ファミ通AppVS 新着記事

【鉄拳7】“TWT Finals”最終予選に日本人プロが挑む! 各プールの強豪選手をピックアップ【TWT】

2018年12月1日、2日にオランダ・アムステルダムで開催される『鉄拳7』の公式世界大会“TWT Finals”。12月1日は、“TWT Finals”出場枠の最後のひと枠をかけた最終予選が実施される。本稿では、最終予選でダブルやペコス、ゆうゆうら日本勢のまえに立ちはだかるであろう選手たちをピックアップする。

最終予選に出場する日本人プロゲーマー

ダブル

おもなプレイ地域・コミュニティー:日本
所属チーム:ー
おもな使用キャラクター:ロウ

北陸のスピードスターの異名を持つ、石川県の神童。小学生時代から石川県最強と呼ばれ、天才小学生として全国的に名を知らしめていた。
昨今の大会、特に「鉄拳7」のプロライセンスを獲得してからの活躍には眼を見張るものがあり、8月に行われた日本のTWT公認トーナメント「TOKYO TEKKEN MASTERS」では日本勢で唯一のベスト8入り。9月の「プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦」で準優勝。11月の「Red Bull Monday Night Streaks」では驚異的なスコアで勝ち抜くなど、ここ最近の鉄拳史を代表するプレイヤーだ。

image1
ダブル(中央)。日本でのTWT公認トーナメント「TOKYO TEKKEN MASTERS」にてベスト8入りを決めた瞬間。

ペコス

おもなプレイ地域・コミュニティー:日本
所属チーム:AKIHABARA ENCOUNT
おもな使用キャラクター:ギース、ボブなど

10年以上も鉄拳界のトップへ立ち続ける鉄拳界随一のタイトルホルダー。今年初めのバンダイナムコ公式大会「日本王者決定戦」の準優勝から、闘会議2018への参加権を手に入れ、勢いそのままにプロライセンスを獲得。鉄拳6時代には大型大会のタイトルを総ナメ。鉄拳TAG2で行われた世界最高峰5on5である「MASTER CUP.5」の決勝戦では、相手の1人目にチームメイトの4人を倒され、大将で登場、相手のチーム5人をそのまま抜き返す“奇跡の逆5タテ”と呼ばれる偉業を成し遂げる。

image1

 

ゆうゆう

おもなプレイ地域・コミュニティー:日本
所属チーム:UYU
おもな使用キャラクター:シャオユウ

2018年3月10日に行われたウメハラ主催のゲーム対戦イベント「獣道・弐」の鉄拳7部門にて、たぬかなとの10試合先取の勝負に9対9の最終ラウンドまでもつれ込み、ギリギリの内容の末に見事に勝利し、一気に格ゲー界の注目の的に。プレイヤーとしての実力では10年近くトップを張り続け、鉄拳TAG2時代では今年の“TWT Finals”への出場を決めているCHANELとの試合で五分五分という試合結果に。故に、その頃からCHANELに「日本で1番強かったのは、ゆうゆう」と言わせる程の存在感であった。

image2

 

Tekken World Tour Finals 最終予選

■日時:2018年12月1日
■場所:オランダ・アムステルダム
■配信チャンネル:Twitch(英語)、Twitch(日本語)
■トーナメント表:(smash.gg)

日本スケジュール
■12月1日(土)20:00〜

最大256名のトーナメント大会。日本からはダブル、ペコス、ゆうゆうらが参戦。(320名へ増員した模様)

予選プールのピックアップ選手を紹介

まずは16プールに分けられた予選からスタート。
ダブルはプール8、ペコスはプール13、ゆうゆうはプール5。

プール1

ABEL DEL MAESTRO
おもなプレイ地域・コミュニティー:ペルー
おもな使用キャラクター:エリザ、エディ
グローバルランキング:22位

コロンビアの“TXT”にて優勝。カナダの“Canada Cup”にてウィナーズセミファイナルでノビを破り、ウィナーズファイナルではタケ。をあと一歩まで追い詰めていた。非常に少ない参加回数で“TWT Finals”出場圏内へあと一歩だっただけその実力は本物、最要注意人物だ。

