ファミ通AppVS イベントリポート

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

メインタイトルのうち『ザ・キング・オブ・ファイターズXIV』(以下、『KOF XIV』)と『ソウルキャリバーVI』は決勝トーナメントが争われ、それぞれM'[日本]とkeev[フランス]が優勝。

『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下、『ストV AE』)、『鉄拳7』、『ブレイブルー クロスタッグバトル』、『GUILTY GEAR Xrd REV 2』は予選トーナメントからTOP8まで進められ、翌日の決勝トーナメントに進出するメンバーが決定した。

また、ファミ通AppVSTwitterアカウントでは、現地の様子をお届けしている。関連ツイートはハッシュタグ #ファミ通のEVOJapan取材をチェックしてほしい。

TAK_2096
TAK_2108
TAK_2110

 

KOF XIV 結果

順位 プレイヤー
優勝 M'[日本]
準優勝 ET[台湾]
3位 SCORE[日本]
4位 SR[日本]
5位タイ ラギア[日本]
5位タイ Xiaohai[中国]
7位タイ Akira[日本]
7位タイ パイナップル[香港]

総エントリー192名
※トーナメント表:challonge

ウィナーズでTOP8に進出したM’は決勝トーナメント1回戦で台湾のETを撃破。ウィナーズファイナルではスコアとの日本勢対決を制してグランドファイナルに進出する。M’に破れたETはルーザーズでラギア、SR、スコアといった日本勢を破り、グランドファイナルは再びM’vs.ETの流れに。

ルーザーズで連勝したETは勢いに乗っていたが、グランドファイナルではM’が圧倒。ETを相手に1試合も落とすことなく3試合連取で決着となった。

amarec (20190216-195605)
amarec (20190216-200732)

ソウルキャリバーVI 結果

順位 プレイヤー
優勝 Keev[フランス]
準優勝 Shen Yuan[シンガポール]
3位 SHK[日本]
4位 Shen Chen[シンガポール]
5位タイ Tamonegi[日本]
5位タイ Shiwapon[日本]
7位タイ Jashin[日本]
7位タイ Kang-Min[韓国]

 

総エントリー288名
※トーナメント表:challonge

日本勢はSHKがウィナーズファイナルまで進出するが、ウィナーズファイナルにてkeev、続くルーザーズファイナルではShenに敗退。本部門の日本勢最高順位はSHKの3位という結果となった。

keevはナイトメアを使ってウィナーズで決勝トーナメントに進出しており、負け無しでグランドファイナルに進出。グランドファイナルでも安定した闘い方は揺るがず、ほぼ危なげなくShenを下し、keevの優勝で決着。

キャリバー
amarec (20190216-231048)

 

ストリートファイターV アーケードエディション

■TOP8進出者

・ウィナーズ
ジョビン(ネカリ)[日本]
パウウェル(キャミィ)[日本]
ももち(コーリン/是空)[日本]
ネモ(ユリアン)[日本]

・ルーザーズ
Oil King(ラシード)[台湾]
Punk(かりん)[アメリカ]
ふ~ど(バーディー)[日本]
クラッシャー(バーディー)[日本]

※トーナメント表:challonge

TOP8には6名の日本選手が進出し、開催国のプレイヤー層の厚さを感じさせる結果となっている。ルーザーズでは注目選手に挙げたPunkとふ~どが残っており、ここからの勝ち上がりに期待したい。

もうひとつ、よしもと所属のジョビンがウィナーズで勝ち上がっている点に注目。今回は彼自身の中でも特に大きな戦績となり、現地では号泣して喜ぶ姿が見られたようだ。TOP8は世界を舞台に活躍している強豪揃いだが、決勝トーナメントでジョビンがどのように闘うか楽しみだ。

TAK_3065
TAK_3128
TAK_3364
TAK_3426

 

鉄拳7

■TOP8進出者

・ウィナーズ
CherryBerryMango[韓国]
Destiny[韓国]
AK[フィリピン]
Jimmyjtran[アメリカ]

・ルーザーズ
Arslan_Ash[パキスタン]
WALKER Book[タイ]
SAINT[韓国]
chikurin[日本]

※トーナメント表:challonge

やはり強い韓国勢が3名決勝トーナメントに進出。今回のトーナメントでも優勝の最有力候補となりそうだ。そのほかのメンバーは、フィリピン、タイ、パキスタン、アメリカ、日本から1名づつ。他タイトルと比較しても非常に国際色が豊かな対決が見られることは間違いない。

日本勢で唯一勝ち上がったちくりんは決勝トーナメントの1回戦でSAINTという難敵とぶつかることとなるので、全力で応援したいところだ。

TAK_3460
TAK_3553
TAK_3588

GUILTY GEAR Xrd REV 2

■TOP8進出者

・ウィナーズ
ちゃちゃちゃ(クム)[日本]
T5M7(レオ)[日本]
まちゃぼー(カイ)[日本]
サミット(チップ)[日本]

・ルーザーズ
310venom(ヴェノム)[日本]
ナゲ(ファウスト)[日本]
ザディ(レイヴン)[日本]
Lox(ジャム)[日本]

※トーナメント表:challonge

日本のアーケード勢が今回のトーナメントでも層の厚さを見せつける。TOP8の8名はそれぞれ異なるキャラをメインに使用しているため、大きく異なる個性と個性のぶつかりあいがどのような結果になるか楽しみだ。

ギルティ

 

ブレイブルー クロスタッグバトル

■TOP8進出者
・ウィナーズ

HIDE[日本]
Tomo/relo[日本]
アルコル[日本]
今日のアントルメ[日本]

・ルーザーズ
シゲ[日本]
ピザマヨ[日本]
Noble[日本]
剛田[日本]

※トーナメント表:challonge

キャメイ、小路KOG、Doraといった有力なプロたちが次々に敗退する中、2018年11月に行われた公式大会“ARCREVO JAPAN 2018”を制した剛田がルーザーズでTOP8に進出。強豪でも安定した勝利が難しいと思われる本作で、大型大会の2連続制覇を達成するかに注目。

BB

関連記事・動画

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る