ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】破壊王が日本代表に決定! プロライセンス選手9名による招待制大会“鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦”DAY2リポート【TGS2018】

2018年9月20日~23日にかけて、千葉県幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2018。その4日目には、『鉄拳7』の大型大会“鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦”のDAY2が実施された。DAY2にはDAY1を突破した6名の選手が出場し、破壊王(キング)が優勝。賞金60万円と、国際大会の日本代表選手としての出場権を獲得した。

ロゴ

鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦概要・結果

会場:東京ゲームショウ2018 e-sportsXステージ
形式:2試合先取制、ダブルイリミネーション
出場選手:プロライセンス選手9名
賞金総額:110万円以上
配信チャンネル:twitchYoutubeOPENRECニコニコ生放送
※公式サイト

順位 名前
1位 破壊王(キング)賞金60万円、日本代表に選出
2位 ダブル(ロウ) 賞金35万円
3位 ぺコス(ギース、ボブ)賞金15万円
4位 AO(アリサ、ミゲル)
5位タイ ノビ(ドラグノフ、スティーブ)
5位タイ ノロマ(ジャック7)
7位タイ タケ。(平八、一美)
7位タイ ユウ(フェン)
9位 加齢(レイ)

本イベントは、『鉄拳』のプロライセンスを有する9名の選手が出場する、招待制のトーナメント大会だ。上位入賞者へは順位に応じた賞金総額110万円が贈呈。加えて台湾で実施される“第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ”や、サウジアラビアでの“日本・サウジアラビア eスポーツ 国際親善試合”への出場権が付与されるという、日本代表選手選抜大会として実施された。トーナメントの序盤戦は22日のDAY1に進行。23日のDAY2にはDAY1を勝ち上がった6名が登場し、大型ステージにて試合が披露された。

day101
Day1はBNEブースにて実施された。
day102
Day1集合写真

DAY2出場選手

・ウィナーズ
ダブル(ロウ)
ノロマ(デビル仁)
ペコス(ギース、ボブ)
破壊王(キング)

・ルーザーズ
AO(ミゲル)
ノビ(ドラグノフ)

かいじょう0
かいじょう1
かいじょう2
Day2に進出した6名。
げすと
壇上には三島一美役の声優・原由実さん(左)と、小野坂昌也さん(右)がゲストで登場。
実況解説
実況解説のふたり。左からゲンヤさん、ハメコ。さん。

ウィナーズトーナメントではダブルが快調。ロウの猛攻の圧力は凄まじく、下段から攻めを組み立てる内容をうまく機能させてグランドファイナルへ進出。もう一方のルーザーズトーナメントでは、一度ダブルに敗れた破壊王が復調。ルーザーズファイナルにてペコス(ボブ)との接戦を制し、グランドファイナルはダブルとの再戦の流れとなる。

グランドファイナルではロウがラウンド取得を先行するが、後半はキングが粘り強く戦い、ロウにフィニッシュを許さない勝負強さを見せて破壊王がリセットに成功。リセット後もキングの勝負強さは揺るがずにロウの猛攻を耐えきり、破壊王が2試合連取で決着となった。

しあい1
しあい2
しあい3
しあい4
しあい5
しあい6
しあい7
しあい8
優勝
優勝の破壊王には賞金60万円をはじめ、副賞の豪華商品が贈呈。

 

取材:ライター H.H

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る