ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【ストV AE】Xianに聞くシンガポールの格闘ゲーム事情とは?(English Translation follows)

<English follows Japanese>

『ストリートファイターV アーケードエディション』を中心に世界で活躍するシンガポールのプロゲーマー・Xian(シエン)。先日、東京ゲームショウで開催されたジャパンプレミア出場のために来日していたXianにインタビューを敢行。シンガポールの格闘ゲーム事情についてうかがった。

Xian-PMP2写真:シンガポール政府観光局

Xian(シエン)
Razerに所属するシンガポールのプロゲーマーで、世界大会優勝経験を持つ。テクニカルなキャラクターを好んで使用し、芸術的なプレイスタイルで世界中のファンを魅了する。

■おもな実績
2013年 EVO2013 優勝
2014年 Capcom Cup 2014 準優勝
2015年 Capcom Cup 2015 3位
2018年 EVO2016 9位
2017年 Capcom Cup 2017
2018年 EVO2018 9位

シンガポールの格闘ゲーム事情は?

――シンガポールのゲームシーンでは、格闘ゲームは他のジャンルと比べてどれくらい流行っていますか?

Xian ゲームセンターが盛り上がっていたころはすごく人気だったのですが、最近はDOTAやLOL、ハースストーンなどのPCゲームのほうが人気ですね。最近はモバイルゲームも流行っていて、おもに『PUBG』がプレイされています。

――なるほど。Xianさんはゲームセンターが盛り上がっていたころに格闘ゲームを始めたのですか?

Xian はい。格闘ゲームは仕事にするために始めたというわけではなく、ゲームセンターでプレイするのが好きだったからプレイしていました。好きで続けていたらプロゲーマーになったという感じです。

――では、現在のシンガポールの『ストリートファイター』プレイヤーたちは、ふだんどんなところで練習をしているのでしょうか。

Xian けっしてプレイヤー人口が多くはないので、オンライン対戦が中心になっています。オフラインは月に1、2回誰かの家などに集まって対戦するときがある程度ですね。プレイヤーたちが集える場所がないのもオフで集まれない理由のひとつだと思います。それに、僕自身はシンガポールに滞在している時間が限られているため、そういったオフライン対戦に参加することは少ないです。

――Xianさんがオフライン対戦会を主催することもあるのでしょうか?

Xian 僕の活動を支援してくれる人の中に、ゲーミングスペースを運営している方がいるので、そこを使って対戦会を開くことがあります。シンガポールでオフライン対戦ができるのはそこだけですね。

――Xainさんはシンガポールに滞在する時間が限られているとのことですが、Xianさん自身はどのように腕を磨いているのでしょうか。

Xian 私は海外遠征が多く、海外に行った際はたくさん野試合をするようにしています。あとは、時間があるときにうまい人の対戦動画を見て参考にしたり。でも、もっとも重視しているのは野試合での経験ですね。

――今回のように日本に来たときにはどちらで野試合していますか?

Xian 秋葉原のe-sports SQUARE AKIHABARA、ももちさんのスタジオスカイ、MOVさんらが住んでいる平和島ゲーミングハウス、ときどさんらのトパンガオフィスなどに伺うことが多いですね。

――そういった場所で日本人プレイヤーと対戦した印象はいかがですか?

Xian まず、日本のプレイヤーといっしょに練習できるのはうれしく思っています。さきほど挙げた場所で対戦する人たちとは大会で当たる確率が高いので、その人たち用の対策を考えられる貴重な機会だと思っています。また、日本のプレイヤーは海外プレイヤーとの対戦を避けることなく、むしろ僕ら海外のプレイヤーと積極的に対戦してくれるのが印象的です。

――国や地域によってはプレイヤーたちが閉鎖的なこともあるのでしょうか?

Xian そもそも日本はプレイヤー人口が多く、オフライン対戦の場に集まりやすいという環境があります。ですが、アメリカやヨーロッパはとても広く、トッププレイヤーの住んでいる場所が離れているため、気軽に集まって練習できないんです。だから、プレイヤーたちが“歓迎してくれない”ということではなく、そもそも集まりづらいという問題がありますね。

――日本のプレイヤーのゲームへの取り組みに対する印象はいかがでしょうか?

