ファミ通AppVS 新着記事

【ストV AE】優勝争いは藤村、ふ~ど、sakoの3名に絞られる【トパンガリーグ決勝DAY2】

2018年10月9日、『ストリートファイターV アーケードエディション』のリーグ大会“トパンガリーグ”の決勝リーグDAY2が実施された。

この日までで決勝リーグ全15試合中の10試合が消化。最終日の5試合を残し、藤村とふ~どが3勝0敗、sakoが2勝1敗となり、優勝争いはこの3名に絞られることとなった。

開催概要

日程:2018年8月21日(火)~ 2018年10月10日(水)
・オンラインリーグ:同年8月21日(火)~ 9月12日(水)
・オフラインリーグ:同年9月28日(金)~ 9月30日(日)
・決勝リーグ:同年10月8日(月)~ 10月10日(水)
参加選手数:3名総勢24名(招待選手21名、オンライン予選勝者)
賞金:総額270万円(1位150万円)

※トパンガリーグ公式サイト
※決勝リーグDAY2タイムシフト:OPENREC

 

決勝リーグDAY2結果

プレイヤー名(使用キャラ) ゲームカウント プレイヤー名(使用キャラ)
ガフロ(バイソン) 7 vs. 4 MOV(春麗)
藤村(いぶき) 7 vs. 4 ガチくん(ラシード)
ふ~ど(ミカ) 8 vs. 6 MOV(春麗)
ガフロ(バイソン) 3 vs. 7 藤村(いぶき)
ふ~ど(ミカ) 7 vs. 5 sako(メナト)

ピックアップ1 ふ~ど(ミカ)vs.MOV(春麗)

MOVはナデシコの椅子攻撃に対し、しゃがみ中Pの低姿勢でくぐりつつミカに攻撃する対策を披露。ふ~どはしゃがみ中Kの単発ヒット確認→クリティカルアーツなど、要所をしっかりこなして春麗に応戦する。序盤はふ~どが白星を重ねたが中盤からはMOVが盛り返し、お互いに素晴らしい集中力での攻防が繰り広げられる。試合カウントは6-6のデュースまでもつれたが、この後はミカの攻めが上手くハマり、ふ~どが2試合連取して決着。
ピックアップ1-1
ピックアップ1-2

ピックアップ2 ガフロ(バイソン)vs.藤村(いぶき)

ガフロは第1試合のMOV戦でかなりいい動きを見せており、DAY1で感じさせていた緊張はかなり和らいでいた様子。しかし藤村は普段から大きく負け越している相手らしく、ここでも難敵だったようだ。藤村のいぶきはこの日も攻めが冴え、風魔手裏剣を用いた表or裏の揺さぶりや、クナイ投げを用いたラッシュやコンボなど、選択肢の多さでバイソンを翻弄。いぶきが先手をとって攻勢を維持する展開が続き、バイソンを相手に攻めきって藤村の勝利となった。

ピックアップ2-1
ピックアップ2-2

決勝リーグ暫定順位

順位 プレイヤー 藤村 ふ~ど sako ガチくん ガフロ MOV WIN LOSE POINT
1 藤村  - ○7-4 ○7-3 ○7-4 3 0 10
2 ふ~ど  - ○7-5 ○7-2 ○8-6 3 0 9
3 sako ×5-7  - ○7-2 ○7-5 2 1 5
4 ガチくん ×4-7 ×2-7  - ○7-3 1 2 -4
5 ガフロ ×3-7 ×2-7 ×3-7  - ○7-4 1 3 -10
6 MOV ×4-7 ×6-8 ×5-7  ×4-7  - 0 4 -10
DAY3
決勝リーグDAY3は10月10日19時からスタート

記者の目

DAY2を終え、藤村とふ~どが3戦全勝、sakoが2勝1敗で続いている。DAY3には藤村vs.ふ~どの直接対決が残されており、どちらかは確実に4勝に達することとなるため、優勝争いは4勝の見込みがある藤村、ふ~ど、sakoに絞られた形だ。

最終日の注目となるのは、やはり藤村vs.ふ~どの試合だろう。どちらも攻めに秀でるプレイスタイルが際立っているが、その質は大きく異なるため、どちらの攻めが上回るかの勝負内容が非常に楽しみだ。

長かった第7期トパンガリーグも、いよいよ決勝リーグDAY3をもって完全決着する。DAY3には優勝争いに関わる試合が多数残されているので、『ストV』ファンはぜひクライマックスを見届けて欲しい。

決勝リーグDAY3は10月10日19時から、OPENRECにて配信。

 

担当:ライター H.H

トパンガリーグ関連記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る