ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】アーケード版ロケテストが実施。FAV gamingのsako&りゅうせいのプレイフィールは?

2018年10月5日~7日にかけて、全国の5店舗にて『アーケード版 ストリートファイターV』のロケテストが実施。本稿ではタイトーステーション 新宿南口ゲームワールド店の会場の模様をリポートする。

cof

本作は、世界的な人気を誇る家庭用対戦格闘ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』が、満を持してアーケード版となって登場した作品だ。ロケテスト初日の新宿は雨の降る平日ながら、多くの『ストV』ファンが朝早くから来場。店内で待機列を形成し、順番でプレイを楽しんだ。

ロケテストで使用された筐体のモニターは、応答速度が早く視野角が広い新しいタイプが採用。加えてコントロールパネルにはUSBポートが搭載されており、家庭用コントローラーでの操作に対応。会場を訪れたプレイヤーの中には、ゲームパッドを持ち込んで使用しているプレイヤーの姿が見られた。

cof
sdr
cof
dig

アーケードスティックだけではなく、プレイステーション4の純正パッドを使うプレイヤーの姿も。

sako&りゅうせいもアーケード版を体験

FAV gamingのプロゲーマー、sakoとりゅうせいもロケテストへ参加。ふたりにプレイフィールなどを聞いてみたぞ。

■sako感想
まず、久しぶりのゲーセンが楽しかったです(笑)。インストカードに必殺技のコマンドが載っていたり、ガヤガヤしたゲーセンぽい雰囲気の中でプレイできるのが、アーケード版らしくてよかったです。プレイ感覚については、いつもプレイしている家庭用と少し違いは感じましたが、それはモニターの違いなどによるものだと思うので、慣れれば問題なさそうです。また、USB接続で家庭用のコントローラーをつなげられるので、使いなれてるコントローラーを使えるのはありがたいですね。家庭用との連動もうれしいですが、わざわざゲーセンに足を運ぶことを考えると、アーケード版ならではの新要素もほしいところです。

■りゅうせい感想
モニターがふだん使っているものより大きかったのでそのへんの違和感はありましたが、慣れれば問題なさそうでした。トレーニングモードを使っていつも練習していることを試してみたんですけど、プレイ感覚の違いはほとんど感じませんでした。『ストV AE』はパッドを使っている人が多いので、そういった人が参入しやすくなるから家庭用のコントローラーが使えるのはものすごくプラスだと思います。あと、個人的にはアーケード版で全国大会を開催してほしいですし、開催されるのであれば出てみたいです。

sdr
sdr

本作の気になる点をピックアップ

現地には本作の開発に携わるタイトースタッフが来場しており、本作についての気になる点のお話をうかがわせてもらった。それらを以下に並べて掲載しよう。

・本作はパソコン版『ストリートファイターV アーケードエディション』を元に開発。
・ボタンの割り当てを変更するアサイン機能は実装予定。方法はモバイルサイトを用いた登録方式を計画中。
・対戦は店舗内のオフライン対戦のほか、ネットワーク対戦機能を実装予定。
・次段階のロケテストは年内に予定。

sako、りゅうせいが出演する番組「せやなTV」ではより詳しくAC版について語っているので、気になる方はぜひご視聴ください。

担当:ライター H.H

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る