ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【ストV AE】「今年はかなり自信があります」カプコンカップ直前のガチくんインタビュー

AbemaTVで好評放送中の“ウルトラゲームステーションズ ストV AE”。本番組は、ときどや藤村など、『ストV AE』のプロゲーマーによって構成された“チームウルステ”に挑み、見事に勝利したら賞金100万円を獲得できるという格ゲーガチンコ対戦番組だ。

今回は、番組に出演するときど、藤村、ガチくんにインタビューする機会をいただくことができた。本稿では番組の見どころや目前に迫ったカプコンカップへ向ける意気込みをガチくんにうかがったぞ。

カプコンカップ2018概要

年間を通じて世界各地で行われたカプコンプロツアーのランキング上位者たちが集結し、世界一の座をかけて戦う『ストリートファイターV アーケードエディション』の公式世界大会。

■場所:アメリカ・ラスベガス
■日時:現地時間2018年12月14日~12月16日
■優勝賞金:約25万ドル
■英語配信チャンネル:Twitch1Twitch2
■日本語配信チャンネル:OPENREC(最終予選)OPENREC(決勝大会DAY1)OPENREC(決勝大会DAY2)
※カプコンカップ公式サイト

TN4_9546
収録まえに快くインタビューに答えていただいた藤村(左)と、ときど(右)。
がち2
レッドブルアスリートのユニフォームもなじんできたガチくん。

ウルトラゲームステーションズ ストV AE概要

AbemaTVの格ゲーガチンコ対戦番組。挑戦者が“チームウルステ”の3人を倒すと賞金100万円を獲得する。
チームウルステ:先鋒はつめ、中堅マゴ、大将ときどor藤村

※12/13#2告知ページ はこちら

Q、カプコンカップの自信は?
ガチくん「最近は成績がついてきたので、自信はあります」

――まずは間近に迫ったカプコンカップへの意気込みをお願いします。

ガチくん 今年は自信があります。いままではチャレンジャーの心境というか、「普段はトッププレイヤーたちに負けているのに、あんなにでかい大会で上までいけるのかな」といった不安が心の中にあって、プレイ内容にも弱気な部分がありました。試合前から自信がなかったんですよね。しかし今年は自分の弱い部分や負けた原因をひとつひとつカバーできるように取り組んできて、最近は成績がついてきました。なので今はそれなりに自信がある感じですね。

――今年の一時期はラシードは厳しいのではないかと言われていましたが、今はどうでしょうか?

ガチくん 3月ぐらいは厳しいと言われていましたね。現在はすごい強いわけではないですが、強いキャラだとは思っています。Oil KingやBigBirdや僕も、大会結果が出ているんですよ。なので絶対弱いキャラではなく、その点は不安要素にはならないと思います。

――そのラシードと共にCPTの期間を戦ってみての手応えや感想はいかがですか?

ガチくん ラシードが一回弱くなったことで、僕自身のプレイヤースキルの成長に繋がった感覚がありますね。強いキャラだと強い行動がたくさんあるため楽をして勝てますが、その楽ができなくなった影響で立ち回りの部分をしっかり調べるようになり、多くの知識が身につきました。その点も今の自信に繋がっています。

――11月にはレッドブルアスリートになりましたが、今までの違いなどは感じていますか?

ガチくん はい。「プロおめでとう!」といった周りからの視線というか、扱いが変わったように思います。主観的にはレッドブルの名前を背負っている感覚があり、大会のときの気合の入り方は今までとは違いますね。

――レッドブルアスリートとしてはRed Bull Kumiteが初陣でしたよね。

ガチくん そうですね。あの前日予選のときは朝から試合中までずっと緊張がすごかったです(笑)。ずっと「負けちゃいけない」という思いが頭の中から消えませんでした。これまでは大会で1~2試合すれば和らいできたのですが、Red Bull Kumiteの時は前日予選の突破が確定するまではずっと緊張していましたね。

――ではそういった諸々を踏まえつつ、カプコンカップの勝算はいかがでしょう?

ガチくん 僕は初戦でBigBirdとあたり、隣はcrossover対ときどさんです。その次に当たる可能性があるのが、NuckleDu、板橋ザンギエフさん、ももちさん、OilKingなんですよね。ここまでは60%ぐらい僕がウィナーズで突破できると思っています。かなり自信がありますよ。

――そのメンバーを相手に60%はすごい数字ですね。

ガチくん 最近は初戦で当たるラシード戦を多くやっていて、次にあたる豪鬼は今年一番対戦している組み合わせです。豪鬼には勝率が良いんですよ。その次はももちさんが上がってくると、何を使ってくるかわからない点が少し怖いですね。手札には是空を持っているみたいで読みにくいです。しかしここまでを想定しても分が悪いとは思いません。ラシードが戦えるキャラが多く、勝ち抜ける可能性は高いと思っています。

――なるほど。では優勝できる可能性は何%ぐらいあると思いますか?

