ファミ通AppVS イベントリポート

【PUBG】栄えある優勝は“SunSister Suicider’s”!初の賞金総額1000万円大会“PJS Winter Invitational 2018”リポート【PWI2018】

いずれも劣らぬ名勝負!

2018年12月16日、DMM GAMESは『PUBG』の日本公式リーク゛“PUBG JAPAN SERIES (PJS)”の2018年を締めくくる大会“PUBG JAPAN SERIES Winter Invitational 2018(PWI2018)”を開催した。

キャプチャ

本イベントは“PJS”初となる賞金1000万円を懸けた大会。チケットは発売開始1分で完売するほど、大きな注目を集めるものとなった。本稿では、大会当日の白熱した試合模様をお届けしていく。

【開催日】
2018年12月16日

【会場】
ベルサール東京日本橋

【賞金】
総額1000万円

【試合形式】
Round1:FPPモード(Erangel)
Round2:FPPモード(Miramar)
Round3:FPPモード(Erangel)
Round4:FPPモード(Erangel)

PWI2018出場チーム

■PJSseason1 Phase2 Grade1ランキング上位10チーム
・V3 FOX
・SunSister Suicider’s
・AEGIS-HESTIA
・Crest Gaming Xanadu
・ISG Albatross Bloom
・DetonatioN Gaming White
・DetonatioN Gaming Black
・OracleNox
・野良連合Grim Reaper
・ROX Orcas Blue

■視聴者人気投票上位4チーム

・SengokuGaming Survive
・Zoo Gaming / Penguin
・BLUE BEES cresc.
・Rascal Jester

■海外招待チーム2チーム
・Gen.G
・OP GAMING Hunters

出演者

メインMC:トンピ?(@tonpiava)
サブMC:初音(@chunetaro)
キャスター:OooDa(@OooDa)
コメンテーター:SHAKA(@avashaka)
アナリスト:abara(@abaranche)
インタビュアー:橘亜李彩(@arisa_tachibana)

ルール変更による激しいキル合戦が見物!

本大会ではこれまでの“PJS”とはルールが変更となり、PKLルールが適用。ドン勝時の8ポイントに加え、1キル毎に1ポイントが付与されることとなった。

従来とは異なりキル数が重要となったことで、各チームがどのような試合を展開していくのか、大きな注目が集まった。

画像2
画像3

実況はOooDa氏、解説はSHAKA氏が務めた。

Round1

【ドン勝チーム】
Rascal Jester

画像4

PKLルールではあらかじめ安全地帯が表示されていることもあり、そこを狙って降下するチームが多く見られることに。

試合が大きく動いたのはフェーズ4。“V3 FOX”と“野良連合Grim Reaper”が建物内で激突。激しい撃ち合いのなか、“野良連合Grim Reaper”のWesker選手がグレネードで2名のダウンを取り、“V3 FOX”を壊滅へと追い込んだ。

最終局面では、遮蔽物のないフィールドで“Rascal Jester”と“Albatross Bloom”の2on2に。観客が息を飲んで見守るなか、両チームともエリアに合わせ徐々に前進。先に敵を捉えた“Rascal Jester”が落ち着いた様子でしっかりとキルをし、見事ドン勝を収めた。

試合結果

画像5

“Rascal Jester”ドン勝インタビュー

――今回、初戦でドン勝を取ったお気持ちを教えてください。

kendesu選手 これまでの“PJS”では最終ラウンドでドン勝を取ることが多かったのですが、今回は最初にドン勝が取れて、安心しています。

――前回の“PJS”の大会から練習方法や意識を変えたことはありますか?

kendesu選手 今回の大会では20チームから16チームになり、敵が少なくなったので、マップをできるだけ広く取って情報共有をしました。それが勝ちにつながったのかなと思います。

Round2

【ドン勝チーム】
SunSister Suicider’s

画像6

第2試合では、パルスから離れてファームするチームが多く見られ、安全地帯を目指して移動するチーム同士での戦闘が多発。非常にキルペースの早い試合となった。

エリア内を車で移動していた“SunSister Suicider’s”のCinve選手は、第1試合でドン勝を取った“Rascal Jester”の2名が乗ったバイクと正面衝突。

2対1という不利な状況だったが、素早い判断力とエイム力で2名を倒すことに成功。これには実況のOooDa氏も感動の声をあげた。

最後は1名生存の“DetonatioN Gaming Black”に対し、有利なポジションを取った“SunSister Suicider’s”が3名生存でドン勝を果たした。

試合結果

画像7

“SunSister Suicider’s”ドン勝インタビュー

――ドン勝を取れた気持ちを教えてください。

Sabrac_選手 初めてのPKL大会のルールで、練習試合でも結果が得られてなく、不安が大きかったんですけど、“1日1ドン勝”という昔からの目標を達成できてホッとしています。

Round3

【ドン勝チーム】
Zoo Gaming / Penguin

画像8

第3試合では各チームともキルを狙い合う、強気なプレイングが際立つ展開となった。

中盤戦で目を引いたのは、“OP GAMING Hunters”からの銃撃を避けるために“AEGIS-HESTIA”が民家に逃げ込もうとした一場面。

間一髪、そこがすでに“Gen.G”によって占拠されていたことを見抜き、塀の内側に潜り込んだ“AEGIS-HESTIA”のBrost選手が不意を突き、“Gen.G”の3名を瞬く間にキル。

しかし、そのダウン銃声を聞いて駆け付けた“DetonatioN Gaming White”を前に“AEGIS-HESTIA”があえなく壊滅。そこにさらに“ROX Orcas Blue”も参じるという、本試合最大の混戦を呈した。

最終局面では3名生存の“Zoo Gaming / Penguin”が、人数不利な“OP GAMING Hunters”に対し、相手の動きを見極めて待ち構える冷静な判断を下し、ドン勝を勝ち取った。

試合結果

画像9

“Zoo Gaming / Penguin”ドン勝インタビュー

――ファーストキルでovagong選手がやられてしまいましたが、3人でドン勝できた勝因はなんだと思いますか?

