ファミ通AppVS 業界ニュース

【CoD: BO4】王者の意地を見せたLibalent Vertexが優勝! 第1回‟CWL 日本代表決定戦” 2日目リポート【闘会議2019】

ソニー・インタラクティブエンタテインメントよりプレイステーション4版が発売中のミリタリーFPS『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』

本タイトルの世界大会である‟Call of Duty World League”への出場を賭けた日本のトーナメント戦、‟CWL 日本代表決定戦”が、1月26日・27日にかけて開催される‟闘会議2019”にて行われた。

この2日間の激戦を制したLibalent Vertexは、3月15日~17日(現地時間)にアメリカ・テキサス州フォートワースで行われる‟CWL FortWorth”への出場権を手にした。

本稿では、第1回CWL 日本代表決定戦の2日目のリポートをお届けする。

▼ 第1回 CWL 日本代表決定戦まとめ

▼ 第1回CWL日本代表決定戦 1日目リポート

 

HIR_4032_compressed
優勝したLibalent Vertex

開催概要

第1回‟CWL 日本代表決定戦”

■ 開催日時:2019年1月26日・27日 午前10時30分~
■ 開催場所:千葉 幕張メッセ
■ レギュレーション
参加チーム:8チーム
・ダブルエリミネーショントーナメント(ベストオブ5)

■ 配信
Day1:
Youtube / Twitch
Day2:
Youtube / Twitch

玉座を守り切ったLibalent Vertex

闘会議2019の初日から強さを見せつけたLibelent Vertex(以下、LV)は、グランドファイナルに至るまでのラウンド1~ラウンド3において、たった1マップしか落としていないという、圧倒的な強さを誇っていた。

そして2日目、迎えたグランドファイナルは、CYCLOPS athlete gaming(以下、CAG)との一戦となった。
LVは同日のウィナーズファイナルで、CAGを相手にゲームカウント3-0でストレート勝利を収め、CAGをルーザーズブラケットへ追いやっている。

 

Losers Finalを突破したCAGは、グランドファイナルで雪辱を果たす機会を得たが、ルーザーズに落ちてしまっているため、同日一度負けているLVにBO5のシリーズを2連取しなければならない苦しい試合を強いられる。

また、CAGはこの日、ウィナーズファイナル、ルーザーズファイナル、そしてグランドファイナルと、休みなく連戦をしており、やや疲労の色もうかがえた。

IMGP2635_compressed
鋭い眼光でモニターを見つめるNgt(ナガト)選手
この日、不利な状況でも絶えず声を上げていたのが印象的

ゲーム5ラウンド11までもつれ込む大激戦!

■最終結果:Libalent Vertex 3 – 2 CYCLOPS athlete gaming

ここからは、グランドファイナルのリポートとともに、Twitchの配信より一部のシーンを切り抜いたクリップをお届けする。

 

大激戦となったグランドファイナルは、結果としてはゲームカウント3-2でLVが勝利したものの、試合の内容は闘会議2019で1番の盛り上がりとなった。

ゲーム5のサーチアンドデストロイのラウンド11までもつれ込んだこの1戦は、まさにスーパープレイの応酬で観客を沸かし続けた。

ハードポイント・サーチアンドデストロイ

1マップ目のハードポイントは終始LVのペースで進行し、結果的に250-119という100ポイント以上の差つけて、CAGを寄せ付けない動きを見せた。

このハードポイント終盤でsitimentyoは、スコアストリークのキルを用いCAGをオールダウンさせるプレイを見せつけた。
続くサーチアンドデストロイでもLVの勢いは止まらず、前日に引き続きAlicewonderlandがスナイパーライフルで開幕キルを獲得するなど、完璧ともいえる立ち回り・戦術を披露しラウンドカウント6-0でCAGを完封。

▼sitimentyoの5枚抜きシーン

コントロール

ゲームカウントは2-0となり、LV優勢のまま3マップ目のコントロールへ突入。1ラウンド目の開幕からsitimentyoが孤軍奮闘し、1人でCAG5人をキルするスーパープレイを見せた。

このままLVの勝利かと思われたが、ここでCAGが前日も見せた底力を発揮する。

Nicochaaaaaaaanの連続キル、NgtとLeisia、TimGUCHIのスペシャリスト、ABERNzのスコアキルストリークの連携で、一気にLVのチケットを削り逆転に成功。見事に3マップ目を奪取し、ゲームカウントは2-1に。

▼CAGの連続キルシーン

2度目のハードポイント

2度目のハードポイントでは、Nicochaaaaaaaanがサブマシンガンで連続キルするなど、波に乗るCAGが抵抗するLVを抑え勝利し、ゲームは最終戦へ。

▼Nicochaaaaaaaanの連続キル

Unsold Stuff Gamingのリーダー、Duffle選手に話を聞いたところ、対戦して強かった選手にNicochaaaaaaaanの名前が挙がった。
「過去に同じチームで大会出場をしている仲ではあるが、闘会議という大舞台で戦えてうれしかった」と語ってくれた。

ゲーム5、サーチアンドデストロイ

いよいよ雌雄を決する2度目のサーチアンドデストロイ。LVが勝てば優勝しCWLへ進出、CAGが勝てばリセットとなり、グランドファイナルは再戦となる。

このサーチアンドデストロイは、ラウンド11まで両者ともに取っては取られの接戦となった。

ラウンド5では、CAG ABERNzが振り向きでトリプルキルを決め、ラウンド11においてLV Inaba URが、一発逆転も可能なスペシャリストのアナイアレーターを使用したCAG Ngtを止めるなど、お互いに死力を出すつくした試合展開に。

怒涛の追撃を見せるCAGだったが、最後はLVが王者の意地を発揮しCWL Fort Worthへの切符を手にした。

 

▼CAG ABERNzのトリプルキル

▼Libalent Vertex優勝の瞬間

HIR_3986_compressedスーパープレイを決めた瞬間のsitimentyo
HIR_3994_compressed優勝の瞬間は、コーチとも抱き合って勝利を祝福
HIR_4120_compressed

編集部コメント

オンライン予選と闘会議の2日間まで連続した試合を戦い抜き、何度もスーパープレイを見せてくれたプレイヤー、そしてこの大会に全力で挑んだすべてのチームの皆さん、本当にお疲れ様でした。

筆者も取材を忘れ、試合に見入ってしまったり、思わず声を上げてしまうことが何度もありました。

今回のオフライン会場は、本場のCWLのような平場、選手と観客の距離が非常に近くで各試合が行われ、まさしくCWLへの第1歩となる大会であったと感じています。

今後、行われるCWL日本代表決定戦がどのような展開を迎えるのか、いまから楽しみです。

 

▼ 第1回CWL日本代表決定戦のトーナメント表・結果はこちら!

※本大会で使用されているゲームモードには、「CERO:Z(18才以上のみ対象)」に該当する表現は含まれません。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る