ファミ通AppVS 業界ニュース

【フォートナイト】”バニーホップ”で移動距離が2倍以上に! 解説&距離調査

Epic Gamesがサービスを提供中の人気バトルロイヤルTPS『フォートナイト』の各種お役立ち情報をお届けする。
今回は”グラップラー”、”ショックウェーブグレネード”、”ジャンプパッド”などの移動系アイテムに関連したテクニック”バニーホップ”を解説する。

移動距離が2倍以上に!

バニーホップとは、タイミングよくジャンプを繰り返すことで、ゲームによっては移動距離が大きくなることもある小技。
『フォートナイト』も例に漏れず、バニーホップが可能である。
※パッチ、アップデートにより修正される可能性あり

まずは、海外のYouTuberであり、海外の掲示板redditユーザーのMarcosGonzalezTVの動画を基に解説していく。※音声は英語のみ

もっとも重要なのは、ジャンプのタイミング。着地した瞬間にジャンプボタンを入力しなければならず、慣れるまでに練習が必要とされる。
タイミングを見誤り連続入力すると、『フォートナイト』のシステムにより跳躍力が減衰してしまう。

動画 2分30秒あたり~

このバニーホップの活用方法のひとつとして、ルートレイクを高速で横断できることが挙げられている。
地面に近い位置でジャンプパッド、その後グラップラーを使用しバニーホップを行うだけで、湖を渡りきっている。

水中では移動速度が遅くなってしまうので、かなり有用な移動方法であるように思われる。

動画 2分50秒あたり~

Fortnite_patch-notes_v6-00_overview-text-v6-00_BR06_News_Featured_16_9_ReleaseNotes-1920x1080-9a66a68e6061577160f354858e3e13d80eda6886

さらに、シーズン6で登場した”シャドーストーン”との組み合わせは、ゲームを有利に進める点において相当役に立つ。

シャドーストーンを使い”影”の状態になると、自分自身の視認性が低下し敵から見えにくくなり、移動速度も上昇する。これを利用した長距離移動が解説されていた。

影の状態で移動系アイテムを使用すると、異常なほど高速であっという間に長距離へ、マップの端へ向かうことが可能である。

また、汚染エリア内にある下記のようなバウンサーでも同様のことが出来る。

無題

バニーホップの有効性検証

上記で紹介したバニーホップがどれだけ有効なのか検証した動画を同氏が投稿している。

こちらの動画では、建築の床ピース1枚を1ブロックとし換算し、1.グラップラーを直立した状態から射出し移動した場合と、2.射出後にバニーホップを行った場合の比較を行っている。

動画 40秒あたり~

結果は、1では63ブロックという結果にに対して、2の方法で移動すると151ブックと約2.4倍も大きく進んでいることが証明されている。

数字だけ見ていると大した差がないように感じてしまうかもしれないが、ティルテッドタワーからレイジーリンクスまでをグラップラー単体で移動できてしまうほど、バニーホップは実用性が高い。

実際に練習してみた

グラップラー、ショックウェーブグレネード、ジャンプパッドを用いた際のジャンプ入力は、少しシビアな感覚であった。
着地の瞬間を狙ってボタンを押下する、もしくはあらかじめ連打していても成功する例が見受けられた。

一方のシャドーストーンは、滞空時間が長くタイミングが計りやすいだけでなく、空中のボタン連打で対応可能だった。

全体的なタイミングとしては、キャラクターのひざが伸びきるかどうかの瞬間に入力すると成功率が高くなったように思えた。
習得するまでに時間を要するが、それだけの価値はあるテクニックだと感じた。ぜひ皆さんも練習してみてほしい。(編集部:平井)

『フォートナイト』テーマ関連記事

ファミ通AppVS フォートナイト動画シリーズ

【フォートナイトLIVE】新兵えすちゃんがガチで1位を目指します!#16

過去の動画はこちら!

(c) 2018, Epic Games, Inc. Epic、Epic Games、Epic Gamesロゴ、Fortnite、Fortniteロゴ、Unreal、Unreal Engine 4およびUE4は、米国およびその他の国々におけるEpic Games, Inc.の商標または登録商標であり、無断で複製、転用、転載、使用することはできません。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る