ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】豪鬼を巧みに操るSuper Akoumaがドイツ大会「Berlin Tekken Clash 2018」を制す【TWT】

8か月に及ぶ『鉄拳』の国際トーナメントシリーズ“TEKKEN World Tour”(鉄拳ワールドツアー)(以下、TWT)。TWT公認のマスター大会“Berlin Tekken Clash 2018”が、2018年10月20~21日の2日間ドイツにて実施された。

今季ヨーロッパでは最後となるTWTのトーナメントBerlin Tekken Clash 2018には、ヨーロッパの強豪128名がエントリー。すでに今季2度の優勝を果たしているフランスのSuper Akoumaが優勝。ヨーロッパの大会では上位入賞の常連だったティッシュもんは9位に終わった。

 

Berlin Tekken Clash 2018

■日時:2018年10月20日~10月21日
■場所:ドイツ・ベルリン
■グレード:チャレンジャー
■大会形式:ダブルイリミネーション
■賞金:Prize Pool Bonus 1000ドル
■配信チャンネル:Twitch(グランドファイナルは5時間52分頃から)
※トーナメント表(TOP32)はこちら参加者:128エントリー、日本人はティッシュもん(9位、イタリア在住)が参加。

試合結果

順位 プレイヤー名 獲得ポイント
1位 Super Akouma(豪鬼)[フランス] 150
2位 Mitrust-Storm(シャオユウ)[イタリア] 100
3位 DeeBeePee(ボブ)[ドイツ] 70
4位 Danielmado(仁)[イタリア] 45
5位タイ BLACKBEARD(ジョシー)[デンマーク] 25
5位タイ Asim(一美、カタリーナなど)[イギリス] 25
7位タイ DritonRama(ロウ)[ドイツ] 10
7位タイ
Roo Kang(ボブ)[イギリス]
10

ドイツ・ベルリンにて行われた“Berlin Tekken Clash 2018”には、ヨーロッパ地方を中心に各国から強豪が集った。気になる点としては、ヨーロッパ地方の大会では敵なしといってもいいティッシュもんがイギリスの“ボブ”使いRoo Kangに2-0で敗れ、まさかの9位フィニッシュ。このTWT予選中の短い期間で、またもや選手たちの勢力図が変わっている様子が見てとれたぞ。グランドファイナルは、ヨーロッパ最強のSuper Akouma[W] vs. Mitrust-Storm[L]。

image1
ヨーロッパ最強“豪鬼”Super Akouma(右) vs. ここまで数々の猛者をなぎ倒してきた Mitrust-Storm(左)

豪快なジャンプ攻撃を浴びせることで先手を取ったのは、Super Akouma。上空から降り注ぐ“豪鬼”の攻めに対して明確な答えが出せぬまま、Mitrust-Stormは3ラウンドをストレートで取られてしまう。

image2
大ダメージコンボを決めながらも、ジャンプ攻撃である“百鬼襲”を絡めて瞬く間に試合を決めにいったSuper Akoumaが先制。

Mitrust-Stormは2試合目にきてジャンプ攻撃への対策を光らせ始め、まとまったダメージを取ることに成功。しかし、Super Akoumaはジャンプ攻撃を意識してると見るやいなや、近寄って“くるぶしキック”(通称“中足”)からのキャンセル攻撃で違う角度からのダメージを奪い取っていく。フルラウンドのお互い体力はギリギリの状況にもつれ込むも、Super Akoumaの“瞬獄殺”が炸裂。2-0でSuper Akoumaが優勝へリーチをかけた。

image3

3試合目でもMitrust-Stormのジャンプ攻撃への対策はかなりのものだが、その裏をかいた地上戦との使い分けで揺さぶり続けるSuper Akoumaの構図は変わらず。付き合わされてるといったMitrust-Stormは大きなダメージを奪うチャンスをなかなか掴ないまま。最後は壁際での攻防で一気にダメージを奪いにいくことに成功したSuper Akoumaが、3-0のストレート勝ちでTWT予選3度目の優勝を決め、“TWT Finals”への出場を確かなものにした。

image5

 

 

優勝選手解説

“Super Akouma”
おもなプレイ地域・コミニュティー:フランス
所属チーム:CRaZY Esport
おもな使用キャラクター:豪鬼
4月のクウェート予選である“KUWAIT BATTLE ROYALE”と、8月のベルリン予選“Celtic Throwdown 2018”覇者。豪鬼一筋の彼のコンボ選択は大会中にも精度が揺らぐことはなく、どんな窮地からもあっという間に逆転の芽を咲かすことができる底力を持っている。“波動拳”をキャンセルしながらの怒涛の攻めの構築は彼の代名詞とも言えるだろう。

記者の目

今回、優勝を決めたSuper Akoumaは次週行われるTWT最終予選の“Canada Cup”へもクラウドファンディングでの参戦を予定しているため、出場ボーダー前後の選手にとってかなりの脅威となることが予想される。次回は、泣いても笑っても“TWT Finals”への切符をかけた最終予選。さらに日本勢の中では、タケ。が現状19位のギリギリ圏内。僅かな順位の差で大きく戦況を分ける、ポイント争いは次週、最終決着へ。

担当:ライター ゼウガル

鉄拳ワールドツアー関連記事

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る