ファミ通AppVS 新着記事

【レインボーシックス シージ】プロリーグ シーズン9(APAC/JPサブリージョン)スケジュール&結果まとめ

hqdefault

※ロスター情報は判明次第修正いたします。現時点で判明している選手を掲載させていただきます。

  • Day9~Day14(6日分)の試合については、Six Invitational後に実施。こちらのスケジュールは後日公開予定です。
  • シーズン9より、上位4チームによるプレーオフシーズン(フェーズ2)を廃止。代わりに各サブリージョンのプロチームは、前シーズンのポイントシステムを用いて、ランキング決める。ランキング上位2チームは、APAC Finalに進出。下位2チームは、チャレンジャーリーグ降格および入れ替え戦を実施。

 

Japanプロリーグ シーズン9

 

※プロリーグ APACリージョンの競技フォーマット、マッププレイリストについて紹介

https://www.famitsu.com/matome/r6s/esports08.html

※7ラウンド先制への変更やLION使用禁止、Six Invitational賞金について

https://www.famitsu.com/matome/r6s/esports39.html

※公式esports大会にて新オペレーターを3ヵ月の使用不可にする‟Evaluation Period”をアナウンス

https://appvs.famitsu.com/20181205_16912/

出場チーム

norarengou_logo

  • 野良連合

メンバー:Wokka、Papilia、ReyCyil、Merieux、Ramu

Dqk2KZ4UUAAhhrL

 

  • Sengoku Gaming Extasy

メンバー:YoshiNGO、SuzuC、gatorada、WAYOUMAN、Cabbagest、Aroer1na

fav_ロゴ

  • FAV Gaming

メンバー:ShiN、OdeNMiso、K-RAISER、Taipon、Afro

cyclops

  • CYCLOPS athlete gaming

メンバー:Anitun、Com、Shokei、Mocho、tetra

n6PG9Fb1_400x400

  • Rsk Ninjas Gaming

メンバー:RiskivzyAt’z、SouLBoi、Milkydrift、Rumad、Whitebear

DsAUv93V4AA8hno

  • AFFLICT Rev

メンバー:Ritsuka、Lapla、KemicaL、CE1、Lizpe

member_default_icon

  • SCARZ

メンバー:shu、Im_Avi、Seeker、febar、Barb1e

1491470746392-rs6

  • 父ノ背中

メンバー:Kenki、Kakitare、Apple20、NoTimeGG、kinchi

ポイントランキング

1位 Sengoku Gaming Extasy 12
2位 野良連合 10
3位 CYCLOPS athlete Gaming 6
4位 FAV gaming 4
5-6位 Rev 1
5-6位 父ノ背中 1
7-8位 SCARZ 0
7-8位 Rsk Ninjas Gaming 0

1勝は3ポイント、同点は両チーム1ポイント、敗北は0ポイント。

スケジュール・結果

Day1 1月16日(水)

21:00~ Sengoku Gaming Extasy 2−0 SCARZ

ゲームカウント プレイマップ
 Sengoku Gaming vs SCARZ 領事館
 Sengoku Gaming vs SCARZ  オレゴン

新シーズン開幕戦となったSengoku Gaming Extasy対SCARZは、チャレンジャーリーグから昇格してきたSCARZが、前シーズン日本リーグ1位のSengoku Gamingに挑む一戦に。結果は、王者Sengoku Gamingが貫禄勝ちを収めた。

IGLのSuzuC選手がチームを支え、YohiNNGO選手とCabbagest選手が試合のリズムを作った。その証左としてOpK(オープニングキル)を見てみると、SCARZが総計7に対してSengoku Gamingが総計11。あまり大きな差と思わないかもしれないが、発生時間を見てみると試合開始1分以内のOpKはSCARZが2回であったのに対し、Sengoku Gamingが5回だった。SCARZはあえて早めの勝負を仕掛けている可能性もあることから、今後のSCARZの試合では序盤の駆け引きに注目したい。

22:30~ CYCLOPS athlete Gaming 2−0 Rsk Ninjas Gaming

ゲームカウント プレイマップ
 CYCLOPS athlete Gaming vs Rsk Ninjas Gaming 国境
 CYCLOPS athlete Gaming vs Rsk Ninjas Gaming 銀行

プロリーグ1日目、攻防ともに CYCLOPS athlete Gaming(以下、CAG)が圧倒した。Season9よりRoster入りなったCAG Anitun選手とCom選手がキルメイカーとして躍動し、前シーズンからチームを支えるShokei選手は驚異のKD4.0、tetra選手に至っては12ラウンド中に7回ものPlantを成立させた。

対して、新メンバーのwhitebear選手を加えたRsk Ninjas Gaming(以下、RNG)は、RiskivzyAt’z選手がACEを決めるなど躍動するも実らなかった。

HS率に着目すると、前シーズン同様に高いレートを誇るRNG RiskivzyAt’z選手に、CAG Shokei選手もひけを取らない数値を出しており、双方ともに63%であることにも注目したい。

