ファミ通AppVS 業界ニュース

【FAV gaming R6S部門ブログ#7】闘会議2019 FAV gamingステージに舞い降りた切腹前の武士(ShiN)

FAV gaming レインボーシックス シージ部門ブログ第7回は、リーダーのShiN選手が、闘会議2019を振り返ります。

ShiN_02
ShiN

 

皆様、はじめまして。FAV gaming レインボーシックスシージ(以下R6S)部門所属リーダーのShiN(シン)です。既にご存知の方も多いと思いますが、改めて軽く自己紹介させていただきます。

 

PC版R6Sは発売当初からプレイしており、1シーズンはカジュアルなどを遊んでいたのですが、競技シーンの動画を見て自分も大会などでプレイしたいと思い、Razzlyというクランに入りました。

半年ほどで解散にはなったのですが、それ以後“自分でクランを作ってみたい”、“作戦を考えてみたい”との思いからeiNsを設立し、その後はFAV gamingに加入、いまに至るという感じです。

 

さて、先日1月26日~27日に千葉・幕張メッセで“闘会議2019”が行われ、僕もFAV gamingの一員として参加してきました。前日にプロリーグDay6があり深夜1時頃まで試合をして、徹夜で始発の飛行機に乗って昼前のステージに出る……という凄いスケジュールでした(笑)。

20190126_190128_0027-600x449
急いでヘアセットをしてもらうShiN選手

1月26日 FAV gamingステージ

羽田空港からタクシーで30分。幕張メッセに到着したのが午前10時半と、ステージが11時からでしたので本当にギリギリの到着です。

Afro、K-RAISER両名は朝一からスタジオインなので、ほかの部門のメンバーに挨拶などできていたようですが、僕は打ち合わせまでお預け。

打ち合わせでは、FAV gaming総監督の目黒さんをはじめ、多くのスタッフや格闘ゲーム部門、クラッシュ・ロワイヤル部門の選手とも初顔合わせしました。中でも格闘ゲーム部門のりゅうせい選手は僕と同い年という事実を知り、親近感が湧くとともに、もう少しお近づきになりたいなと少し思っちゃいました。

KO7_8336_R-600x400

さて、午前11時。いよいよFAV gamingのステージです。こういった大きな場でのトークなどは過去に何回かあったので慣れているつもりでしたが、自分が話さない場面だとどういう風にいるのが一番なんでしょう……。

何やら武士の最期のような形で身構えていたようです。

DxzX2gLUUAEJY3H
ShiN

初めて知るほか部門のことも、映像でうまくまとまっていて、自分の番が来るまでは一観客としてステージ上からトークショーを聞いていました。

そして自分たちのR6S部門の番では、先日のAPACオフラインファイナルの映像を交えつつ、Tatsukin選手の面白顔画像を全国ネットで公開していく場面もありました。ステージの短かったですが、言いたいことを言えたセッションになったと思います。ちなみにAfro君が汗っかきなのでマイクがツルツルでした。

FAV gamingのステージ終了後は、写真撮影など交流会で色々な方にお会いできました! この場を借りて、足を運んでくれた方には感謝申し上げます。

そして、自由時間が訪れるはずでしたが、何やら怪しい空気が……。

マネージャーのIさんが「食レポやってみようぜ!」と言い出したのです。R6S部門3人もやや困惑しましたが、売店のごはんも気になっていたので参加。内容はほか記事で触れられているので割愛しますが、僕にご飯を食べさせるのだけはやめましょう

1日目が終わった後は、FAV gamingの打ち上げがあり、色々なお話が出来たと思います! 社長がいらっしゃったときはびっくりしましたが、改めてご挨拶が出来てよかったです!

さて、2日目。

この日も朝からR6Sの遊びホーダイエリアがあり、よつばさんと初の共演(お話しするのも初めてでした)でした。話しやすいお方で、ステージ内容やそれ以外のお話でも盛り上がり、ホッとしたことを覚えています。

 

イベントは午前11時からだったので、参加してくださる方が少ないかな……と思っていましたが、ステージに登壇すると多くの方がいらっしゃっていて驚きました。「プレイする方を5人決めてください!」と言われても迷ってしまいましたね。

このステージでは、実際に大会の実況・解説されるという体験コーナーで、2試合行われました。後半の試合では、イェーガー vs イェーガーのコスプレイヤーさん対決などがあり、おもしろく、そして楽しく終わることが出来ました。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

そして午後からは、PS4の“R6S PS4版国内最強チーム決定戦 2019”があり、そこでふり~ださん、けんきさん、Seekerさんとともに解説で参加させていただきました!

ふり~ださんとは、APAC Finals以来約4か月ぶり、けんきさん、Seekerさんとは初の対面になりました。舞台裏では、3人ともプロリーグ参加チームメンバーということで、今後のお話や、今日の対戦の全貌など予想しながら楽しく過ごしたのを覚えています。

5c4e96d78a300

解説自体は、東京ゲームショウ2018やAPAC finals in Tokyoなどで経験していたので、「いつも通りすればいい」と思っていたのですが、4人もいるとほかの人が話したことは話しちゃいけないし、うまくバランスもとらなければと色々思ってしまって、少し間が出来てしまったかもしれません。

試合自体もとても面白い試合で、作戦や流れはPC版のプロリーグさながら、といった感じでした。結果的にはRiZEの優勝で、幕を閉じましたが、marchingは初めてのオフラインということで、この経験を活かしてまた来年頑張ってくれると思っています。対戦した両者さんお疲れさまでした。

※“R6S PS4版国内最強チーム決定戦 2019”リポートはこちら→https://appvs.famitsu.com/famitsu/20190128_19327/

 

そして、この後「実況解説陣で打ち上げだ!」と思っていたのですが……。

僕は19時には羽田を発つことになっていたので、参加できず。名残惜しくも幕張を後に広島に帰ることに。今度来たときは絶対……! と約束をしてからの記憶がなく、気づいたら広島、気づいたら寝てしまいました。

 

この2日間、沢山の人にサポートされ、沢山の人と出会い、共演し、得難いものを得ることが出来たと思います。自分も生活が変わる中、今年も色々なイベントに参加出来たらいいなと思いながら、またプロリーグに向けて頑張ろうと思います。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る