Xian ときどさんらトパンガチームを始めとして、日本のプレイヤーは結束力が強いと感じます。たとえば、トパンガオフィスで対戦していると、対戦中にまわりで見ているメンバーが私を倒す作戦を話し合っているんですよ。逆に、ときどさんがシンガポールに来たときに、シンガポールのプレイヤーがみんなでときどさん対策を話し合うことはしません。これはアメリカやヨーロッパでも同様で、みんな個人でやっている感じがします。日本以外では誰かを倒すことを共同で考えることがないため、その点に大きな違いを感じますね。

――日本の若手で注目するプレイヤーはいますか?

Xian 日本の若いプレイヤーの中では、りゅうせい、竹内ジョン、ハクの3人が強いという印象を持っています。

――りゅうせいは、弊社が運営するゲーミングチーム“FAV gaming”に所属しています。どんな印象をお持ちでしょうか?

Xian りゅうせいさんとはスタジオスカイやe-sports SQUAREで対戦したことは覚えています。まさかこんなに若いプレイヤーだということは知りませんでした。対戦するたびにプレイ内容が変わっていて、すごい勢いで上達していることを感じています。最近FAV gamingに入ったということもあり、もっと知りたいプレイヤーのひとりです。

――ゲームから話題は変わりますが、Xianさんにはきれいな彼女がいらっしゃいますよね。ゲーマーが彼女を作るにはどうしたらいいかアドバイスをもらえますか?

Xian いまの彼女とは『ストリートファイター』がきっかけとなりゲームセンターで出会いました。ですから、まずは家の外に出て誰かと出会う機会を作るのが大切なんじゃないでしょうか? そのうえで、対戦が強く、コミュニケーションがうまく取れることが大事だと思います。ただ、オフ対戦会では話しかけにくいかもしれないので、昔より環境的に難しくなっているかもしれませんね。

――つぎに、Xianさんが考えるシンガポールの魅力を教えていただけますでしょうか?

Xian シンガポールは多民族が暮らす国なので、いろいろな民族やその食べ物があります。さらに、多民族がいっしょに暮らしている関係上、それらを混合したものも産まれます。そこがおもしろい部分のひとつですね。すごく治安のいい国で、必要なものは揃っているため、暮らしやすいですし観光にもいい国だと思います。

――オススメの食べ物や観光スポットはありますか?

Xian 食べ物に関してはチキンライスをぜひ食べていただきたいですね。観光でしたらマリーナベイ・サンズ(※1)、離島のセントーサ島(※2)を訪れてはいかがでしょうか。きっとエンジョイできると思います。

※1 マリーナベイに面した総合型リゾート施設。
※2 シンガポールの南にある島。レジャー施設が多数開発されている観光スポット。

――最後に、Xianさんはシンガポールで大会を開催し、優勝者の海外遠征をサポートする取り組みを行っていますが、なぜそういった活動を実施しているのでしょうか?

Xian 今年からシンガポールのプレイヤーの海外遠征をサポートする取り組みを行っています。具体的には、シンガポールで大会を開き、そこで上位入賞した選手にアジアの大会へ出場するための航空券とホテルを提供しています。なぜこのような活動を始めたのかというと、私はいろいろな人に支援していただいていまに至っています。私はもうだれかに貢献できる立場にありますので、コミュニティーに恩返しをする意味で取り組んでいます。

――素晴らしい活動ですね。その取り組みの中で有望なプレイヤーは出てきましたか?

Xian 有力なプレイヤーとしては、日本へも連れてきた17歳のGavrel(キャミィ)と、オーストラリアでの留学を終えてシンガポールに帰ってきた子も強いと思います。若いプレイヤーなので今後の活躍に期待しています。

担当:豊泉

English Version

[SFV AE] Interview with Xian. How do you think about fighting game situation in Singapore ?

Xian is a pro gamer doing well mainly in the Street Fighter Arcade Edition (Below, SFV AE). We interviewed him about fighting game situation in Singapore when he came to Japan for participating in Japan Premium Cup taken place at Tokyo Game Show.

<Profile>
Xian
He is a pro gamer living in Singapore and belongs to Razer. He experienced to win world convention. He prefer to use technical character and attract people from around the world by his artistic playing style.

・Main record
2013 EVO2013 1st place
2014 Capcom Cup 2nd place
2015 Capcom Cup 3rd place
2016 EVO2016 9th place
2017 Capcom Cup 10th place
2018 EVO2018 9th place

How do you think about fighting game situation in Singapore ?

– How much the fighting games catch on compare to other genres in Singaporean arcade amusement.

Xian: Fighting games were very popular in the past when arcade still had a lively, but these days, PC games such like DOTA, LOL and Hearthstone are more popular. Recently, mobile games are also catching on. The「PUBG」is played by lots of fans.

