ファミ通AppVS 業界ニュース

【レインボーシックス シージ】Six Invitational 2019 出場チーム紹介 グループB【Rogue,Immortals,Empire,SSG】

レインボーシックス シージ』のPC版世界大会“Six invitational 2019”が、いよいよ2019211日(月)~18日(日)にカナダ・モントリオールで開催される。

本大会は、Six Major Paris 2018のチャンピオン、シーズン8 ファイナル出場チーム、DreamHack Montreal優勝チーム、DreamHack Winter優勝チーム、そしてオンライン予選を勝ち抜いた各リージョンの1チームの計16チームが参戦。世界王者を目指して熱い戦いをくり広げる。

本稿では、Six Invitational 2019”観戦ガイドとして、APAC王者そして世界ベスト4となった野良連合、ブラジルの雄FaZe Clan、米人気チームEvil Geniusesなど、出場16チームの情報(【グループB】編)をお届け。今回は戦術面ではなく、チーム・選手の背景から、大会の見どころを紐解きます。

Rogue (PL Season8 NA2位)

Roster: Slashug, Ecl9pse, Easilyy, Shuttle, VertcL

Ranger (コーチ), Juno (マネージャー)

 

Rogueはこれまでシーズン7ファイナル、シーズン8ファイナルの2度、野良連合とファイナルで戦っており、日本のプロリーグファンにも馴染み深いチームでしょう。とくにシーズン8では野良連合にリベンジを果たされ、ベスト8で敗退となった事が記憶に新しいですね。

オフシーズンでは、野良連合戦でチームと動きが噛み合っていなかったsupr選手が放出され、代わりにmousesports (現RiseNation)でエントリーフラッガーを務めていたVertcL選手が加入しました。

VertcL選手は撃ち合いが非常に強く、多くの人が「Rogueは穴がないチームになりNAの1位になる」と期待しました。その期待に応えるかのように、新ロスターとなった最初の大会、US Nationals 2018でいきなり優勝を果たします。

DumXJFdV4AALBYU

しかし、シーズン9 プロリーグではEvil Geniuses、Reciprocity、DarkZeroといった上位チームに敗北し、4位という悔しさの残る結果で前半戦を終えています。

逆襲を誓うRogueのメンバーは、現在ラスベガスにあるチームゲーミングハウスに住み大会に備えており、毎日スクリムは多い日には1日に3度こなし、休みは2週間に1日だけとのこと!

今季プロリーグで思うような結果が出ていないからこそ、Six invitationalにかける想いもとても強いでしょう。

Immortals (PL Season8 LATAM2位)

Roster: Novys, Cyb3r, Bullet, MKing, pX

Mohamad (マネージャー), oNe (サブ)

 

Immortalsは、Team Liquidの前身チーム‟BRK e-Sports”に所属していたoNe選手、D1OGO1選手、Yuuk選手の3選手と、‟Merciless Gaming”に所属していたNovys選手、Cyb3r選手、pX選手によって構成され、Y3S1に始動したチームです。

このoNe選手、D1OGO1選手そしてYuuk選手は、Y2S1に世界大会で準優勝を獲得した経験の持ち主。Yuuk選手に関しては、Team Liquidにも所属していました経歴を持ち、経験豊富な人材が集まっています。

そんなImmortalsですが、Six Major Parisで始めて世界大会に出場。シーズン8もLATAM2位通過しファイナルに進出しました。しかしながら、まだ世界大会で勝ち星を上げれていません。

そこで今季オフシーズンでは、スタッツの低かった元BRK組の3人をスターティングメンバ―から外すという選択をしています。その中のYuuk選手、D1OGO1選手はチームから脱退し、前シーズン途中から出場していなかったoNe選手は正式にサブメンバーとなりました。

空いた2枠に加入したのは、Team LiquidのBullet1選手とBootkampのMKing選手。ふたりとも前チームで活躍していた選手であり、とくにBullet1選手はY3S1 プロリーグFinalsでPENTA(現G2 Esports)を倒して世界一を獲得しています。