ガチくん ここ以降はまったく読めませんね。他のブロックで誰が勝ち上がってくるかでかなり変化するため、気合でなんとかしたいところです。

Q、100万円獲得の勝因は?
ガチくん「マゴさんまで倒せれば何とかなると思って挑みました」

――次にウルトラゲームステーションズについておうかがいします。ガチくんさんは挑戦者で100万円を獲得しましたが、勝因は何だったと思いますか?

ガチくん 前番組の“賞金首”に比べてルールが甘いというか、ハードルが下がりました。前はハイタニさん、ときどさん、藤村さん、板橋ザンギエフさんが相手で、しかも3~5試合先取制なため、これはちょっと誰も勝てないと思っていたんですよ(笑)。対してこの番組は、はつめさんとマゴさんと、もうひとり藤村さんかときどさんが相手ですよね。ときどさんに対しては直近の対戦成績が良かったので、マゴさんまで倒せれば何とかなるかなと思って挑みました。そうしたら普通に勝てた感じです。

――大将のときどさんはガチくんさんが指名して選んだのですか?

ガチくん その日は藤村さんの予定が合わずに来れなかったため、大将はときどさん固定でした。自分で選べたとしても2億%ときどさんを選びましたけどね(笑)。もし藤村さんが相手だったら全然違った結果になったと思います。

――番組の収録前にはどんな準備をしてきたのでしょうか。

ガチくん 収録日の前日にキャミィ戦だけひたすらやりました。というのは、Red Bull Kumiteを終えて帰国した次の日に収録だったので、あまり番組に備える時間は無かったんですよ。

――そのキャミィ戦への備えは本番で活きましたか?

ガチくん はい、活きました。マゴさんとは普段から対戦していて、大きい大会では負けているんです。その反省点を頭に入れて試合動画を見て、マゴさんに対する人読みを重視した準備をしました。あとは、僕の試合前に竹内ジョン君がマゴさんと試合をしたのですが、ジョン君から「これをやればよかった」というような話を聞きました。それらを本番で実践したことで勝つことができましたね。

――こういった番組が放映されるようになるなど、今年はesportsが勢いがありました。ご自身が渦中にいるという感覚はありますか?

ガチくん ありますね。例えばときどさんが情熱大陸、ウメハラさんがプロフェッショナルに取り上げられていて、今僕がやってるゲームのプレイヤーたちが注目されているという事を実感しています。

――注目を浴びるようになり、ゲームプレイには影響していますか?

ガチくん プレイ面では魅せる試合などは意識しませんが、見ている人にゲームのやり込みが伝わるようなプレイをしたいというのはありますね。誰に見られても恥ずかしくないようなプレイを心がけています。

――これからのメディアに期待していることはありますでしょうか?

ガチくん 今は格闘ゲームがメディアで扱われるときには賞金額に目が行きがちです。その点よりは、選手ひとりひとりにフォーカスをあてて、「この選手はこのゲームでこうやって活躍しているんですよ」といったことを伝えられれば、本当にスポーツニュースになって面白いような気がしますね。世間的に、ゲーマーはまだアングラなイメージが強いと思うんですよ。そこをもっと良い画で扱ってもらえると、業界がもっと良く見てもらえるようになると思います。

――ありがとうございました。最後に読者にメッセージをいただけますでしょうか?

ガチくん おかげさまでレッドブルアスリートになれまして、まずはカプコンカップでいい結果を残せるように頑張りますので今後ともよろしくお願いします。これからはプレイヤーとしてもっと上の人たちを脅かせるような存在を目指していこうと思います。加えて、2019年は地方の『ストV』の対戦環境が充実するような活動ができないか考えていきます。僕は広島から東京に出てきた経緯があり、地方にはオフ対戦の環境が少ないことを体感してきました。そういった部分を手助けだったり、日常的に『ストV』の対戦ができるような何かを探っていこうと思います。

がち4

記者の目

今年は結果が出ていて自信もあるというガチくん。新たにレッドブルアスリートとなり気合いも入っている様子で、かなり期待が持てそうだ。また、地方の対戦環境を充実させる活動に取り組みたいとも話しており、同じレッドブルアスリートのボンちゃんが行っているようなオフ会を企画するのかもしれない。来年以降は大会参加だけではなく、プロゲーマーとしてのより幅広い活動に注目したい。(豊泉)

取材:ライター H.H

カプコンカップ2018関連記事

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る