ファミ通AppVS イベントリポート

【PUBG】“JUPITER NOVA”ドン勝からの開幕!“PJS Season2 Phase1 Grade1”Day1リポート

ついにGrade1が開幕!

2019年2月23日、PCゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下『PUBG』)のDMM GAMES公式大会“PUBG JAPAN SERIES Season2 Phase1 Grade1”Day1が開催された。

画像1

【タイムシフト視聴】

“PUBG JAPAN SERIES(以下、PJS)”は、PUBG Corp.承認のもと日本における公式リーグとして設立された大会。

“PJS Season1 Grade1”は3日間で12ラウンドが実施され、ラウンド12終了時のランキングに基づき下位4チームがGrade2に降格、Grade2の上位4チームがGrade1に昇格となる。

Day1では、ラウンド1からラウンド4までが実施された。

画像2

【開催日】
2019年2月23日

【試合形式】
全4試合:FPPモード、SQUAD
ラウンド1:Miramar
ラウンド2:Miramar
ラウンド3:Erangel
ラウンド4:Erangel

画像3

【出場チーム】
・V3 FOX
・SunSister Suicider’s
・PENTAGRAM Revive
・Crest Gaming Xanadu
・ISG Albatross
・DetonatioN Gaming White
・DetonatioN Gaming Black
・Team RAYZE
・野良連合Grim Reaper
・Lag Gaming
・SCARZ
・BLUE BEES
・Rascal Jester
・JUPITER NOVA
・USG Blanc
・High Voltage

さっそく大波乱の連続!

PaR、Grade2に続き、いよいよGrade1の戦いも開幕した。

前週にはSunSister Suicider’sが“Predator League 2019”で5位にランクインするなど、PJS以外での活躍を見せるチームも参加するGrade1。

前回からルールの変わったSeason2での彼らの活躍に注目していきたい。

実況はOooDa氏、解説はSHAKA氏が務めた。

画像4
▲左から、実況のOooDa氏、解説はSHAKA氏。

ラウンド1

【ドン勝チーム】
JUPITER NOVA

画像5

Grade1最初の試合は、Grade2から昇格してきた“JUPITER NOVA”がドン勝を勝ち取った。

これまでの試合でも上位に残っている“SunSister Suicider’s”や“野良連合Grim Reaper”が激突することを読み、的確に動いたのが功を奏した形だ。

