ファミ通AppVS 業界ニュース

【鉄拳7】ノビ vs. kneeのTWT Finalsでの激闘、振り返りダイジェストを公開!【鉄プロTV】

2017年からは“Tekken World Tour”(以下、TWT)が開催されるなど、その熱はとどまることを知らない『鉄拳7』。そんな本作のプロライセンス選手が出演している番組「鉄プロTV」は、ファミ通AppVSのYouTubeチャンネル上で隔週の水曜日に放送中。第11回放送分にて実施された“TWT Finals”でのノビvs.kneeの感想戦が、ダイジェスト動画として公開されたので、ファミ通の鉄拳ライターゼウガルが見どころを解説する。

image1
感想戦はノビ(中央)を中心にプロライセンス選手たちで行われた。

 

日韓最強対決。ノビ、決死の一戦

日本最強の呼び声高いノビ vs. 世界最強と名高いkneeの一戦が、TWT Finalsで実現した。この一戦、両者は母国を代表する選手としてこれまでの数年間、数々の大会でぶつかり合ってきた。総合戦績は五分に近く、どちらが勝つかまったくもって予想がつかない組み合わせであった。

しかも、ノビはこの試合を落とせば予選プール敗退が濃厚となるため、ふだんは感じることの難しいトッププレイヤーの戦略と思想に触れることのできる一本に仕上がっている。

image2
image3
ノビの戦略をわかりやすくテロップで表示。

 

ノビの勝負の決め手は!?

ノビは全体を通して2試合先取というレギュレーションのなかで相手の情報をいかに読み取り、判断するかということに重きを置いていた。その中でも決め手となっていたのは、kneeはノビのローリスクな下段技に対してリスクを負わせるために“下段捌き”を多めで対応しているという事。その情報をkneeのキャラクターの動きから見極めていたようだ。

image4

同じタイミングの中段攻撃であれば、kneeの鉄壁の防御も崩すことが出来る。そう踏んだノビは勝負どころまでその選択肢を温存。

image5
image6
先ほどガードされてしまった技を打っていた状況を自ら作り出し、
ノビは勝利へのリーチがかかったところでいままでの布石を回収。

結果として面食らってしまったkneeの防御をこの勢いのままに崩し、ノビは勝利。決勝トーナメントへと駒をすすめていた。大会の勝ち方というノウハウに触れれる数少ない情報源となっている本動画。これ以外にも多くのポイントを語ってくれているため、是非とも直接チェックして自身の戦いに活かしてほしい。

担当:ライター ゼウガル

関連記事・動画

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る