ファミ通AppVS イベントリポート

【PUBG】日本代表“SunSister Suicider’s”が奮戦!“Predator League 2019 グランドファイナル”大会1日目をリポート【Predator League 2019】

13の国と地域がタイに集結!

2019年2月15日~2月17日にわたり、タイ・バンコクにて開催されている『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“Predator League 2019 グランドファイナル”。

本稿では、初日にあたる2月15日の試合の模様をリポートしていく。

画像01

【タイムシフト視聴】

“Predator League 2019 グランドファイナル”は、アジア最高峰を目指す13の国と地域が参加する、賞金総額40万ドルのesports大会。

日本からは“Predator League 2019 Japan Round”を勝ち抜いた“SunSister Suicider’s”が代表として出場。3日間で全15ラウンドを戦い、アジア最強の座を争う。

【日程】
2019年2月15日

【試合形式】
全15ラウンド(各日5ラウンド):FPPモード、SQUAD
ラウンド1:FPPモード(Erangel)
ラウンド2:FPPモード(Erangel)
ラウンド3:FPPモード(Miramar)
ラウンド4:FPPモード(Erangel)
ラウンド5:FPPモード(Erangel)

【ルール】

1位 10
2位 6
3位 5
4位 4
5位 3
6位 2
7位 1
8位 1
9~16位 0

※1キル=1ポイント

【出場チーム】
・Team Immunity(オーストラリア)
・SunSister Suicider’s(日本)
・GSSM(香港)
・MP5(香港)
・Aerowolf.TeamEight(インドネシア)
・Raptors(インド)
・Afreeca Freecs Fatal(韓国)
・Asbol(マレーシア)
・Ayson Esports(シンガポール)
・ArkAngel(フィリピン)
・The Ace God(中国)
・MiTH.PUBG(タイ)
・Pinto Gaming(タイ)
・Purple Mood E-Sport(タイ)
・SIGNATURE.PUBG(タイ)
・GAMEHOME Esports(ベトナム)

“PAI 2019”の雪辱を果たせるか!?

1月10日より開催された“PUBG ASIA INVITATIONAL Macao 2019(PAI 2019)”に引き続き、日本代表として“SunSister Suicider’s”が出場する本大会。

“PAI 2019”では無念の結果に終わったものの、ラウンドを追うごとにグローバルルールにフィットしていく様子が見て取れた4人。本大会ではその雪辱を果たせるか、注目が集まる。

画像02
▲会場、選手席の様子。

ラウンド1

【ドン勝チーム】
Afreeca Freecs Fatal

初戦で勝利したのは、韓国代表の“Afreeca Freecs Fatal”。

安全地帯がマップ南端のミリタリーベースに収縮し、遮蔽物が少ない中で見事な生存力を見せる。

しかし、キルに恵まれなかったことから、ポイントランキングでは14キルを稼いだ“Aerowolf.TeamEight”が1位に立った。

画像03
▲残った敵チームを包囲殲滅する“Afreeca Freecs Fatal”。

試合結果

画像04

ラウンド2

【ドン勝チーム】
The Ace God

2戦目は、中国代表の“The Ace God”がドン勝を獲得。

山のふもとにあった家屋を2名ずつに別れて占拠し、盤石の体制を築いての勝利となった。

画像05
▲家屋付近に迫る“Afreeca Freecs Fatal”をまとめて吹き飛ばす、“The Ace God”の鮮やかなグレネード。

試合結果

画像07

ラウンド3

【ドン勝チーム】
ArkAngel

フェーズ8時点で、6チーム20名生存の大混戦となった3試合目。

ここでは、フィリピン代表の”ArkAngel”がうまく安全地帯をつかみ、勝利を手にした。

画像08
▲道路を挟み、北の家屋側と南の丘陵に別れて戦闘が発生。最終的に安全地帯は画面手前側に寄ることに。

試合結果

画像09

ラウンド4

【ドン勝チーム】
Purple Mood E-Sport

伐採所付近に安全地帯が収縮すると、その周辺にいた“Afreeca Freecs Fatal”が大きく展開しキルを量産。

そのまま“Afreeca Freecs Fatal”ペースで進むかに思われたが、勝利したのは崖下で戦闘を回避していた“Purple Mood E-Sport”となった。

画像10
▲草むらの中をほふく前進で詰める、ジリジリした展開を制した“Purple Mood E-Sport”。

試合結果

画像11

ラウンド5

【ドン勝チーム】
Aerowolf.TeamEight

本日の最終試合では、急斜面の中で“Aerowolf.TeamEight”と“Purple Mood E-Sport”の一騎打ちに。

家屋を取っていた“Purple Mood E-Sport”だが、ブルーゾーンに追われて飛び出したところをキルされてしまい、“Aerowolf.TeamEight”に軍配が上がった。

画像12
▲4人生存で敵チームを囲い込む“Aerowolf.TeamEight”。

Day1総合結果

画像13

※画像は“ROUND4/15”と表記されていますが、正しくは“ROUND5/15”になります

記者の目

初日が終わって、“SunSister Suicider’s”は12位に。安全地帯に嫌われる展開が目立ち、思うように順位を伸ばせなかった印象だ。

しかしながら、すでに15キルを獲得しており、ラウンド5では“Afreeca Freecs Fatal”を壊滅に追い込むファインプレーも見せたため、続くラウンドでの巻き返しに期待したい。

一方、暫定首位に立っているのは“Afreeca Freecs Fatal”。

ラウンド1でのドン勝をはじめ、ほぼ全試合で高順位をキープしており、その存在感は大きいと言えよう。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る