Ruytv選手 ひとり削られたことで逆に、ひとりひとりの声がよく出て、冷静に判断できたと思います。

――この後のラストラウンドに向けての意気込みをよろしくお願いします。

ovagong選手 チームはドン勝したんですけど、自分だけ64位だったのでつぎは見せ場を作れるようにがんばります!

Round4試合結果

【ドン勝チーム】
SunSister Suicider’s

画像10

4試合目では開幕から車両の取り合いや撃ち合いが連続する、早急な試合展開が目を引いた。

フェーズ6に入り、主戦場はマップ中央の麦畑に移行。それを見越してか“OP GAMING Hunters”はあらかじめそのセーフエリア中央に潜んでおり、“野良連合Grim Reaper”への奇襲を見事成功させることに。全メンバーが生存していた同チームを息を吐かせぬ間もなく下した。

最終的には“SunSister Suicider’s”のSabrac_選手と“OP GAMING Hunters”のBreakNeck選手の一騎打ち。遮蔽物に隠れながらSabrac_選手が投げたフラググレネードが決定打となり、“SunSister Suicider’s”が本大会2回目のドン勝を果たした。

試合結果

画像11

“SunSister Suicider’s”ドン勝インタビュー

――ズバリ、いまのお気持ちをお聞かせください。

Sabrac_選手 もう、うれしいの一言ですね。いままでの大会でいちばん勝ててうれしいです。

――最後、Sabrac_選手が相手をグレネードで飛ばしたシーンがあったと思うのですが、勝因はなんだったと思いますか?

Sabrac_選手 最後、敵の位置がわからなかったんですけれど、仲間が位置を教えてくれたというのと、足元にちょうど死体箱があって、グレネードがひとつ落ちていたんですよね。いろいろタイミングが合いました。奇跡ですね。

最終順位

【優勝チーム】

Round1~4まででもっともスコアを稼ぎ、見事優勝したのは“SunSister Suicider’s”

画像12

――優勝おめでとうございます! 「正直もう、優勝取れるな」と思っていましたか?

Sabrac_選手 ぜんぜん思っていませんでした。不慣れなルールで心配でしたが、無事勝てて、本当にホッとしています。

――強さの秘訣を教えてください。

Sabrac_選手 メンバーそれぞれの報告量など、よく喋るというコミュニケーションを大事にしています。そのおかげで日に日に連携が高まっていき、勝てたのだと思います。

――お正月はなにをしますか? やはり『PUBG』なんでしょうか。

Sabrac_選手 僕は毎年焼肉に行っているので、焼肉です(笑)。

gabha選手 僕はPUBGですね。

【第2位】OP GAMING Hunters

画像13

――日本のチームの印象を教えてください。

日本のチームについてはデータを持ってなかったのですが、実際に戦ってみてやっぱり怖い存在だな、と思いました。

――ファンのみなさん、見てくださっているみなさんにひとことお願いいたします。

日本のファンのみなさん、こんばんは。韓国のみなさんからいろいろな応援をいただきました。ありがとうございます。これからも、もっといい試合をお見せできるようにがんばります。

【第3位】Crest Gaming Xanadu

画像14

――普段から練習するうえで意識していることはありますか?

ARIES_DOTA2選手 「味方の場所と敵の場所を意識して、どの角度でいけばカバーできるのか」ということをつねに考えています。

――“PUBG ASIA INVITATIONAL MACAO 2019”に向けての意気込みをお願いします。

RIO01選手 海外大会で1回はドン勝を取りたいと思っているので、応援よろしくお願いします!

【モストキル賞】

“DetonatioN Gaming Black” SSeeS選手

画像15

――今回の大会の中でいちばん印象に残っているキルシーンを教えてください。

SSeeS選手 砂漠のマップで“OracleNox”に襲われた時にキルできたのが印象的でした。

――賞金の50万で何を買いたいなとか、活かしたいななど、決めていますか?

SSeeS選手 ゲーミングPCなどを置く机が欲しいです(笑)。

【MVP】

“SunSister Suicider’s” Sabrac_選手

画像16

――最後の1対1のシーン、「自分いけるな」と思いましたか? 「怪しいな」と思いましたか?

Sabrac_選手 グレあった瞬間にいけるかなと思いました。味方の報告を信じて、絶対あそこに投げれば倒せると思いました。

――最後までグレを残しておくという判断は、どうしているのでしょうか。

Sabrac_選手 ふだんだったら1個は終盤に残しておくことが多いんですけれど、今回は最終エリアが麦畑になったので、カバーするために全部捨てちゃったんですよ。最後の1対1のときに、ちょうど足元にグレが1個あったので、それが決めてでしたね。

総合結果

画像17

記者の目

PKLルールという新しい試みが適用され、駆け引きにも勢いが増した本大会。キルポイントの重要性も高まり、個々人のスキルはもちろん、チームとしての連携力がさらに必要となってくるであろう今後、選手たちがどのような戦術を練ってくるのか楽しみだ。

本大会で二度のドン勝を勝ち取り、圧倒的な強さを見せつけた“SunSister Suicider’s”。2019年に開催される“PUBG ASIA INVITATIONAL MACAO 2019”での活躍にも、一層期待していきたい。

選手集合写真_1

▼PJS Winter Invitational 2018

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る