チーム発足後、初めてメンバー変更をしたImmortalsは、今季プロリーグ前半戦を4勝3分で終え、LATAM1位で折り返すといった躍進中のチームでしょう。

 

DymHACMUYAAm76F

Team Empire (EU予選1位)

ロスター:karzheka, JoyStiCK, ShepparD, Shockwave, Scyther

RayzerGM (コーチ), Jak2oO (マネージャー)

 

Team EmpireはEU予選を1位通過したロシアのチームです。シーズン9からプロリーグに昇格したので、「最近出てきた新チーム」という印象がある方も多いと思いますが、意外と経験豊富な選手が揃っています。

Y2S1のプロリーグにkarzheka選手、Shockwave選手、コーチのRayzerGMが同じチームで出場しており、Y2S4にはTeam Empireの前身チームである“ROOM FACTORY”で、昨年のSix Invitationalにも出場しました。ですが、これまであまり注目されなかったのはこれらの大会で1勝もできずに敗退していたからでしょう。

現在のTeam Empireの爆発力をトップチームに見せつけたのは、Y3S2のSix Major Paris EU予選でした。

当時、世界トップクラスの勢いがあったi don’t know(現Team Secret)と2位決定戦で対戦して、敗れはしたもののチームのエースJoyStiCK選手の20キルなどによって善戦。海外で一気に注目されるようになりました。

そしてシーズン8でTeam Empireに加入し、チャレンジャーリーグに出場。棄権した1敗を除くすべての試合で勝利し、圧倒的な力でプロリーグに昇格しました。

その勢いは今季プロリーグでも健在。前半戦を6勝1分で終え、強豪チームが集うEUで19ポイントの首位に上り詰めています。

Team Empireに加入してから7つの大会に出場しましたが、すべての大会を通して負けたのはたったの2試合です。Six Invitationalでもその勢いを見せてくれることに期待しましょう!

DxgsvsYW0AAdIIB

 

Spacestation Gaming (NA予選1位)

ロスター:ThinkingNade, Chala, Redeemer, Rampy, Bosco

Lycan(コーチ)、Sov(アシスタントコーチ)、Daeda(アナリスト)、Unit(マネージャー)

 

Spacestation GamingはNA予選を全勝で優勝し、今大会への出場を決めたチームです。

中心選手であるThinkingNade選手、Redeemer選手、Chala選手の3人は“Most Wanted”に所属していたY2S3からのチームメイトで、この3人はチームの縁の下の力持ちと言えます。とくにRedeemer選手による、防衛側でアーマー3オペレーターを使ったクラッチを何度見てきたか数え切れません。

そして、Y3S2でRampy選手が加入。Rampy選手は現在NAで一番の成長株であると筆者は思っています。

シーズン8後半戦では高いスタッツを残し、シーズン9ではNAトップのエントリーフラッガーと言える活躍を見せています。とくに目立った活躍を見せたのは、プロリーグ シーズン9 Day2のTeam Reciprocity戦、そしてSix Invitational NA予選決勝の2試合です。

Team Reciprocity戦でRampy選手は22キルを叩き出し、NA予選決勝OrgLess戦ではBO3の試合で45キルを獲得。その内のオープニングキルが10回と、チームの頼れるエースへと成長しています。

DzDfeanVAAAIepu

そしてオフシーズンにはBosco選手が加入しました。Bosco選手はSkys選手、LaXInG選手と同じチームでXbox版の世界王者になったことがある選手。Six Major Paris 2018では、Obey Allianceの一員として出場し野良連合を破ってプレイオフに進出に貢献しています。

Six Major Paris 2018後、Obey Allianceがチャレンジャーリーグ落ちし、解散したためSpacestation Gamingに加入。Bosco選手以外の4選手は、今大会が世界大会初出場となります (Redeemer選手はXbox版で出場していますがPC版は初)。

SSGにとって念願の出場となった今大会、各地域の強豪チームが揃ったグループBに分けられましたが、下馬評を覆しプレイオフ進出を狙います!

文:Cineming(Twitter:https://twitter.com/Cineming

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る