ファミ通AppVS イベントリポート

【KOF XIV】EVOチャンプ「ET」、中国のレジェンド「シャオハイ」らを撃破して日本のラギアが優勝【マスターズトーナメント】

2018年11月23日~25日、東京都秋葉原にて、SNKの格闘ゲームを扱うユーザーイベント“THE KING OF FESTIVAL 2018”が実施。25日には日本、中国、台湾の『KOF XIV』プレイヤー8名が出場する招待制大会“マスターズトーナメント”が行われ、日本のラギアが優勝した。

マスターズトーナメント概要・結果

日時:2018年11月25日
会場:秋葉原ハンドレッドスクエア
大会形式:2~3試合先取制ダブルイリミネーション
生放送タイムシフト:YouTube
トーナメント結果:smash.gg
※大会公式サイト

試合結果

順位 プレイヤー名
1位 ラギア(瞬影、バイス、キム)[日本]
2位 BLACKWELL ET(瞬影、ハイデルン、レオナ、ナジュド)[台湾]
3位 Rowy/ZJZ(ナジュド、レオナ、ハイデルン、ユリ)[台湾]
4位 Xiaohai(瞬影、庵、ハイデルン)[中国]
5位タイ 少年(瞬影、ナジュド、庵、ハイデルン)[日本]
5位タイ SANWA M’(瞬影、K’、庵)[日本]
7位タイ スコア(ハイデルン、マチュア、ナジュド)[日本]
7位タイ
あば男(バイス、ハイデルン、瞬影)[日本]

出場選手8名のうち、海外から参戦した選手は3名。『ストリートファイターV』の競技シーンでも活躍する“中国の至宝”XiaoHai、防御テクニックが優れる台湾のレジェンドプレイヤー・ZJZ、複数キャラを使いわけて幅広い戦術を用いる台湾のETだ。

開幕戦は日本の若手プレイヤー・ラギアvs.XiaoHaiの組み合わせだったのだが、ラギアがXiaoHaiを打ち破る。ラギアはウィナーズ2回戦でETに負けてルーザーズに転落したあとにも再びXiaoHaiを破り、ルーザーズファイナルではZJZも撃破。グランドファイナルはラギアvs.ETの組み合わせとなった。

グランドファイナルはETの先鋒レオナがいい動きを見せて2連勝するが、3試合目からは流れが逆転。ラギアのバイスが鋭いコマンド投げを通し、キムは勝負どころでの差し返しで1試合を奪い返す。その後はラギアのペースが止まらず、連勝を続けてリセット→さらに3連勝を達成して決着となった。

cof
sdr
sdr
11
先に2試合を取られたラギアだったが、なんと逆転の3連勝でリセットをかける。
22
リセット後も連勝を続けて3-0でETを倒して優勝。
cof

dig

優勝のラギアには大きなトロフィーが贈呈された。

また、大会後には『KOF XIV』のアップデートと“e-Sports SUPPORT PROGRAM”の対象範囲の拡大について発表があったぞ。

 

 

担当:ライター H.H

関連記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る