Day2 1月17日(木)

21:00~ FAV gaming 1-0 ReV

ゲームカウント プレイマップ
 FAV gaming vs ReV クラブハウス
 FAV gaming vs ReV 銀行

 

前シーズン6位という結果でなんとかプロリーグ残留を決めたReVが、前シーズン3位のFAV gamingに牙をむいた試合。
ファーストマップは拮抗した展開が続き、FAV gamingはSix Invitational2019 APAC Finalでクラブハウス、銀行の戦術を見せてしまっている中でも、意地の応戦をした。

その中でも際立った活躍を見せたのが、ShiN選手とAfro選手。両者ともに1v2Clutchを決め、防衛時KD2.0は超える。堅実な守りでチームを勝利に導いた。

 

 

22:30~ 野良連合 1-0  父ノ背中

ゲームカウント プレイマップ
 野良連合 7 vs 2  父ノ背中  銀行
 野良連合 6 vs 6  父ノ背中  海岸線

 

Day3 1月18日(金)

21:00~ 野良連合 2-0 SCARZ

ゲームカウント プレイマップ
 野良連合  7 vs 5 SCARZ  ヴィラ
 野良連合  7 vs 2 SCARZ  オレゴン

各チーム2日目となるDAY3では、勝ち点を1でももぎ取りたいSCARZと、シーズン序盤でこれ以上勝ち点を落としたくないAPAC王者・野良連合による戦いとなった。

第1マップVillaで、モンターニュを主体とした攻撃と強気な防衛スタイルを見せる、似通った2チームの戦いに違いを生み出したのは、Ramu選手。Ramu選手は防衛時6キル1デスの活躍を見せ、ポイントをSCARZに明け渡さなかった。一方のSCARZは、Im.Avi選手の4キル、1vs2クラッチなどで食らい付くも一歩及ばず。

第2マップOregonでは、世界トップレベルの実力を持つWokka選手、Merieux選手が防衛3ラウンド(全15キル)中12キルを叩き出し、SCARZの攻撃を完全に封殺。防衛時だけでなく攻撃時もWokka選手とRamu選手は7キルを取る活躍を見せ、勝利に貢献した。

結果的に野良連合が勝ち点6を獲得したが、まだシーズン序盤でありどちらのチームも未完成に思える。4試合で勝ち点0とPLの洗礼を受けたSCARZであるが、Villaの防衛全ラウンドでオペレーター構成が違うという柔軟性・対応力を見せ、今後の成長に期待したくなる試合だった。
(文:okamoto、編集:工藤エイム)

22:30~ Sengoku Gaming 2-0 ReV

ゲームカウント プレイマップ
 Sengoku Gaming  7 vs  5 ReV  海岸線
 Sengoku Gaming  7 vs  3 ReV  領事館

Aroer1na選手のSengoku Gaming(以下、SG)復帰戦となった本試合。SGはメンバー交代および準備期間の短さを感じさせない戦いぶりでReVを下し、DAY3終了時点でポイントランキングは1位(12ポイント)となった。
注目したいのが、Cabbagest選手。SRV 55%と堅実な立ち回りで、さらには1vs1クラッチを決め危機を脱する。ReVもCE1選手が攻守の要となり、1vs2クラッチを決めチームを奮起させた。
チーム全体に目を向けると、固く丁寧なプレイスタイルのReVに対し、Sengoku Gamingの強気な作戦が功を奏したと見える。攻撃時OpKの数は、SGの5に対しReVは6と上回っているが、両チームのOpKは意味合いが違っている。
Aroer1na選手とSuzuC選手は、思い切りの良い詰めでカバーを入れさせずOpKをもぎ取る。 一方のReVは、SGのトレードキル覚悟の強きな防衛スタイルに対処してOpKを得るも、その後はカバーを取られ人数有利を維持できない場面が見られた。
結果としてSGは、攻撃時OpKを取った5ラウンドすべてで勝利。ReVは6ラウンド中2ラウンドしか勝利できなかった。ReVは、次戦の相手も攻撃的なチーム“野良連合”であることから、1週間のあいだにどのような対策を講ずるか注目したい。
(文:okamoto、編集:工藤エイム)

Day4 1月23日(水)

21:00~ FAV gaming vs Rsk Ninjas Gaming

22:30~ CYCLOPS athlete Gaming vs 父ノ背中

Day5 1月24日(木)

21:00~ 野良連合 vs ReV

22:30~ Sengoku Gaming Extasy vs Rsk Ninjas Gaming

Day6 1月25日(金)

21:00~ SCARZ vs 父ノ背中

22:30~ FAV gamin vs CYCLOPS athlete Gaming

Day7 1月30日(水)

21:00~ 野良連合 vs Rsk Ninjas Gaming

22:30~ Sengoku Gaming Extasy vs CYCLOPS athlete Gaming

Day8 1月31日(木)

21:00~ FAV gaming vs SCARZ

22:30~ ReV vs 父ノ背中

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る