ファミ通AppVS 新着記事

【レインボーシックス シージ】Six Invitational 2019 出場チーム紹介 グループA【FaZe,FNATIC,Reciprocity,Nips】

レインボーシックス シージ』のPC版世界大会“Six invitational 2019”が、いよいよ2019年2月11日(月)~18日(日)にカナダ・モントリオールで開催される。

本大会は、Six Major Paris 2018のチャンピオン、シーズン8 ファイナル出場チーム、DreamHack Montreal優勝チーム、DreamHack Winter優勝チーム、そしてオンライン予選を勝ち抜いた各リージョンの1チームの計16チームが参戦。世界王者を目指して熱い戦いをくり広げる。

本稿では、‟Six Invitational 2019”観戦ガイドとして、APAC王者そして世界ベスト4となった野良連合、ブラジルの雄FaZe Clan、米人気チームEvil Geniusesなど、出場16チームの情報(【グループA】編)をお届け。今回は戦術面ではなく、チーム・選手の背景から、大会の見どころを紐解きます。

FaZe Clan (PL Season8 LATAM1位)

ロスター:Astro, cameram4n, mav, muringa, Yoona

tgk(マネージャー),Twister(アナリスト)

 

シーズン8 ファイナルでは、決勝戦でG2 Esportsに敗れるも、準優勝という成績を収め現在のLATAM No.1チームであると言える強豪チーム。この、チームにとって初の準優勝という功績の裏には、ひとりの選手の加入がありました。

FaZe ClanはTeam Fontt所属時のY2S2から1年以上、ロスターの変更は無し。昨シーズン始めにはgohaN選手が外れ、paiN GamingからYoona選手が加入しました。

gohaN選手はキャプテン、IGLとしてチームにおいて非常に重要な役割を担っていましたが、cameram4n選手とオフライン大会での言い争いが目立っていたのが印象的でしょう。この言い争いから、もしかすると彼らの衝突でチームの雰囲気が度々悪くなり、よいパフォーマンスを発揮できなかったのかもしれません。

gohaN選手の代わりに加入したのは、Yoona選手。彼はY2S1の頃、mav選手とmuringa選手と同じチームだった経験があり、チームに溶け込むのに多くの時間は必要ありませんでした。このロスター変更が、昨シーズンの準優勝という結果を導いたのかもしれません。

今シーズンのプロリーグでは、台風がチームのゲーミングハウスを襲うトラブルがあり、通信環境の問題でまともに試合が行えず前半戦5位という苦しい結果に終わりました。しかし、Six Invitationalは全試合オフラインですので、チームの雰囲気が改善されさらに強くなったFaZe Clan本来の力が見られるでしょう。

FaZe

FNATIC (PL Season8 APAC2位)

ロスター:Magnet, Acez, Lusty, RizRaz, Virtue

Dizzle (コーチ), NeophyteR (サブ)

 

野良連合とともにAPAC 1位を争う強豪チームのFNATIC。シーズン8 ファイナルでは、キャプテンのMagnet選手が急性虫垂炎にかかりファイナル出場を辞退する中、代わりにコーチのDizzleが出場し大活躍を遂げ、NA王者Evil Geniusesを倒すという大金星をあげたことは、プロリーグ界で語り継がれる逸話となりました。

FNATICは、その前身となるMindfreak時代にSix Invitational 2018にeiNsとともに出場を果たしており、Team Liquid、ROOM FACTORY(現Team Empire)と強豪が並ぶグループで下馬評を大きく覆してプレイオフ(本選)に進出した経験を持ちます。その後のシーズンでも、APAC内で強豪の地位を守り続け、今大会で5季連続の世界大会出場です。

今季オフシーズンでは、同じくオーストラリアの強豪チームDarkSidedに所属していたVirtue選手を獲得。当初はサブとしての加入でしたが、現在はスターティングメンバーとして出場し高いスタッツを残しているので、初の世界大会となるVirtue選手の活躍に注目したいですね。

