ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】第8回TOPANGAチャリティーカップはsako、ときど、YHC-餅、にゃん師、すなおのチームが制覇

2019年12月22日、東京都飯田橋にて、『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下、『ストV AE』)の5on5大会“第8回TOPANGAチャリティーカップ”が実施。930名が出場する大型トーナメントが争われ、チーム【TOPANGA】(ときど/sako/YHC-餅/にゃん師/すなお)が優勝した。

トパンガチャリティカップ概要・結果

会場:飯田橋グラン・ブルーム29階 Think Lab
大会形式:5on5勝ち抜き戦、シングルイリミネーショントーナメント
トーナメント表:challonge
生放送タイムシフト:メインch(OPENREC)/サブch(OPENREC)
※大会公式サイト

順位 チーム名(チームメンバー)
1位 【TOPANGA】(sako/にゃん師/YHC-餅/ときど/すなお)
2位 【GOLDEN DRAGON】(竹内ジョン/のぐち/ゆずぽんず/パウエル/クラッシャー)
3位タイ 【フロンティア豚骨味】(大分人/ぷげら/なおーん/じゃじぃ/グサーン)
3位タイ 【Ino浜爆走愚連隊】(Pすけ/おさゆ~/キンドー/井上/エスタ)

参加者数:186チーム930名

TOPANGAチャリティーカップは、年1回のペースでトパンガが開催している、『ストリートファイター』シリーズの5on5大会。対戦シーンでは年1回の同窓会のように多くのファンたちが集うイベントとして知られている。その第8回を数える今回も、初心者からプロゲーマーまで幅広いプレイヤーが出場。その中には、芸能界で活躍する歌広場淳さんや倉持由香さんをはじめとする著名人が選手として参戦しており、例年に増して注目度の高い内容となっていた。また、今回の会場はメガネチェーン店を運営するジンズの東京オフィス。一般企業がゲーム大会にオフィスを貸し出すなど、昨今のesportsの盛り上がりを感じさせた。

IMG_4050
大会はオシャレなオフィス内にゲーム機を設置して行われた。
IMG_4044
ふだんここで働いている人からは想像もつかないだろう混み具合。
IMG_4046
献血の募集も行われており、多くの人が協力していた。
メイン会場には放送席や観戦用のイスが並べられ、
さながらesportsスタジアムといった感じ。
dig
個人戦が多いストV AEだが、本大会はチーム戦。
mde
プロアマ関係なく、多くの人が参戦してイベントを楽しんだ。
cof
チームの勝利をメンバーと分かち合えるのが、
チーム戦の醍醐味だろう。
sdr
チームメイトの勝利を仲間が祝福。
cof
メイン会場の脇には10台以上の対戦台が設置され、
試合や観戦の合間に対戦交流が行われた。
sdr
全国から集まったプレイヤーが絶え間なく対戦を繰り広げた。

決勝はsakoが5人抜き!

チーム戦ならではの応援や歓声で盛り上がる中、トーナメントを決勝戦まで勝ち上がったのは【TOPANGA】と【GOLDEN DRAGON】の2チームだ。先鋒戦はのぐち(ガイル)がすなお(かりん)を破り、【GOLDEN DRAGON】が先制するが、【TOPANGA】次鋒のsakoが奮闘。のぐちを危なげなく倒すと、続く竹内ジョン、パウエル、ゆずぽんず、クラッシャーの全員を撃破。sakoが5人抜きを達成し、【TOPANGA】の優勝となった。

sdr
dig
sdr
なんと、sakoが脅威の5人抜きでチームを優勝へ導いた。
dig
トーナメント終了後には日本赤十字社より
多くの献血の協力を得られたを深く感謝する旨が伝えられた。
dig
続いてはトパンガ代表の豊田氏が挨拶。
今回のチャリティカップでは寄付額が180万円になったうえ、
多くの参加者たちは大会を楽しんでおり、みんながハッピーなイベントになったことを嬉しく思うとコメント。
来年以降もチャリティカップは継続していくので、ぜひ次回も参加して欲しいと話してイベントを締めくくった。

 

担当:ライター H.H

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る