プール2

Dime back
おもなプレイ地域・コミュニティー:韓国
おもな使用キャラクター:飛鳥
グローバルランキング:20位

去年のアマチュア時代から積極的にTWTへ参加。数々の上位入賞の功績が認められ、プロチーム「Equinox Gaming」へ2018年から所属。カウンター技に突出した飛鳥を使用し、カリフォルニアの大会「SCR 2018」では同チームで“TWT Finals”出場を決めたJoey Furyを倒し、準優勝を決めるなどの活躍を見せている。

プール3

speed kicks
おもなプレイ地域・コミュニティー:アメリカ
おもな使用キャラクター:ファラン
グローバルランキング:23位

“TWT Finals”への参戦を決めている同じアメリカ勢のAnkinやJimny J Tranたちに並ぶ強者。日本最強のファラン使いと称されるバッツとのファラン対決では長期戦の末に五分など、その強さは計り知れない。

プール4

P.Ling
おもなプレイ地域・コミュニティー:アメリカ
おもな使用キャラクター:シャオユウ
グローバルランキング:25位

UYU所属のシャオユウ使い。バンダイナムコ公式世界大会である「THE KING OF IRON FIST TOURNAMENT 2016」へアメリカ代表として来日するほどの猛者。シャオユウ一筋の彼が織りなす連携技へはついていくので精一杯。

プール5(ゆうゆう)

shadow 20z
おもなプレイ地域・コミュニティー:アメリカ
おもな使用キャラクター:クラウディオ、一八など
グローバルランキング:28位

「EVO 2018」にて、ダブルをルーザーズに叩き落とした強者。順調に勝ち進めば、ダブルとはトップ16付近で対峙する可能性がある。そうなった場合は要注目だ。ダブル本人も「shadowは警戒している」と発言している。

プール6

Asim
おもなプレイ地域・コミュニティー:イギリス
おもな使用キャラクター:カタリーナ
グローバルランキング:29位

主にヨーロッパ地方の大会で上位入賞常連のプレイヤー。地元イギリスのTWT公認トーナメントである「VS FIGHTING 2018」では、“TWT Finals”への出場を決めている前年度王者のQudansをベスト8決定戦で下すなどの底力を見せている。

プール10

Devil kazuya
おもなプレイ地域・コミュニティー:イタリア
おもな使用キャラクター:デビル仁
グローバルランキング:46位

主にヨーロッパ地方のTWT公認トーナメントにて上位入賞を果たす、“TWT”前年度王者のQudansと同じくデビル仁の1キャラクターのみを使用しベスト8入りを何度も果たしている。日本プレイヤーへの認知がまだ広まっていないであろう彼は、日本勢とぶつかった際に驚異的な存在となるのは間違いない。

プール13(ぺコス)

Sephiblack
おもなプレイ地域・コミュニティー:ドイツ
おもな使用キャラクター:ミゲル
グローバルランキング:61位

彼もヨーロッパ地方での上位入賞常連。TWTでは珍しいミゲルというキャラクターを使っての参戦。日本にはなかなか見かけないこのキャラクターの上位プレイヤーという点で、日本勢が苦しめられる可能性が非常に高い。

 

記者の目

紹介したプレイヤー以外にも数々の強豪が多く潜んでいる、この最終予選。たとえ、いままでのTWT公認トーナメントには出場こそしなかったプレイヤーだとしても、今回の最終予選にはエントリーをしているということは腕に覚えのある選手たちばかりなのは間違いないだろう。日本人選手は果たして最後の1席に滑り込むことはできるのか。日本時間20:00ごろから配信予定の日本語放送も、是非リアルタイムで確認してほしい。

担当:ライター ゼウガル

TWT関連記事・動画

 

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る