余談ですが、Virtue選手は恋人のLoona選手もANZ内PLチームの選手であり、恋人揃ってプロリーグプレイヤーで切磋琢磨しています。期待の新戦力Virtue選手、前回大会で出場出来なかったMagnet選手を含めた、まさに完全体と言えるFNATICが世界でどこまで勝ち進める期待大です。

Team Reciprocity (DreamHack Montreal優勝)

ロスター:FoxA, Retro, LaXInG, MarkTheShark, Skys

HOP3Z (コーチ), Robn (アナリスト)

 

Team Reciprocityというと、Cloud9のロスター4名(FoxA, Retro, LaXInG, MarkTheShark)がシーズン8終了後のオフシーズンに電撃移籍し、話題を呼んだチーム。

Cloud9でキャプテンを務めていたGoddess選手以外がTeam Reciprocityに移籍した形で、のこり1枠はObey Allianceに所属してたSkys選手が加入。NAで期待の新星チームとなりました。

そんなTeam Reciprocityですが、Cloud9に加入するまでは‟beastcoast”というチームに所属していた背景があり、beastcoastはY3S2からプロリーグに昇格したので、比較的最近プロリーグに参戦を果たしたチームです。

beastcoastが発足した頃(Y2S4終盤)のロスターで現在まで残っているのはFoxA選手のみで、そのほか4選手はYear3で新たに補強された選手たち。例えば、Y1S3にContinuum(現Evil Geniuses)で世界一を獲得したRetro選手、そしてY1S4に行われたSix Invitational(Xbox One版)の世界一に輝いたLaXInG選手とSkys選手といったように、世界一を獲得した経験があるメンバーがズラリと揃っているのがポイントでしょう。

その中でもLaXInG選手とSkys選手は、Y1S3からY3S1までの約2年間チームメイトであったいわば盟友。ふたりは今季3シーズンぶりの共闘となり、久しぶりのオフライン大会での息のあったプレーに注目です。

シーズン8では(Cloud9所属時)NAプロリーグ6位の結果でしたが、成績が芳しくなかったGoddess選手から世界トップのフラッガーであるSkys選手が加わったことで爆発力が生まれ、NAの2強EG・Rogue両チームを破り、今季プロリーグ前半戦はなんとNA3位で終えました。現在NA内でもっとも勢いのあるチームのひとつだと思います。

REC

Ninjas in Pyjamas (LATAM予選2位)

ロスター:Julio, Psycho, Kamikaze, wag, pino

Absurdo (マネージャー)

 

Ninjas in Pyjamasは、Black Dragonsに所属していたY2S3からシーズン7までの1年以上、FaZe Clanと同様にロスターの変更がなかったチームです。

Y2S3のプロリーグファイナルでは、当時2連覇中だったPENTA(現G2 Esports)をブラジルパワーで破り準優勝、Y2S4のSix Invitational 2018では世界ベスト4と、Year2後半においてLATAM ではNo.1のチームでした。

しかし、Year3に入りプロリーグ シーズン7でファイナル進出を逃すと、プロリーグ シーズン8では前半戦で1勝しかできず、あわやチャレンジャーリーグ落ちという程の不調に陥っています。

ここで何とか踏ん張り、同時期に行われた世界大会Six Major Parisでプレイオフに進出! さらに、シーズン8後半戦ではラスト4試合を全勝で終え何とかチャレンジャーリーグ落ちを逃れています。現在は不調期を乗り越え、再びLATAM No.1の座を奪還すべく、今季オフシーズンにpzd選手が外れpino選手をロスターに加えました。

pino選手はY2S1にpain Gamingに所属し、プロリーグでプレイした経験がありますが、それ以降の6シーズンはプロリーグだけでなくチャレンジャーリーグにさえ出場していない選手で、ブランクがあるのです。

しかしながら、今季はメインフラッガーPsychoとともにチームを引っ張り、LATAMシーズン9 プロリーグ前半戦終了時点で3位の位置に付けています。

Nip

文:Cineming(Twitter:https://twitter.com/Cineming

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る