有利に立てるポジションを的確に読み取り、残っていた“Team RAYZE”を全滅させる見事な立ち回りだった。

画像6
▲高低差のあるマップでゆっくりと敵を追い詰めた“JUPITER NOVA”。

試合結果

画像7

“JUPITER NOVA”ドン勝インタビュー

――初戦でのドン勝おめでとうございます! さっそくですが、つぎのラウンドへの意気込みをお願いします。

Yakou選手 ふだん通り、練習通りの動きができればラウンド2でもドン勝が取れると思うので、気を引き締めていきます。

Middleee選手 つぎも同じマップなので、安全地帯に左右されないようにいつも通りの動きを心がけたいですね。

Hydrich選手 ドン勝できたことで気を緩めずに、2戦目もドン勝を狙っていきます。

Kairos4G選手 一度ドン勝を取れてリラックスもできたので、つぎも高順位を狙って頑張りたいです。

ラウンド2

【ドン勝チーム】
BLUE BEES

画像8

ラウンド2は、パルスの収縮がどのチームにとっても厳しい位置に決まることが多い試合だった。

途中で多くのチームが大幅な移動を余儀なくされ、さらに最後は遮蔽物のほぼない位置での決戦に。

ラストは“SunSister Suicider’s”と“ISG Albatross”が激突し、まずは“SunSister Suicider’s”が全滅。

その後、“ISG Albatross”と“BLUE BEES”が2対2で睨み合い、お互いの位置を探り合いながら戦うことになった。

パルスの収縮が迫る中、最後の撃ち合いでは“BLUE BEES”が勝利。

画像9
▲互いに相手の位置が把握できない中、ゆっくりと展開する最終局面には緊張感が走った。

試合結果

画像10

“BLUE BEES”ドン勝インタビュー

――ドン勝おめでとうございます! ラウンド3への意気込みをお聞かせください。

Liavely選手 つぎのラウンドもドン勝を取れるように、落ち着いて動いていきたいです。

kr10選手 Miramarではドン勝が取れたので、Erangelでもドン勝を取れるように頑張りたいです。

sssat0選手 欲張って撃ちすぎないように気をつけて、落ち着いたムーブをしていきたいですね。

Brazilian選手 自分の役職というものを理解し、声かけをしながら4人生存で勝てるようにします。

ラウンド3

【ドン勝チーム】
DetonatioN Gaming White

画像11

この試合では、ここまで2連続で3位になっていた“SunSister Suicider’s”が猛威を振るった。

的確なグレネードキル、移動するチームの殲滅とほかのチームを圧倒するような動きを見せる。

しかし、いよいよ残り2チームになり、“DetonatioN Gaming White”との一騎打ちになると一気に不利に。

坂の上から狙い撃つ“DetonatioN Gaming White”は即座の索敵で相手の位置を把握、グレネードキルにつなげ見事ドン勝を勝ち取った。

画像12
▲敵の位置を把握してから即座にグレネードを投下、素早い判断力が勝利につながっている。

試合結果

画像13

“DetonatioN Gaming White”ドン勝インタビュー

――ドン勝おめでとうございます! つぎで本日最後のラウンドになりますが、最終戦への意気込みをお聞かせください。

Melofo選手 安地バキュームします!

Gokuri選手 今回のラウンドで波には乗れたと思うので、4ラウンド目もその波に乗って頑張りたいと思います。

Axell選手 つぎのラウンドもドン勝取れるように頑張ります。

JapanNo1選手 2連ドンします!

ラウンド4

【ドン勝チーム】
Team RAYZE

画像14

この試合では、ここまで上位に残り続けていた“SunSister Suicider’s”が中盤で全滅し、どのチームが勝利するのかまったく読めない展開になった。

前ラウンドでドン勝を取った“DetonatioN Gaming White”の連ドンも見えていたが、見事な連携を見せた“V3 FOX”によりつぎつぎとチームが全滅。

最後には“V3 FOX”と“Team RAYZE”の4VS4での決戦に。

どちらが勝利してもおかしくない展開ではあったが、最後には“Team RAYZE”が撃ち勝った。

画像15
▲家屋を占拠して戦い続けた“Team RAYZE”の粘り勝ち!

試合結果

画像16

“Team RAYZE”ドン勝インタビュー

――Day1ラストでのドン勝おめでとうございます! 続くDay2への意気込みをお聞かせください。

amonot選手 1日目でドン勝を取れたので、毎回一度はドン勝を取れるように頑張ります。

tomus選手 ドン勝も取れて、一度は2位にもなれていますので、この調子でもっとどん欲にキルも狙っていきたいです。

CANSUN選手 ドン勝はしたんですけど、自分は0キルで……。なので、つぎはドン勝を取りつつキルも狙いたいと思いました。

oka選手 勢いに乗って、このまま連続でドン勝できたらと思います。

Day1総合結果

画像17

Day1モストキル発表

画像18

Day1のモストキル賞に輝いたのは、“CrazySam”の選手。

全部で10キルと、初回から多くのキル数を稼いだ。

画像19

記者の目

Grade2から昇格した“JUPITER NOVA”が初戦でドン勝を決めるという、波乱の幕開けとなったGrade1。

今回はドン勝を取ることはなかったものの、1~3ラウンドで最終局面まで生き残った“SunSister Suicider’s”の勢いも強く、どのチームが勝利するのかまったく予想がつかない展開が続いた。

今回の結果を踏まえ、各チームがDay2でどのような動きをしていくのかにも注目していきたい。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る