– I see. Did you start fighting game when the arcade were still catching on?
Xian: Yes. I didn’t start fighting game for my job. Since I really like to play in arced amusement, I started. I have been playing because just I like to play, and finally I became pro gamer.

– Where the Singaporean「Street Fighter」players practice usually?
Xian: Since there are not so many players in Singapore, we played on online mainly.
Sometime, we get together to someone’s house one or two times a month. One of the causes why we can’t play offline is that there is nowhere to get together in Singapore.
Moreover, I don’t have enough time to stay in Singapore, so I can’t joint offline match frequently.

– Dou you host your own event?

Xian: One of my supporters manages gaming space and sometime I take place events by using there. There is the only space where we can assemble.

– You said you don’t have enough time to stay in Singapore, then how to improve your playing.

Xian: I go overseas competition many times, so I am playing on casual a lot when we went overseas. Additionally, I research from skilled player’s movie when I have a time.
But I take the experience of casual match the most.

– Where do you practice when you come to Japan.

Xian: I basically go e-sports SQUARE AKIHABARA, Momochi’s STADIO SKY, HEIWAJIMA GAMING HOUSE where MOV and others are living and the TOPANGA OFFICE where Tokido and others are working.

– How are you impressed when you play with Japanese players in such places.

Xian: First, I am so happy to play with Japanese players. I frequently face the players I played with in such mentioned place in tournament. Therefore, I think the opportunity to play with them is precious time to take measures.
Second, it is impressive that Japanese players actively try to play with us foreigners. They never avoid to play with us.

– Is there only closed community in other countries?

Xian: In Japan, the players can get together to the offline event easily because there are a lot of players. However, the players are living far away each other in America and Europe due to its large size. Therefore, they can’t assemble easily. I don’t mean they aren’t friendly, it is just difficult to get together for them.

– How do you think about Japanese player’s approach to the game.

Xian: I think Japanese players are united strongly such as Topanga team. For example, when I go to Topanga office for practicing, the members watching my playing are discussing about how to beat me. However, Singaporean players don’t discuss to measure Tokido even if he came to Singapore. Maybe it’s same as America and Europe.
Basically, they take measure personally, only Japanese players take measure for someone with everyone. I think it is a big difference.

– Who do you think strong among Japanese young players.

Xian: I think Ryusei, John Takeuchi, Haku are strong.

– Ryusei is a member of my company’s team “FAV gaming”. How are you impressed from him.

Xian: I remember that I played with him in STADIO SKY and e-sports SQUARE. I am surprised when I know his age. Every time I play with him, his playing was improved. I feel he is extremely becoming strong. I heard he joined FAV gaming recently, so he is one of the players who I want to know about more.

– Changing the subject from game, you have a pretty girlfriend. Could you advice gamers to get a girlfriend?

Xian: I met her in an arcade amusement when I was playing 「Street Fighter」.
Therefore, maybe you should go out from your home and meet someone. With that being said, strength of the games and the communication skill are important. However, talking to someone may be difficult in the offline event. It may be getting more difficult than before in such a situation.

– Next, could you tell us Singapore’s popular attractions ?

Xian; Singapore is a multiethnic country, so there are various kind of people and foods.
Sometime, they mix up their culture and make something new. That is one of the fun things. Furthermore, Singapore is very safety, and you can get whatever you need.
I think it’s very good for staying and sightseeing also.

– Do you have some recommended foods and places for sightseeing ?

Xiand: Regarding to foods, I would like you to eat Chicken rice. For sightseeing, Marina Bay Sands(※1) and an isolated island Sentosa(※2) are great. Maybe you can enjoy.

※1 Singaporean luxury hotel facing Marina Bay.
※2 One of the southern islands. Famous sightseeing place been invested many leisure facilities.

– Finally, we are talking about one of your works. You are supporting overseas trip to the winner of your hosted tournament. Why are you doing such works?

Xian: I started to support overseas trip to the Singaporean players. In details, taking place a tournament in Singapore, and provide the air ticket and the hotel to the higher ranking winners for participating to Asia tournament.
I started this work because I also have been supported by various people. I became able to support someone now, so I would like to return the favor.

– It sounds nice. Did someone stand out by doing such work?

Xian: Gavrel(cammy), I took him to Japan before, and a player who finished studying abroad st Australia are strong. I hope these young player’s good performance in the future..

Responsible:toyoman

Articles with English translations

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る