ファミ通AppVS 業界ニュース

【FAV gaming R6S部門ブログ#3】明日はSix Invitational 2019 APAC Finalです(by Afro)

新年、明けましておめでとうございます。FAV gaming『レインボーシックス シージ』部門所属のAfroです。2019年もどうぞよろしくお願いいたします!

ブログを書くのは今回が初めてなので至らない点が多々あると思いますが、どうか温かい目で見ていただけると嬉しいです。

DwjMXuuVAAAOej2
FAV gaming レインボーシックス シージ部門

まず、僕の『レインボーシックス シージ』経歴から。

『レインボーシックス シージ』(以下、『R6S』)を購入したきっかけは、単に暇つぶしでした。

始めは、友だちとともに楽しくカジュアルプレイをしていたいました。『R6S』は上下(床下や天井からの)撃ち合いが多かったり、壁の補強をして自身で強いポジションや有利な射線を作ったり、ドローンで敵を探せたり……など、ほかFPSゲームにはないプレイが多く、その奥深さにはまりました。

その後は、YouTubeで国内・海外のプロリーグの動画を見て、プロプレイヤーのプレイを研究するようになりました。中でもリーダーShiNさんのプレイは別格で、そのすごさに圧倒され一瞬でeiNsのファンになりました。それからの自分なりにこのゲームを研究し、日々練習を積み重ねています。

eiNsに入隊した当初は、敵の位置の報告や自分がつぎにおこすアクションについて報告がうまくできず、メンバーの皆をイラつかせていたと思います。もしかすると、いまでもそうなのかもしれませんが(笑)。

それでもShiNさんやOdeNMisoさんに指導していただき、少しずつですが上達を実感しています。そんな私が、eiNsのメンバーとして受け入れてもらえたことは千載一遇のチャンスだと当時は思っていました。

 

そして、昨年の12月には、FAV gaming所属プロ選手として活動することになりました。

僕にとっては、eiNsに入隊できたことでさえ夢のような出来事だったのに、入隊して8ヵ月でプロ契約を交わすことになるとは、まったくもって想定外の出来事でした。

初めは驚きと同時に期待が膨らみましたが、いざ契約書を前にするとプロになることへの重圧を感じ、不安な気持ちが大きくなったことを覚えています。ですが、その不安以上に、僕を受け入れてくれて後押ししてくれたShiNさんをはじめメンバーのみんなへの感謝の気持ちが大きく、一層気合が入りました

そして、今年1月上旬に行われたSix Invitational 2019 APAC Final日本代表決定戦では、優勝することができました。

試合中について1番強く覚えていることは、やはりこの大会のすべてを持っていった、OdeNMisoさんのペレット破壊シーンです。

OdeNMisoさんはそのとき、ガチのトーンで「ほんまごめん」と謝っていましたが、チーム内は笑いの渦に包まれていました。あの場面でチームの雰囲気が悪くなっていたら、その後の試合の展開も変わっていたのかもしれませんね。

▲OdeNMisoのペレット破壊シーンは9分20秒あたりから

さて、明日1月12日午前8時から行われる‟Six Invitational 2019 APAC Final”は、FAV gamingとして初めての国際オフライン大会となります。もちろんAPAC代表権を勝ち取りたい気持ちもありますが、何より楽しんで試合ができたらいいなと思います

まだまだ実績も経験も未熟ではありますが、これからも努力を積み重ね、FAV gamingの戦力として活躍できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします!

S__10706997
S__10706995
左からOdeNMiso,Taipon,ZAKO

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る