ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】日本選抜vs.アジア選抜の対抗戦は日本チーム(タケ。/ペコス/チクリン)が全勝!

2019年1月26~27日にかけて、千葉県幕張メッセにて、日本とアジアのトップesports選手が対決する大型イベント“eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~”が実施。26日には『鉄拳7』の日本選抜3人vs.アジア選抜3人のチーム戦が行われ、日本選抜が3戦全勝で勝利した。

eSPORTS国際チャレンジカップ~日本選抜 VS アジア選抜~『鉄拳7』部門 概要・結果

ろご

会場:幕張メッセ
大会形式:3vs.3チーム戦、変則早稲田式。各組み合わせ1or3or5試合先取制
賞金総額:375万円
日本選抜選手:タケ。(ポール)/ペコス(ギース、ボブ)/チクリン(仁)
アジア選抜選手:Sora(仁)[サウジアラビア]/Book(仁)[タイ]/AK(シャヒーン)[フィリピン]
生放送タイムシフト:ニコニコ生放送/OPENREC/twitch

試合結果

ペコス(ギース) ○3-2× Sora(仁)
チクリン(仁) ○3-0× Book(仁)
タケ。(ポール) ○5-2× AK(シャヒーン)

日本選抜が3連勝で勝利

・日本とアジアの強豪プレイヤー6名が登場
本イベントの開催直前の同会場では、日本選抜チームを決める予選大会が実施。JeSUのプロライセンス保有選手11名が出場するダブルイリミネーショントーナメントが争われ、上位に勝ち上がったタケ。、ペコス、チクリンの3名が日本選抜選手に決定した。

対するアジア選抜チームの3名は、“eスポーツ ワールドチャンピオンシップ”金メダリスト・Sora[サウジアラビア]、“鉄拳ワールドツアー2018”ファイナリスト・Book[タイ]、フィリピン『鉄拳』界の若きエース・AKという、そうそうたるメンバーだ。

日本チーム
日本選抜チーム。左からペコス、チクリン、タケ。
アジアチーム
アジア選抜チーム。左からAK、Book、Sora。

先鋒戦 ペコス(ギース)vs.Sora(仁)

ギースは当て身やゲージ使用技を用いたコンボで高ダメージを狙い、仁は手数の多さでチャンスメイク。両者ともに強みを活かした好勝負となり、試合カウント2-2にもつれ込む。しかし5試合目はギースが序盤から主導権を握り、仁の抵抗を許さずに圧倒。デッドリーレイブを決めるシーンも見せ、ペコスの勝利となる。

 

中堅戦 チクリン(仁)vs.Book(仁)

仁の同キャラ戦はチクリンが絶好調。ラウンド序盤で体力リードを奪い、大味な攻めになったBookの攻めを迎え撃つ状況が続く。ほぼ危なげない内容でチクリンが試合カウント3-0の完封勝利を達成。

 

大将戦 タケ。(ポール)vs.AK(シャヒーン)

防御を得意とするタケ。に対し、AKはリーチの長い下段攻撃のスライディングと蹴りあげの中段を用いて大胆な攻めを展開。序盤の試合内容は拮抗したが、中盤から白星を先行させたのはタケ。後半戦ではAKの中下段の使い分けを的確にガードして反撃し、試合カウント5-3で決着となった。

 

試合1
試合2
試合3
試合4
試合5
試合6
試合7
試合8
準優勝
アジア選抜チームには賞金75万円が贈呈。
優勝
勝利した日本選抜チームにはトロフィーと賞金300万円に加え、豪華副賞が贈呈された。

 

鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦が開催決定!

こくち1
こくち2
こくち3

 

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る