ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】決勝リーグDAY1はsakoが2勝し、優勝へ一歩リード【トパンガリーグ決勝DAY1】

2018年10月8日、『ストリートファイターV アーケードエディション』のリーグ大会“トパンガリーグ”の決勝リーグがスタートした。

決勝リーグにはオンラインリーグとオフラインリーグを突破した6名の選手たちが出場。10月8日のDAY1から11日のDAY3まで3日間連続で試合が行われ、最終的な順位を決する。各組み合わせの試合形式は7試合先取制を採用。ひとりが一日にふたりを相手にすることがある、ハードなスケジュールで争われる。

開催概要

日程:2018年8月21日(火)~ 2018年10月10日(水)
・オンラインリーグ:同年8月21日(火)~ 9月12日(水)
・オフラインリーグ:同年9月28日(金)~ 9月30日(日)
・決勝リーグ:同年10月8日(月)~ 10月10日(水)
参加選手数:3名総勢24名(招待選手21名、オンライン予選勝者)
賞金:総額270万円(1位150万円)

※トパンガリーグ公式サイト
※決勝リーグDAY1タイムシフト:OPENREC

決勝リーグDAY1結果

プレイヤー名(使用キャラ) ゲームカウント プレイヤー名(使用キャラ)
ガフロ(バイソン) 3 vs. 7 ガチくん(ラシード)
sako(メナト) 7 vs. 5 MOV(春麗)
ふ~ど(ミカ) 7 vs. 2 ガフロ(バイソン)
sako(メナト) 7 vs. 2 ガチくん(ラシード)
藤村(いぶき) 7 vs. 4 MOV(春麗)

ピックアップ1 ガフロ(バイソン)vs.ガチくん(ラシード)

オンラインリーグを7戦全勝で突破したガフロのバイソンが、この大舞台でどのような動きを見せるか注目の集まった一戦。しかしガチくんはこの日のためにしっかりバイソン対策を用意しており、序盤からラシードがバイソンを圧倒。立ち回りでは的確にバイソンの前ステップを止め、そこを起点に攻めに転じ、攻勢で画面端を維持。防御時には画面端を背負ってからVリバーサルで位置を入れ替え、バイソンのタメをリセットしつつ仕切り直す戦法が機能し、試合カウント6-1まで差を広げる。バイソンは何とか2試合を奪い返すが、10試合目はラシードがVトリガーIIを使用して微妙に動きを変え、バイソンにトドメを刺して決着。
ピックアップ2-1

 

ピックアップ2 sako(メナト)vs.MOV(春麗)

試合前には「いつも立ち上がりが不安」と語っていたsakoだが、この日は序盤からメナトの攻めが冴える。Vトリガー発動後のビットを用いた攻勢がいつも通りに機能し、メナトの圧倒的展開に。しかし中盤からはMOVが反撃。メナトの立ち回りに対応し、通常攻撃で攻めのきっかけを作ってから密着戦に持ち込む場面が増加。低空鷹爪脚を用いたフィニッシュブローのヒット率も高く、白星を奪い返す。終盤戦はsakoも春麗の通常攻撃に徐々に対応し、接戦の内容に。最後の試合では春麗が前に出てくるところをメナトが小技で止め、クリティカルアーツに繋いでフィニッシュとなった。

ピックアップ1-1
ピックアップ1-2

決勝リーグ暫定順位

順位 プレイヤー sako ふ~ど 藤村 ガチくん MOV ガフロ WIN LOSE POINT
1 sako  - ○7-2 ○7-5 2 0 7
2 ふ~ど  - ○7-2 1 0 5
3 藤村  - ○7-4 1 0 3
4 ガチくん ×2-7  - ○7-3 1 1 -1
5 MOV ×5-7 ×4-7  - 0 2 -5
6 ガフロ ×2-7 ×3-7  - 0 2 -9
DAY2
決勝リーグDAY2は10月9日19時からスタート

記者の目

デスブロックと言われたオンラインリーグCブロックを1位通過したsakoが、決勝リーグ初日に2勝を達成。Vトリガーを用いたメナトの攻めは特に冴え、実況陣や視聴者を驚かせるようなアドリブコンボも飛び出し、幸先の良いスタートを切っている。スコアも好成績なため、優勝に大きく近づいたのではないだろうか。

オンラインリーグ全勝のバイソンとして期待されたガフロは、まだ大舞台に緊張している様子がうかがえる内容。本調子の彼の爆発力は本物なので、DAY2以降での巻き返しに期待したいところだ。

決勝リーグDAY2は10月9日19時から、OPENRECにて配信。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る