。

――Qudans選手とはどのような練習を?

Kkokkoma 秘密です!

――Kkokkoma選手は一美だけでなく、ドラグノフなどさまざまなキャラクターを使いますが、その理由は?

Kkokkoma 理由のひとつとしては、キャラクターの相性です。でも、本当はどんな状況でも自分が対処できる、対応できるようなキャラクターを選ぶのが重要だと思っています。また、以前はAランクの強さでSランクのキャラクターに対抗するのは難しかったのですが、いまはゲームバランスがそこそこ整っていて、AランクでもSランクに勝てるゲームになっていると思います。

――最後に日韓戦への意気込みをお願いします。

Kkokkoma 最善を尽くして、チームの勝利に貢献したいです。ふだん通りのパフォーマンスを発揮できるようにやっていきます。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る