ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】日本選抜vs.アジア選抜で勝利した日本チーム(タケ。/ペコス/チクリン)が試合を振り返る

2019年1月26~27日にかけて、千葉県幕張メッセにて、日本とアジアのトップesports選手が対決する大型イベント“eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~”が実施。26日には『鉄拳7』の日本選抜vs.アジア選抜の対抗戦が行われ、日本選抜(タケ。/ペコス/チクリン)が勝利。その後は同会場にて、日本選抜3名による振り返りステージが行われた。

壇上には、対抗戦にて実況解説を務めたゲンヤとハメコ。が登壇して司会を担当。大型モニタに試合動画を映し、日本選抜の3名と共に1試合づつ対戦のポイントや感想のトークを披露した。

 

dig
日本選抜チーム。左からペコス、チクリン、タケ。
dig
試合の実況と解説を務めたゲンヤとハメコ。が選手に質問を投げかけていた。

先鋒戦 ペコス(ギース) ○3-2× Sora(仁)

対抗戦の先鋒で出場したペコス。ペコスによると、第1試合ではSoraがどれくらいギース戦を知っているかを探るプレイングを心がけたとのこと。Soraはパッドを用いるため、パッドプレイヤーへの対策を併せて考えていたと語る。事前情報としてSoraの闘い方は知らなかったため、ラウンドカウント3-2の際どい内容ながら勝てたことは良かったと振り返った。

第1試合勝利後の第2、3試合は落としてしまったのだが、ここは第1試合を勝ったことで、変に勘ぐってしまった点が敗因だったとのこと。この後にチームメイトから「最初の感じでいいよ」とアドバイスをもらい、第1試合の闘い方に戻すようにしたことで逆転勝利につながったと話していた。

dig
dig

 

中堅戦 チクリン(仁) ○3-0× Book(仁)

中堅戦で登場したチクリンはBookの仁との同キャラ対決になったのだが、チクリンによると実は同キャラ戦は得意ではないとのこと。しかし“仁同キャラは自分が有利”と考えて、強気に試合に臨んだと話していた。

試合内容のポイントとしては、Bookが技を出すところに前蹴りがカウンターヒットすることが多かったため、そのタイミングをつかんで意識的に利用したとのこと。Bookのクセを読んだ戦法が勝因につながったと語っていた。

dig

 

大将戦 タケ。(ポール) ○5-2× vs.AK(シャヒーン)

日本選抜の大将を務めたタケ。大将戦は5試合先取制だったのだが、タケ。は長期戦を得意としているため、レギュレーションは自分有利と考えていたとのこと。長い目で闘える分、安心して対戦に臨めたと話していた。

勝負が決着するまでの計7試合の中で、話題に取り上げられたのは第6試合。ここは序盤のシーソーゲームから、初めてタケ。の2連勝となった転機の試合だ。第6試合ではシャヒーンがスライディングを効果的に使ってポールの体力を減らしていたのだが、タケ。によると「ダメージ源がスライディングしかなく、まだ自分が白星をリードしているから打たせとけばいい」と考えていたとのこと。また、自分が体力を奪われる内容が似たようなものだったため、焦らずにプレイできていたと話していた。

続いて第6試合を勝利し、以降は積極的に攻めつつスライディングをガードするようになった点に言及。この点については、白星をリードしていることに加え、スライディングの対の選択肢となる中段攻撃のプレッシャーが強くなかったため、意識的にしゃがみガードを多くしたとのこと。そして最終試合となった第7試合では、そういった防御に加え、相手の技をくらわないようにする意識を加えて勝利を掴んだと語っていた。

cof

トークの後は3名が揃って来場者に挨拶。以下のコメントを以って、振り返りステージを締めくくった。

ペコス
本日は応援ありがとうございました。自分は去年の鉄拳ワールドツアーで本選に出場できなかったため、今年こそ本選出場に向けてまたがんばりたいと思います。

チクリン
今年は鉄拳ワールドツアーの予選大会を回れそうなので、そこで活躍している姿を見せたいと思います。今後も応援よろしくお願いします。

タケ。
今年もいろいろな場所でいろいろな大会があると思いますが、今回のイベントで良いスタートが切れました。今後の大会でも応援していただけるとうれしいです。ありがとうございました。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る